CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE
THA BLUE HERB – New EP『2020』Release
H ZETTRIO『GARDEN 3 連続無観客配信 LIVE 〜ポストコロナ2020〜』supported by C.BECHSTEIN/6/1(mon)、6/15(mon)、6/29(mon) YouTubeにて生配信。
KGE THE SHADOWMEN『TRANCE 注意報 feat. 鎮座DOPENESS [Pro. by grooveman Spot]』先行配信 & リリック・ビデオ公開
ドキュメンタリー映画「マイルス・デイヴィス クールの誕生」2020年9月4日(金)より角川シネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMA他にて全国順次公開
FRONTIER BACKYARD – ゲストボーカルを迎えオンライン上のみで制作した音源『h/e/a/r/t/b/r/e/a/k』を全曲同時配信

‘OT’ Articles

DR.MARTENS THE ORIGINAL ICONS BIRTHDAY PARTY / OT LIVE TATTOO @Dr.Martens原宿 (2016.04.01) REPORT

PROFILE OF |OT|


2016年4月1日、桜の開花を迎えた東京原宿で半世紀以上に渡り世界各国で不動の人気を誇っているブーツメーカーDR.MARTENS(ドクターマーチン)のバースデイパーティーが関係者を集め朗らかな雰囲気の中行われた。

時はさかのぼり56年前、1960年4月1日、イギリス・ノーザンプトンの小さな工場で初めてドクターマーチンの8ホールブーツのファーストモデルは製造された。それを受けてこの日をドクターマーチンの誕生日とし今回世界規模でキャンペーンが開催され、バースデー当日にドクターマーチン原宿店にて開催された<THE ORIGINAL ICONS BIRTHDAY PARTY>では、ダークかつ幻想的な独自の味を活かし作品を残し続け、昨今はアーティスト/クリエイター集団”81BASTARDS”のクルーとしても活躍する文身師”OT”をゲストに招きドクターマーチンのブーツへのLIVE TATTOOが行われ繊細かつ巧妙なアートワークが披露された。

この日の会場となったドクターマーチン原宿店には、ブランドを象徴するアイコニックな8ホールブーツはもちろん多種多様なフットウエアが並び、オールドスクールな雰囲気とレザーの香りに囲まれながらユニークなコラボレーションコレクションなんかも目を惹きつけていた。

あらゆるスタイルにマッチするそのフォルムはフォーマルにもカジュアルにも重宝され長きにわたりあらゆる労働者や様々なアーティスト、ミュージシャンからの支持を集め、パンクスやスキンヘッズのアイコンとしても認知されてきた。殺伐とした時代も華やかな時代も常にストリートを彩り、シンプルの中で映え渡るステッチをはじめその個性はやがて定番となり現在なお多くの者の足元を際立たせている。

その個性に真っ向から向き会ったこの日行われたLIVE TATTOOは見事以外の何物でもなく、元来持ち合わせていたブーツの力強さのようなものを強調しつつも、和の呈そうが効果的に新たなイメージを創り出していた。 それは惚れ惚れするほど美しく猛々しく、タトゥーという伝統かつ古風な部分とキャンバスとなったドクターマーチンの老獪とも言える雰囲気は現代アートとしての価値もコンシャスするほど理想的な融合であった。

当然、既製品にもここに運ばれてくるまでに様々な工程や人の手が加わっているわけだが、さらにそこに魂とも言える息吹が吹き込まれる瞬間は実に味わい深いものがある。 談笑に包まれた店内で、わずかにエッジの効いた空気感を発するその風貌からまたひとつ豊かな実りを見た。


Dr.Martens原宿店
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前6-28-4 シニック関根ビル
TEL 03-6712-5809

Dr.Martens Web site
http://www.dr-martens.co.jp/


DR.MARTENS THE ORIGINAL ICONS BIRTHDAY PARTY / OT LIVE TATTOO @Dr.Martens原宿 (2016.04.01) REPORTDR.MARTENS THE ORIGINAL ICONS BIRTHDAY PARTY / OT LIVE TATTOO @Dr.Martens原宿 (2016.04.01) REPORTDR.MARTENS THE ORIGINAL ICONS BIRTHDAY PARTY / OT LIVE TATTOO @Dr.Martens原宿 (2016.04.01) REPORTDR.MARTENS THE ORIGINAL ICONS BIRTHDAY PARTY / OT LIVE TATTOO @Dr.Martens原宿 (2016.04.01) REPORTDR.MARTENS THE ORIGINAL ICONS BIRTHDAY PARTY / OT LIVE TATTOO @Dr.Martens原宿 (2016.04.01) REPORTDR.MARTENS THE ORIGINAL ICONS BIRTHDAY PARTY / OT LIVE TATTOO @Dr.Martens原宿 (2016.04.01) REPORTDR.MARTENS THE ORIGINAL ICONS BIRTHDAY PARTY / OT LIVE TATTOO @Dr.Martens原宿 (2016.04.01) REPORTDR.MARTENS THE ORIGINAL ICONS BIRTHDAY PARTY / OT LIVE TATTOO @Dr.Martens原宿 (2016.04.01) REPORTDR.MARTENS THE ORIGINAL ICONS BIRTHDAY PARTY / OT LIVE TATTOO @Dr.Martens原宿 (2016.04.01) REPORTDR.MARTENS THE ORIGINAL ICONS BIRTHDAY PARTY / OT LIVE TATTOO @Dr.Martens原宿 (2016.04.01) REPORTDR.MARTENS THE ORIGINAL ICONS BIRTHDAY PARTY / OT LIVE TATTOO @Dr.Martens原宿 (2016.04.01) REPORTDR.MARTENS THE ORIGINAL ICONS BIRTHDAY PARTY / OT LIVE TATTOO @Dr.Martens原宿 (2016.04.01) REPORTDR.MARTENS THE ORIGINAL ICONS BIRTHDAY PARTY / OT LIVE TATTOO @Dr.Martens原宿 (2016.04.01) REPORTDR.MARTENS THE ORIGINAL ICONS BIRTHDAY PARTY / OT LIVE TATTOO @Dr.Martens原宿 (2016.04.01) REPORTDR.MARTENS THE ORIGINAL ICONS BIRTHDAY PARTY / OT LIVE TATTOO @Dr.Martens原宿 (2016.04.01) REPORTDR.MARTENS THE ORIGINAL ICONS BIRTHDAY PARTY / OT LIVE TATTOO @Dr.Martens原宿 (2016.04.01) REPORTDR.MARTENS THE ORIGINAL ICONS BIRTHDAY PARTY / OT LIVE TATTOO @Dr.Martens原宿 (2016.04.01) REPORTDR.MARTENS THE ORIGINAL ICONS BIRTHDAY PARTY / OT LIVE TATTOO @Dr.Martens原宿 (2016.04.01) REPORTDR.MARTENS THE ORIGINAL ICONS BIRTHDAY PARTY / OT LIVE TATTOO @Dr.Martens原宿 (2016.04.01) REPORTDR.MARTENS THE ORIGINAL ICONS BIRTHDAY PARTY / OT LIVE TATTOO @Dr.Martens原宿 (2016.04.01) REPORTDR.MARTENS THE ORIGINAL ICONS BIRTHDAY PARTY / OT LIVE TATTOO @Dr.Martens原宿 (2016.04.01) REPORTDR.MARTENS THE ORIGINAL ICONS BIRTHDAY PARTY / OT LIVE TATTOO @Dr.Martens原宿 (2016.04.01) REPORTDR.MARTENS THE ORIGINAL ICONS BIRTHDAY PARTY / OT LIVE TATTOO @Dr.Martens原宿 (2016.04.01) REPORTDR.MARTENS THE ORIGINAL ICONS BIRTHDAY PARTY / OT LIVE TATTOO @Dr.Martens原宿 (2016.04.01) REPORTDR.MARTENS THE ORIGINAL ICONS BIRTHDAY PARTY / OT LIVE TATTOO @Dr.Martens原宿 (2016.04.01) REPORTDR.MARTENS THE ORIGINAL ICONS BIRTHDAY PARTY / OT LIVE TATTOO @Dr.Martens原宿 (2016.04.01) REPORTDR.MARTENS THE ORIGINAL ICONS BIRTHDAY PARTY / OT LIVE TATTOO @Dr.Martens原宿 (2016.04.01) REPORTDR.MARTENS THE ORIGINAL ICONS BIRTHDAY PARTY / OT LIVE TATTOO @Dr.Martens原宿 (2016.04.01) REPORTDR.MARTENS THE ORIGINAL ICONS BIRTHDAY PARTY / OT LIVE TATTOO @Dr.Martens原宿 (2016.04.01) REPORTDR.MARTENS THE ORIGINAL ICONS BIRTHDAY PARTY / OT LIVE TATTOO @Dr.Martens原宿 (2016.04.01) REPORTDR.MARTENS THE ORIGINAL ICONS BIRTHDAY PARTY / OT LIVE TATTOO @Dr.Martens原宿 (2016.04.01) REPORTDR.MARTENS THE ORIGINAL ICONS BIRTHDAY PARTY / OT LIVE TATTOO @Dr.Martens原宿 (2016.04.01) REPORTDR.MARTENS THE ORIGINAL ICONS BIRTHDAY PARTY / OT LIVE TATTOO @Dr.Martens原宿 (2016.04.01) REPORTDR.MARTENS THE ORIGINAL ICONS BIRTHDAY PARTY / OT LIVE TATTOO @Dr.Martens原宿 (2016.04.01) REPORTDR.MARTENS THE ORIGINAL ICONS BIRTHDAY PARTY / OT LIVE TATTOO @Dr.Martens原宿 (2016.04.01) REPORTDR.MARTENS THE ORIGINAL ICONS BIRTHDAY PARTY / OT LIVE TATTOO @Dr.Martens原宿 (2016.04.01) REPORTDR.MARTENS THE ORIGINAL ICONS BIRTHDAY PARTY / OT LIVE TATTOO @Dr.Martens原宿 (2016.04.01) REPORTDR.MARTENS THE ORIGINAL ICONS BIRTHDAY PARTY / OT LIVE TATTOO @Dr.Martens原宿 (2016.04.01) REPORTDR.MARTENS THE ORIGINAL ICONS BIRTHDAY PARTY / OT LIVE TATTOO @Dr.Martens原宿 (2016.04.01) REPORTDR.MARTENS THE ORIGINAL ICONS BIRTHDAY PARTY / OT LIVE TATTOO @Dr.Martens原宿 (2016.04.01) REPORTDR.MARTENS THE ORIGINAL ICONS BIRTHDAY PARTY / OT LIVE TATTOO @Dr.Martens原宿 (2016.04.01) REPORTDR.MARTENS THE ORIGINAL ICONS BIRTHDAY PARTY / OT LIVE TATTOO @Dr.Martens原宿 (2016.04.01) REPORTDR.MARTENS THE ORIGINAL ICONS BIRTHDAY PARTY / OT LIVE TATTOO @Dr.Martens原宿 (2016.04.01) REPORT


Text & Photo by KISHIMOTO

KAIKOO Presents MIXXCHA ”vol.4” 2015/07/05 (sun) at 中目黒Solfa

2014年より”DJ BAKU”が中目黒Solfaでスタートさせ、毎回満員御礼のなか様々なジャンルの人間の交流の場となったイベント”MIXXCHA”が7月5日 (日) に復活!

『音楽の他ジャンル』交流だけではなく人種の垣根を越える真の”MIXXCHA”実現の為、今回”vol.4”より海外GUESTの召喚がスタート。第一弾のGuestは、韓国を代表するヒップホップDJ”DJ Spray”が出演!

KAIKOO Presents
MIXXCHA ”vol.4”
2015/07/05 (sun) @ Solfa

OPEN / END 18:00~24:00
Admission:1,500 w / (1RADLER)

-SPECIAL GUEST-
DJ Spray from Seoul Itaewon

-MAIN FLOOR-
NOIZDPHANK
(DJ BAKU + mabanua Live Set )
DOOOMBOYS
ZEN-LA-ROCK
太華 & DJ TAKAKI
DJ SHOTA (DMC Japan 2009 Champion)
KINU
DJ DON (新宿ドゥースラー) & MC RyN (null)

PAINT:OT (81BASTARDS)
FOOD (SUSHI):Achiko

-LOUNGE FLOOR-
MUTA 
GUNHEAD (HABANERO POSSE)
Yama-King
DJ KOGATAROO (TOPNATION / BREAKWELL RECORDS)
DJ LIGHT (ARMORY MASSIVE)
KIT
kimuto (Cleep)

VJ : 3_Diment’ ED

主催・企画・制作:KAIKOO
特別協力:SUNTORY
後援:HIDDEN CHAMPION・HERMIT・SETSUZOKU

Infomation:Solfa
http://www.nakameguro-solfa.com
東京都目黒区青葉台1-20-5 oak build. B1F
TEL:03-6231-9051

KAIKOO Presents MIXXCHA ”vol.4”  2015/07/05 (sun) at 中目黒Solfa

OT solo exhibition 暈(UN) 2015年5月11日(月)~ opening party~at 恵比寿NOS ~REPORT~

Profile of |OT|


彫師でもありペインターでもあるOT氏初となる個展”暈(UN)”のオープニングパーティーが5月11日恵比寿NOSにて行われた。絵を描きながら彫師として活動し、最近ではアート集団の”81 BASTARDS”のメンバーとしても彼らの作品に積極的に参加。その中でも和テイストを中心とした独特な作風が一際目立ち、日本のみならず海外でも活動の場を広げているOT氏のソロの作品を見ようとアーティスト、アパレル、ミュージシャンなど多くの関係者や友人などが集まった。特に、彫師という側面を持つ彼ならではの交友関係によって、彼の魂が肌に吹き込まれた人々や刺青を入れた人々がたくさん集ったのも、普段開催される従来のエキシビジョンとはまた違った雰囲気を醸し出していて、彼の幅広い交友関係を物語っていた。

敢えて、あまり作品に関しては触れないでおこうと思う。ただ一つ言えるのは、アートという言葉だけでは片付けられない芸術がそこにはあった。3か月という製作期間に、内に秘められたOT氏の魂と情熱と勢いがぞれぞれの絵に吹き込まれ、見ているだけで迫真的な作品が今にも動き出し話かけてくるような緊張感すら漂い、寺や神社のような神聖な場所に祭られていても何の違和感も無いような繊細で質の高い作品と、恵比寿NOSというハイエンドで洗練された空間が見事にマッチしていて、いつものNOSとはまた違った空間を演出。絵は本当に不思議な力を持つものだと再認識しました。

そこでお酒を飲んで、食事をして談笑して、絵を直に見て楽しまなくても感じる事の出来る絵が持つ力。そして、幅広い経験からその力を生み出すOTのセンスと芸術性と内面。そこから何かヒシヒシと感じる瞬間が、確実に訪れるでありましょう。絵の無い生活はそれはそれで良し。それでも、絵のある生活は貴方の日々に見えない力をもっともっと与えるのだと思います。

「暈-un-」とは暈す(ぼかし)という意味と、太陽の周りに出来る輪の事を示すそうだ。暈し輝く。光り輝く為の過程には、幾度の努力と失敗と経験が物を言い、まさしくそんなOT色に光輝いた作品を目の当たりにした瞬間だった。これから一か月恵比寿にNOSにて展示されているようなので、是非足を運んで頂きたい。


OT solo exhibition 暈(UN) 2015年5月11日(月)~ opening party 2015.5.11 (MON) 19:00~24:00 at NOS EBISU

OT solo exhibition 
暈(UN)

2015年5月11日(月)〜6月11日(木)

NOS EBISU
〒150-0022
東京都渋谷区恵比寿南2-3-14コンツェ恵比寿B1F
TEL:03-5773-1727

※会場となるNOS EBISUは飲食店のため、ご来場の際は必ず1オーダー以上のご注文をお願いします。

※土曜、日曜、祝日は貸切営業が大変多くなっております。
観覧ご希望の方は店舗(NOS EBISU
03-5773-1727)へ確認の上、ご来場頂く事をお勧めします。



OT solo exhibition 暈(UN) 2015年5月11日(月)~ opening party~at 恵比寿NOS ~REPORT~OT solo exhibition 暈(UN) 2015年5月11日(月)~ opening party~at 恵比寿NOS ~REPORT~OT solo exhibition 暈(UN) 2015年5月11日(月)~ opening party~at 恵比寿NOS ~REPORT~OT solo exhibition 暈(UN) 2015年5月11日(月)~ opening party~at 恵比寿NOS ~REPORT~OT solo exhibition 暈(UN) 2015年5月11日(月)~ opening party~at 恵比寿NOS ~REPORT~OT solo exhibition 暈(UN) 2015年5月11日(月)~ opening party~at 恵比寿NOS ~REPORT~OT solo exhibition 暈(UN) 2015年5月11日(月)~ opening party~at 恵比寿NOS ~REPORT~OT solo exhibition 暈(UN) 2015年5月11日(月)~ opening party~at 恵比寿NOS ~REPORT~OT010


Text and Photo by Kenichi Kono

DOOOMBOYS presents [A B R A C A D A B R A] 2015.05.27(Wed) at 渋谷 Lounge NEO

Profile of |DOOOMBOYS|

THINK TANK、SKUNK HEADSのラッパーでありトラックメイカーの”BABA”
WRENCHを始め数多くのバンド/ユニットで活躍する日本ドラマー界の異端児”MUROCHIN”
その二人が始動させた特殊音楽部隊≪DOOOMBOYS≫
http://www.black-mob-addict.com/

彼らプレゼンツのパーティー
WEEKDAY LOVERのための集会
その名も『A B R A C A D A B R A』
何かが解放される夜!!!


DOOOMBOYS presents [A B R A C A D A B R A] 2015.05.27(Wed) at 渋谷 Lounge NEO

DOOOMBOYS presents
[A B R A C A D A B R A] 2015.05.27(Wed)
at 渋谷 Lounge NEO

★DOOOMBOYS plays DOOOMSTEP SESSION
feat. Nobutaka Kuwabara(DEEPCOUNT)/ TRUMPET & ATARAW (GROUND COVER) / DUB MIX & EVIL BASS

TAKUROW & MaSaMan & TETSU

★MARIANA KAIKOU (WURAFU)

★DJ LIBERATE
★m!n
★chibi
★MazinBass
★DJ DOOOMBOYS (BLUE BERRY & MUROCHIN B2B)

OT

★寺田京介 (HUH)
★HAMARO (BOMBORI)

★OPEN/START 23:30
★Charge: 1000YEN

★LOUNGE NEO http://loungeneo.iflyer.jp/venue/

https://www.facebook.com/events/388077774711747/

OT solo exhibition 暈(UN) 2015年5月11日(月)~ opening party 2015.5.11 (MON) 19:00~24:00 at NOS EBISU

PROFILE OF |OT|

OT solo exhibition 
暈(UN)

2015年5月11日(月)~
opening party 2015.5.11 (MON) 19:00~24:00

Opening partyにて抽選で1名様にオリジナルアートピース、10名様に複製プリントをプレゼントいたします。

NOS EBISU
〒150-0022
東京都渋谷区恵比寿南2-3-14コンツェ恵比寿B1F
TEL:03-5773-1727

※会場となるNOS EBISUは飲食店のため、ご来場の際は必ず1オーダー以上のご注文をお願いします。

※土曜、日曜、祝日は貸切営業が大変多くなっております。
観覧ご希望の方は店舗(NOS EBISU
03-5773-1727)へ確認の上、ご来場頂く事をお勧めします。

81BASTARDS インタビュー

2014年辺りから突如活動が活発化したアーティスト/クリエイター集団”81BASTARDS”。各々が持つ経験値やスキルがあるからこそ生み出されるアートは、遊びで心がありながらも常に真剣勝負。東京、日本全国から、はたまた世界へ発信を開始した彼らのCREWからMHAK氏とSAND氏とOT氏の3名にお話を伺いました。

81BASTARDS Interview

—–まずはメンバー紹介をして貰えますか?

MHAK(以下 M) : 81BASTARDSの国内組。ペインターはYOSHI47、INOUE JUN、SAND、OT、僕。そして、映像作家の3104君、写真家のRiO Yamamoto、DJ LZA。

Naoki”SAND”Yamamoto(以下 S) : で、海外チームにアーティストが2人。メルボルンのGhostpatrolと、LAのYoskay Yamamoto。合計で10人です。

—–物凄い人数ですけど、これって一堂に会した事はあるんですか?(笑)。

M : 今のところは無いです(笑)。個々での繋がりはあっても全員集合は難しいですね。早く全員集合して何かやりたい!(笑)

OT(以下 O) : 俺に至ってはYoskayと会った事ないです(笑)。

一同 : 爆笑

—–ロスとメルボルンと日本の3箇所に散ってるわけですが、そもそも誰きっけかで始まったんですか?

M : 僕とYOSHI47ですね。そもそもの始まりはSETSUZOKUっていうイベントを主催してる西堀さんと久しぶりに再会した時にイベントでライブペイントをしない?って誘われたのがきっかけです。ちょうどその頃はYOSHI47と『最近のライブペイントって面白くないね』っていう話をしてた時期でもあって、俺もYoshi47もライブペイントをしてなかったんです。それでSETSUZOKUに誘われたタイミングでYOSHI47と『全てを封印してふざけた事やってみようか?』っていうノリで始まったのが81BASTARDSなんです。

—–それっていつ頃の話?

M : 去年の9月ですね。

O : 俺、その時のイベントに遊びに行ってて同じ会場にはいたんですけど、まだMHAKとは知り会ってませんでしたね。

—–この全員の出会いを聞くのは大変なので(笑)、3人のそれぞれの出会いを教えて欲しいのですが、OTとMHAKの出会いは?

M : OTとの出会いはペインターのSHOHEI君(SHOHEI TAKASAKI)を介してですね。SHOHEI君は今ポートランドにいるんですけど、日本に一時帰国したタイミングで一緒に飯に行った時にOTも居てって流れです。

O : それで同じ歳だって事が分かって、『BASTARDS一緒にやる?』みたいなノリで(笑)。

—–なるほど(笑)。ではMHAK君とSAND君は?

S : 2年前になりますね。結構ペインター同士ってお互い名前とかは知ってても会ったりしない事が多いんですけど、MHAKもその一人で。YOSHI47とはプライベートでも仲良くて2人でテイストの違うペインティングをしたりしてたんですね。それで最初はYOSHI47とMHAKの3人で会ったのかな?そんな中、急にライブペイントをする事になったんです。だいたい僕らの集合場所ってハンズの画材コーナーで(笑)、そこでイノウエジュンも来てたんですけど『あ、どうも~始めまして~』みたいな(笑)。OTも最初は全身刺青入ってるし怖そうだなって思ったんですけど実際会ったらいい奴で。そんな細かい出会いがあって、チームワークと共にフレンドシップの結束が一気に固まったというね。

—–結構そうなると、気の合う同世代の繋がりの繋がりが1つにまとまった感じなんですかね?

M : そうですね。映像を撮ってくれてる3104君なんかも僕が強引に撮影をお願いして(笑)、写真家のRiOメンもそう。尊敬出来る人間で構成したかった。仕事としてというより、一緒に本気で楽しめる関係。そんな感じで人が人を呼びドンドン増えていきました(笑)。

—–まだまだ増えます?(笑)

S : この間も丁度そんな話を3人でしてて。今のところは増やす予定は無いですね。既にある程度ペインターそれぞれの役割は出来てると思うし、個性的な牌も揃ってるし、こうやって仲良くなって人間関係も築けてるから、このメンバーでこれからどういう表現が出来るかなっていうのが当面の活動ですね。

—–ペインターって特に我が強い人多いですよね?

M : 僕らに関して言えば、全員が前に出ていくというよりは、それぞれをカバーしあえて協力出来る関係性が強みです。もちろん皆んな我は強いですけど(笑)。

S : これが20代半ばの頃とかだったら絶対にみんなぶつかってたと思うし、このCREWは成立してなかったかな。

O : 俺が一番目立ちたいってなっちゃうしね。

S : 基本的に、まず各々の持ち場での活動っていうのは減らさないでしっかりとキープしていく事が前提です。個々で受けたオファーっていうのは、やっぱりクライアントもそのアーティストのイメージを求めてオファーしてくれるのである意味裏切れないと思うんですね。でもこのBASTARDSみんなで動いた時にどう裏切るかじゃないですけど、真剣に遊べるセクションっていうイメージなんですよね。

—–あまりこういうCREWってアートシーンにもいないですよね?

O : ここまでバランスが取れてるCREWはいないかもしれない。

M : ユニットとして活動してるアーティストはいても、個々でしっかり活動しつつ集まってるようなアーティスト集団っていうのはあんまりいないかもしれないかな。

S : ユニットとかで有名になってからバラバラになるのとは違う感じですね。

—–しかしこの見事なバラバラ感が堪らなく良いですよね。

M : そうなんですよ。それがこのメンツの面白い部分なんです。みんなバラバラ(笑)。

O : それでみんな気が合うっていうのは奇跡の集団だと思います(笑)。

S : 最近正に思うのが、俺らって今の歳でまた青春してるんですよ(笑)。

O : それはみんなによく言われる!『また修学旅行に行ったの?』って(笑)。

—–30半ばからの青春ですね。傍から見てると楽しそう(笑)。

O : 実際楽しいです(笑)。結構入りたいって言ってくれる人も多いみたいなんですけど。ただ遊んでるだけじゃないので(笑)。やる時はしっかりやりますよ。

S : 後は、最近思うのがなんかバンドっぽいんですよね(笑)。

—–あ、同じこと思いました(笑)。

S : 最初ウータンみたいなイメージがあったんですけど、みんながラッパーじゃないので、やっぱりバンドっぽい感じはしますね。

—–精神論も凄くバンドに近い感じがしますね。

S : 近いかも!聴く音楽も洋服の好みもバラバラだし。

O : ホント良くまとまったなって思います。

S : まさにバンドでいうとブレーメンの音楽隊に近いかも。あの感じをBASTARDSで表現したいなって。ブレーメンの音楽隊って、違う動物が高さを出す為に、鳥ばかりだったら2段しか積めないけど動物を分けたら4段積めるみたいな発想が凄くBASTARDSに近いと思う。俺はロバは嫌だっていう奴とか出てくると思いますけど(笑)。

O : 俺もロバは嫌ですね(笑)。でもブレーメンの音楽隊を絵にしたら面白そう。

S : 猿蟹合戦もイメージにあって。この間飛行機で観たX-MENとかもまさしくそう。全員がそんなにパーフェクトじゃないんだけどスーパーチームワークで戦って勝つみたいなのを観た時に、これってBASTARDSじゃんって。

M : チームワークは気質的にも日本人の武器ですからね。僕らの作品も各々を立てるのではなく如何に混ぜ込んでより良くするかだから根本にチームワーク魂が備わってる。

—–ちなみにどういうタイミングでBASTARDSとして活動をするんですか?

S : みんなそれぞれ活動してる場があって、色々なオファーとか話が来ると思うんですね。でもみんなプロフェッショナルなので、その案件を自分でやるべきか、もしくはBASTARDSに持って来て5倍以上に膨らませるかの判断が的確だと思うんです。そこがただのノリだけの遊びじゃないというか、プロ意識を持ってるので、それぞれが案件を持ってくるんです。

M : やれる事の可能性が一気に広がるので、普段自分が出来ない表現とかもBASTARDSになら求める事が出来る。複数のスタイルを持ってて、音楽も作れて、映像も写真も撮れる。BASTARDSはまさに怪物だと思います。

—–今までBASTARDSとしてどんな活動をして来ましたか?

M : まず最初にSESTUZOKUのイベントでYOSHI47と俺でライブペイントを2回やって、イノウエジュンが加入して3人になってからKITCHEN & COMPANYのパーティ、大阪での壁画。その後SAND君が入って4人でRODEO CROWNSのアニバーサリーパーティ。で、OTが入って5人になってルミネのアートイベント、そして四ツ谷でのBCTION壁画があって、GRAVISとのインスタレーション、湯野上温泉洗心亭のディナーショウでのライブペイント、そしてDC x Kineticsだったかな?

81BASTARDS インタビュー81BASTARDS インタビュー81BASTARDS インタビュー81BASTARDS インタビュー

O : あ、後はメルボルンのグループ展に作品を出したり。

—–しかし結成してまだ全然間もないのに凄い勢いですよね(笑)。先日もメルボルンで絵を描いてきたみたいですけど、どんな経緯で?

M : そもそもはイノウエジュンがメルボルンで個展するっていうからみんなで観に行っちゃう?っていうノリ(笑)。それがスタートで。

S : 旅行してみっか?みたいな(笑)。

M : そうしたら向こうのギャラリーが、どうせ来るならペイントする?みたいに話をくれてっていう流れですね。

—–結局誰が描いたんですか?

M : yoshi47、INOUE JUN、Sand君、OT、David(Ghostpatrol)と僕です。

—–実際どうでした?

S : MHAKの集中力はいつもなんですが、今回はOTの描きたいオーラが凄かった。僕とYOSHI47は完全に疲れに持ってかれて(笑)その分、個人的にはまだまだやりたい欲を残してるので、イノウエジュンのいるうちにもう一回行ってやろうか!とか考えたりしています。

O : 限られた時間内ではやり切れたと思うんですけど、疲れましたね。一度もベッドで寝なかったし、床が木だったし(笑)。反応も凄く良かったので次に繋がるとは思います。やはり修学旅行感は半端なかったです(笑)。

M : BASTARDSとしてはじめて海外で見せる壁画だったので、OT節を前に出していったのは正解だったと思います。ばっちり日本を見せれた!ただ、個人的な感想としては作品としてのまとまりが足りなかったという反省点が大きいです。皆んな忙しくて念密に打合せが出来てなかったというのもあるし、移動の疲れもあったから仕方ないといえば仕方ないんですけどね(笑)。
上手くやればもっと良い作品は描けたと思います。でも、そのおかげで色々と問題点を発見出来たことが今のタイミングで良かったし、今後の課題はしっかりと見えました。結果的にはお客さんが喜んでくれた事が嬉しかったですね。
総括すると旅全体を通して腹抱えて笑った事や、この歳でサバイバルした過酷な時間を皆んなで共有出来た事は貴重な経験でした!(笑)

—–ちなみに基本誰が舵を取ってるんですか?

S : やっぱりMHAKなのかな?

—–ドラフトとかも?

O : ドラフトはみんなで決めてるんですけど、最近はクジ引きで決める?みたいな話もあって(笑)。でも誰がやっても出来ちゃうと思いますね。

—–あのGRAVISのバランスとか絶妙ですよね。

81BASTARDS インタビュー

S : あれは完全にMHAKしか頭の中で描けてなくて、俺も途中まで何をやってるのか分からなかったんですけどね(笑)。

M : そうですね(笑)。頭の中でイメージは出来てても説明しきれてない(笑)。そこが僕のダメなとこです(笑)。

S : でもそんな中でも進められちゃうのはやっぱり信頼があっての事だと思いますね。

O : 結果完成系は凄かった。

M : 前に何の打ち合わせも無くいきなり描いた事があったんですけど、案の定失敗っていう経験があったので(笑)、それからはドラフトをきっちり描いてから描き始めるようにしてますね。

S : やっぱり何回か一緒に描き合わないと、ここはこう描きたいんだろうな?とかそういうそれぞれの気持ちとか思惑が伝わらないっていうのは実際あって。

O : でも各々のスキルとか経験値は高いと思うから、馴染むのは凄く早かったよね。

—–実際外から見て全然問題無い作品でも自分達的に良くない事ってあると思うんですけど、自分達的に方向性が見えたとかそういう瞬間ってあるんですか?

M : 細かいところを挙げ出したらキリがないです。(笑) でも、方向性が見えたというかこれこそ81BASTARDSだって実感したのは湯野上温泉でのディナーショーです。限られた時間の中でサポートしあってやり切った後の満足感が凄かった。みんな大満足の結果でしたね。

S : それぞれがサポートしながら、あの2時間はとにかくスパークしましたね。イノウエジュンが白塗りしてましたからね(笑)。普通しないでしょっていう。でもこのメンバーの信頼関係があるから出来た作品っていう実感がありますね。

81BASTARDS インタビュー81BASTARDS インタビュー

O : 洗心亭のオーナーさんが感動して泣いてくれましたしね。

M : お客さんが普段クラブとかでのライブペイントを見に来る層とは違って、旅館の常連さんのおじさんおばさんだったっていうのもあったし、ショーのための参加費が2万円とかそんなイベントだったので、ぶっ飛んだ作品というより會津地方の分かりやすいモチーフを僕らなりに解釈して描き上げたんです。結果僕らのペイントに引き込まれてくれて、作品のクオリティーに感激して泣いてくれてた人がいたり、感動してくれた人達がダイレクトに意見をくれたのは本当に嬉しかったですね。

—–今までクラブとかでソロで描いてたライブペイントとこのBASTARDSでのライブペイントの違いってありますか?

S : これは決して馬鹿にしてるわけじゃなくて、例えばクラブとかでみんなが酔って騒いでる中で描いても結果が見えないっていうか。描いてそのままキャンバスを捨てるだけで終わっちゃう。5人で集まった時は、描き終わった時に5人で取り合う位の作品を作りたいなっていう気持ちではやってます。

—–そもそもソロでライブペイントをやらなくなったりする理由は?

O : やっぱりクオリティーの問題じゃないですかね。

M : 僕がライブペイントを辞めた理由って言うのがまさしくそこで。自分が納得出来るクオリティーを出し切れていない状態で人に見られる恥ずかしさっていうんですかね。そこで描いた作品が全てだって思われちゃうじゃないですか。それが不本意でしかなかった。

O : でもそこに関してはBASTARDSは5人いるし強いと思いますね。納得いく作品が出来るので。

S : ライブペイント経験者なら一度は経験あると思うんですけど、描いてる最中に酔った人が、『私にも描かせてよ~!』みたいなノリで来たりするんですよ。でもそれに対して怒るんじゃなくて、『今やってるDJに一曲かけさせてって言える?』って言うと大体みんな気がつくんです。まだまだライブペイントに対する認識が低いんだなって、ムカツクっていうよりはいつもショックで傷ついてたので。そこって多分マナーをアーティストサイドがちゃんと教えてあげる事が大切なんじゃないかなって思いますね。でもBASTARDSではそういう事が一回も無いし、実際BASTARDSに入ってソロでの誘いも無くなったので、そういう意味でライブペイントに対する認識っていうのが変わっていけばいいなって思う。

—–確かに。バンドのライブやってていきなりドラムを叩かれたらって話と同じですよね。

O : そうなんですよ。でもBASTARDSは、ライブペイントのアーティスト半面職人的な意識もあると思うので、なかなかこのメンバーで描いてる最中にそういう行為をするっていうのは出来ないと思いますね。

—–もう空気感とかオーラが出てるんでしょうね。

O : 特に意識はしてないんですけど、そうであって欲しいかな。

S : 例えばスケートボードって、俺達の時代は親が嫌がるスポーツだったのが、今は親が子供にスケートをさせたい時代になってて。『これやらないとお菓子買ってあげないよ!』とか言われてるんですよ(笑)。そこに凄く違和感を感じはするんですけど、それってスケートボードが2世代目に突入してきてて、親がスケートボードを好きで認識してる時代なんですよね。このアートカルチャーって、まだそういう2世代目まで浸透するほどの層も無いし、歴史も無いように思うんです。だから、僕は子供いるんですけどその子供の世代までしっかりと浸透させて底上げが出来ればいいなって。僕の子供とジュン君の子供が2013年生まれなので、2013BASTARDSなんていうのが出来たら(笑)、アートシーンにも凄く未来があると思う。

—–ここまでしっかりとした考えがアートに対してこのBASTARDSにはあるから、絶対に周りにも良い影響と刺激を与えますよね。

M : ライブペイントが当たり前になったというのは凄く良い事だとは思うんですけど、僕個人は見る側として描いてる人の一歩先の挑戦が見たい。同じ事の繰り返しではなくて、何かしらの変化を求めちゃうんですよ。新しいスキルを見せるだけでも良いし、何か変わった動きを見せたり、そういった部分に気付かせて欲しいのが個人的な願望です。だから、81BASTARDSではそういった客観的な視点も考えつつ何かしらの変化を常に示せるようにしていきたいんですよね。伝えたいのは挑戦する事を恐れるなって事。それが僕らのコンセプト『stick to your guns』なんです。

—–逆に、こうやってみんなで描いてると一人で描きたくならないんですか?(笑)。

M : 一人でのライブペイントには全く興味がありませんね。仕事として普遍的な僕の絵を求めてくれているのであれば描きますが、ただ、ライブペイントというよりかは時間をかけてじっくりと公開制作をしているという位置付けでならかな。だから短時間でパパパっというオファーは受けません。根本がそういうタイプでは無いので。

O : 僕の場合は、畑がそもそも違うので一回も思った事ないですね。

S : 俺も無いかな。一人でっていつでも出来るし。やっぱりずっとやってると自分の周りの仲間とか関係者が作品を見慣れすぎちゃってて。『行くけど、またアレでしょ?』みたいな(笑)。

—–(笑)。でもなんか夢が膨らみますね。みんなで遊んでるだけでも楽し過ぎるでしょ?(笑)。

M : そうですね(笑)。誰をメインにすえるかだけでも振り幅が倍以上だから、可能性しかないと思ってます。

—–今日のこのINTERVIEWの場所も完全に溜まり場になりそうな空間ですしね。

S : ここのスペース”SEE YOU SOON”もみんなで遊べる基地みたいな感じで、気軽に集まれればって。ここはbastardsだけじゃなくても若いアーティストとかが気軽に来れる場所になって欲しいし、ギャラリーみたいに垣根を高くしないでもっと自由に使って欲しい。『やりたいっす!』っていう人が来て何か面白い事が出来たら、未来に繋がるかなって。

81BASTARDS インタビュー81BASTARDS インタビュー81BASTARDS インタビュー

—–なるほどなるほど。今後はどんなを活動をしたいとかありますか?

M : 皆んなが持ってる海外や国内の繋がりをフルに使ってワールドツアーとか日本ツアーをしたいですね。内容とかはまだ特に詰めてないですけど、少しずつオファーも集まってきてるので、何処かのタイミングにまとめてガシッとやりたい。

S : うん。外に出していきたいな。それぞれちょっとだけ和のテイストがあるからそれを海外でアウトプットしたらどうなるかっていうのは凄く観てみたい。僕なんかは単体で描いたら全然和風じゃないんですけど、みんなと混ざった時に和っぽくなるっていう発見があったし、それが日本のアイデンティティーになるなら使わない手は無いと思う。他の国の人が描けないテイストっていうは常にトライしていきたいですね。

O : きっとこのメンバーなら勢いで出来ちゃいますね。勢いだけあっても出来ない事はたくさんあると思うんですけど、なんか俺らは出来ちゃうと思うんですよね(笑)。各々がみんなしっかりと経験値あるし。

M : それぞれが今までに培ってきた経験値を持った10人分の歴史があるので、色々な可能性があると思います。

S : これ最後に言いたいんですけど、1000人のお客さんが見てくれてても緊張しないんですよ。でもこのCREWに見られてる方がよっぽど緊張するんです。そんな尊敬出来るメンバーが集まってるのが81BASTARDSなんですね。


Interviewed by Kenichi Kono
Photo by RiO Yamamoto

81BASTARDS -member’s profile-

MHAK as Masahiro Akutagawa

MHAK as Masahiro Akutagawa

1981年會津若松生まれ。ペインター。
デザイナーズ家具や内装空間に多大な影響を受けた事から絵画をインテリアの一部として捉え”生活空間との共存”をテーマに内装壁画をメインとした制作活動を行う。

空間と絵画を共存させる事は絵画そのものを雰囲気として認識させる必要性があると考え、抽象表現にこだわったスタイルを追求、曲線で構築し反復する独特な作風で個人邸やホテルなど数々の内装壁画を手掛ける。

現在までにアメリカ(ニューヨーク、ロサンゼルス、ポートランド)、アルゼンチン(ブエノスアイレス)、オーストラリア(メルボルン、シドニー)、イタリア(ミラノ)で作品を発表。また東日本大震災を期に故郷である會津地方でのアート活動も勢力的に行っている。故郷の伝統工芸や観光地とのコラボレーション、アーティストコレクティブ『81BASTARDS』の一員などその活動は多岐に渡る。

http://www.mhak.jp/


YOSHI47

YOSHI47

1981年岐阜県生まれ、愛知県育ち。
16歳の時にBREAKINGを始め、そしてGRAFFITIを始める。

20歳の時にアメリカ、カリフォルニアに渡り、アートというものに出会う。アメリカの色々な州にてライブペイント、個展、アートイベントなどにて活躍し、その後サンフランシスコにてバイクメッセンジャーとなり、そのコミュニティーの中にて生きるための本当の意味を見いだし、その後に日本に帰国、東京にてメッセンジャーとなる。

現在はメッセンジャーをやめ、絵を描く毎日をすごしつつ、日本、アメリカ、フランス、中国、東南アジアなどにてグループ展に参加したり、個展をしたり、壁画、そして81BASTARDSの一員として新しい考え方のライブペイントなどを追求している。

基本は旅をして色々な物事を観るという価値観を大切にするために定住は全くしていない。日本各地を転々としながら、今は次なる場所を探し求めている途中である。

http://www.yoshi47.com/


井上純

井上純

日本特有の繊細な精神性をアブストラクトな線で描き、独特な「間」を作品の中に生み出し、モダンなセンスと伝統的なスピリッツが混ざり合うように、絶妙な感覚が見る者の意識を刺激する。 
スタイルが常に変化していく自身の表現は、平面から立ち上がり、ファッションやディスプレイデザイン等、様々な分野との融合が見受けられる。
2013年より『81BASTARDS』の一員としても活動している。

http://www.juninoue.jp/


Naoki SAND Yamamoto / SAND GRAPHICS

Naoki”SAND”Yamamoto / SAND GRAPHICS

1979年生まれ、東京在住。フリーデザイナーとしてグラフィックデザインをベースに活動。そのプロダクトやアパレルデザイン、ショップウィンドウ等、場所と手法を選ばすに表現を楽しむ。グラフィックレーベル「SAYHELLO」の他、ペインターとしてもペインティング集団「81 BASTARDS」に参加。独自の視点で全ての物をPOPに切り取る。

http://www.sandgraphicstokyo.com/
http://www.sayhellotokyo.com/


OT

OT

東京在住。文身師、画家、81BASTARDS。
1999年より文身師として活動を始め日本伝統刺青を学ぶ一方、ペインター、デザイナーとの交流を通じ独自のスタイルを融合させる。

2010年からオーストラリアのTATTOO SHOPにも所属し、それをきっかけに、アジア、ヨーロッパ、その他多くの国外のコンベンションにも活動的に参加。作家活動にも意欲的に取り組み、近年はグループショー、個展等も行う。

http://fankadelic-tattoo.com/


Yoskay Yamamoto

Yoskay Yamamoto

1981年鳥羽市生まれ。
15歳でカリフォルニア州に渡米。西海岸の音楽やスケートボードカルチャー, グラフィティーカルチャー, カウンターカルチャー に衝撃を受け、2004年に短大のインターンシップでshorty’s skateboardで働いた時にDavid Floresと出会いアーティストとして活動を開始。

2007年に初個展をロスで成功させ、今までに8回の個展をアメリカ西海岸で開催。近年、香港Times Squareでの個展、パブリックインスタレーションさらにHawaiiで行なわれたPow Wow Hawaiiに参加し、国際的に活躍しているストリートアーティストと並び壁画を描き公共のスペースへも活動を広める。

ファインアートの世界にとどまらず2008年にはMunky Kingとのコラボレーション『koibito/魚恋人』をきっかけにデザイナートイ業界でも自身の世界観を広め、2011年にはlinkin parkがロサンゼルスで開催した東日本大震災の救済コンサートのメインデザインを提供、その他にもコミュニティーのサポートとなるチャリティーイベントにも作品を寄付している。

2013年にポートランドで行われたミュラルフェスティバルでMHAKと出会いアーティストコレクティブ『81BASTARDS』に加入。これまでにNew York, Seattle, Portland, Hawaiiのgalleryや香港、Barcelona、Tronto、Berlinでの展示と国際的なアーティストとして活躍。 過去にはFox Entertainments, Scion/Toyota, ebay, Hong Kong Times Square , Linkin Park,サンリオなどの企業に作品/デザインを提供。

http://yoskay.com/


Ghostpatrol

Ghostpatrol

1981年タスマニア州ホバート生まれメルボルン在住。
イラストレーター、アーティスト。
2014年『81BASTARDS』に加入。

http://ghostpatrol.net/


RiO Yamamoto

RiO Yamamoto

1981年生まれ。神奈川出身。
東京・神奈川を拠点に活動する写真家 。その場で起こった出来事を感じるがままにフレーミングし、独特の世界観を持った作品へと反映させている。とくにモノクロ写真を得意とし、手焼きプリントまでを一括しておこなう職人技によって生まれた作品には誰もが魅了されるだろう。

国内スケートボードブランドLesque Skateboards結成と共にスケートボード写真を撮り始め専属フォトグラファーとして活動し、その他ではSAGLiFE TOKYO、DAKINE、Levi’s等へ写真を提供している。年に一度、個展”LandSkate”を開催。2014年からは『81BASTARDS』チームメイトでもあるMHAKと共にGRAVIS Footwearのアーティストフォトグラファーとしてチーム入り。

http://www.rio-photo.com/


3104Style

3104Style

北鎌倉生まれ。映像作家。
作り上げたものの素晴らしさよりも、その時その時の瞬間、その場の空気を表現することの素晴らしさを大切にし表現していく。人それぞれのSTYLEを形にしていく事をコンセプトに『81BASTARDS』結成当初から全ての撮影と編集を担当。

その他にもLevi’s、DC SHOE、Bluemoon、TOMMOROW LAND等の企業へ映像作品を提供している。

得意料理はグリーンカレー。

http://vimeo.com/user24055428


DJ LZA<

DJ LZA

『81BASTARDS』の sound部門担当(DJ&Track Making)
都内を中心にDJとして活動し、VJ集団『PlayBackBoys』としても活動。

http://www.mixcloud.com/lzakazuki/

-Culture Party- SETSUZOKU 2014・2DAYS - 2014.09.19(fri) 09.20(sat) at NOS EBISU-Culture Party- SETSUZOKU 2014・2DAYS - 2014.09.19(fri) 09.20(sat) at NOS EBISU

Profile of |SETSUZOKU|

「新しいBoomの創造」を目的にMusicを通じて様々な分野へセツゾクする新たな表現の場・トレンドを発信するカルチャーパーティー”SETSUZOKU”。

音楽・アート・映像・ファッション、様々なコンテンツが重なり合い、年齢・性別を問わず高い感性を共有する人々・独自の世界観を持つ人達が交差するスペシャルな夜が2014年、過去最大規模で帰って来る!

-Culture Party-
SETSUZOKU 2014・2DAYS

http://setsuzoku.co
Supported by XLARGE®

2014/09/19 (fri) & 09/20 (sat) @ NOS EBISU
OPEN / START 20:00 / CLOSE 05:00

TICKET
eプラス・ローソンチケットにて絶賛発売中!
2日通し券:¥3,500 (税込/ ND)
1日チケット:¥3,000 (税込/ND)
※前売りチケットを購入された皆様、全員にXLARGE® × 81BASTARDSコラボステッカーをプレゼント!

eプラス・ローソンチケット/Lコード:77425

Admission
20:00〜23:00 / ¥2,500 (1D)
23:00〜05:00 / ¥3,000 (ND)
※オープン20:00〜23:00は時間が限定されている為、お得となっています。お早めのご来場がお勧めです。

2014/09/19 (fri) DAY1 LINEUP

DJ KRUSH
TwiGy with
Macssy & SEJI & SYZZZY SYZZZA
KENSEIQ (DJ KENSEI & Q from ラッパ我リヤ)
DJ BAKU feat Shing02 & mabanua & Kan Sano
DJ SARASA
櫻井響
Hickey & C-Ken (Wax Poetics CREW)
U-HEY! / DaBook / Yu Mamiya a.k.a. Dj baystate

MC
YOU THE ROCK & ZEN-LA-ROCK

LIVE PAINTING
81 BASTARDS (MHAK・YOSHI47・JUN INOUE・SAND NAOKI・OT)

VJ:VIDEOGRAM (Tajif・RTR・de-sheevo)

BOOTH:XLARGE®

2014/09/20 (sat) DAY2 LINEUP

TOKYO No.1 SOUL SET
HIFANA
高木完
クボタタケシ
AFRA
OLIVE OIL
G.RINA feat OMSB (SIMI LAB) and more…
8ronix
Hickey & C-Ken (Wax Poetics CREW)
DJ TOYODA (XLARGE®) , U-HEY!

MC
YOU THE ROCK & ZEN-LA-ROCK

LIVE PAINTING
DRAGON 76 × NOVOL
澁谷忠臣 × VIDEOGRAM
81 BASTARDS (MHAK・YOSHI47・JUN INOUE・SAND NAOKI・OT)

VJ:VIDEOGRAM (Tajif・RTR・de-sheevo)

BOOTH:XLARGE®


主催:SETSUZOKU Inc.
企画:SETSUZOKU Inc.
制作:SETSUZOKU Inc.・NOS EBISU
特別協力:XLARGE®
後援:Wax Poetics Japan ・ Manhattan Records・UNMAFA Inc.

注意事項
※当イベントは、20歳未満の方のご入場は一切お断りさせていただいております。チケットご購入の際は十分にご注意ください。
※出演アーティストの変更等による払い戻しは行いません。予めご了承下さい。
※2日通し券は枚数が限られておりますので無くなり次第終了とさせて頂きます。
※当日は混雑が予想されます。その場合は前売りチケットをお持ちの方からご優先となります。予めご了承下さい。
※チケット特典、コラボステッカーは当日入り口にてお渡し致します。
※会場に駐車場はございません。

infomation:NOS EBISU
http://www.nos-ebisu.net
〒150-0025
東京都渋谷区恵比寿南2-3-14 コンツェ恵比寿B1F / TEL:03-5773-1727

KIZUNARI~2013~ ARTICLE - 2013/11/3(sun) at 石巻ONEPARK

Profile of |KIZUNARI|


2012年3月にいわきを皮切りに郡山と石巻そしてファイナルとして渋谷にて行われた東日本大震災復興イベント”KIZUNARI2012″。
渋谷以外は無料で遊び場を提供しローカルの人達を励まそうという主旨で始まったあのツアーも結果的に、現地のみんなと遊びながら元気を共有する事で新たな繋がりと絆が生まれ大成功に終わった。そして2013年もこのKIZUNARIというイベントが11月3日に行われた。実はこのイベントを主催したチームの一人が僕本人なので、客観的に見たレポートというよりは、主催者側から見た気持ちや想いなどを織り交ぜながら、やや裏話も混ぜながら綴っていこうと思う。

2012年のKIZUNARIを主催したのがHAKAIHAYABUSAというバンドのドラムのNORIとLION HEADというお笑いチームのMOJAと僕の3名で、多くのブランドや会社や仲間やアーティストに支えられサポートして貰い、個人的には完全燃焼で終わったわけである。そもそも定期的に行うイベントにはしたくないという意思もあり、2013年の3月は開催を見送りつつも、どこかで開催のタイミングを常に伺っていた。というのも、2012年の秋に福島のいわきの仲間であるseven beachDUBTASTEというバンドとFMXライダーのYOSHIKI氏からKIZUNARIバナーをサプライズで受け取っていて、この旗を掲げる場所をどうしても作りたかったのも大きな理由の一つ。そんなタイミングもストリートで活動していればいづれは来るわけで、前回一緒に主催したMOJAから新たな話が来たのもその3月頃だったと思う。

『石巻にONEPARKっていう熱いスケートパークがある!』

それから無料開催を現実化する為に何度もミーティングを重ね、どうせやるなら11月3日(3月11日の逆日)が良いという事になり日にちが決定。開催に向けて動き出したものの、機材や経費など様々な問題に直面する事になる。見知らぬ土地でイベントをする難しさというのを痛感。そんな中新たに今回はKIZUNARI CREWとして渋谷THE GAMEの斉藤氏が加わり多大な協力をしてくれた事はしっかりと記載しておきたい。それぞれが持つ得意分野を存分に発揮して、何度も何度もミーティングを重ね、斉藤氏、MOJA氏、Nori氏のCrew4人で実際に石巻のパークへ日帰りで出向いローカルのスケーターやONEPARKのオーナーと交流をしたのも記憶に新しい。あそこでローカルの暖かさに触れたからこそ、我々のモチベーションが一気に上がったのは確実だった。

KIZUNARI~2013~ ARTICLE - 2013/11/3(sun) at 石巻ONEPARK

しかしそれでも低予算、最低限の経費でのアーティストのブッキング、ステージも何も無いスケートパークに音響を組んで、尚且つバスケットの大会更にはスケートのデモなど、最大限出来る事や表現したい事を詰め込む難しさは相変わらずで、本当に何度も何度も壁にぶつかりながらも、快く出演を了承してくれたアーティストや表現者達に助けられながら進めてきた。

人生ってパズルみたいってよく言うけど、まさしくそれ。これとここが繋がったお陰で、こことここが繋がり、むしろここが無かったらこれとここは成立していない。このパズルをどう仕上げるかは、今まで生きてきた何十年っていう経験と道筋と人間関係次第。今すぐにどうこうして出来るパズルでは無い。今回協力してくれた仲間との出会いのきっかけや一緒にやって来た事など思い出したりもした。その仲間と繋がったストーリーの裏にも更に別の人達がいて、改めて繋がりの大切さを感じた。

ここでは書ききれない色々な問題も重なりつつもいよいよ前日。仕込みもありつつ前日から出演者などを含め約10名程で石巻入りし、現地の仲間と久々に再会。当然現場に行けば思い描いてた配置なんかも実際は不可能な事に気が付いたりしながらも、結局僕らはみんなで地元の居酒屋に飲みに行く事にした。どこにいても僕らにお酒は付き物ですからね。いつも東京で会う仲間と石巻でお酒を飲むってなんだか凄く不思議な感覚になりつつ一昔前にバンドのツアーで地方を周った事とか思い出したな。そんな中、僕は朝一番に来るPAチームを迎え入れる為に早めの帰宅。その他の不特定多数はローカルのみんなと夜の石巻へ。。この夜の石巻もなかなか濃くて楽しかったみたいなので、別機会で取材出来たらって思う。もっともっと楽しい事がこの土地にはあると実感。

KIZUNARI~2013~ ARTICLE - 2013/11/3(sun) at 石巻ONEPARK

そして当日。あっという間にこの日が来てしまい、もうわけが分からないままPAチームが合流し、気が付いたらバスケの選手や出演アーティストなどで人が増え始め、なんとか形になりならがイベントがスタート。VestalやBlack Flysのブースの裏でスケーターチームが軽くセッション、外と中ではライブペイントが行われ、会場一番奥手ではバスケの大会。そして手前のステージではライブ。これって、単純な発想かもしれないけど、どこよりもアメリカっぽいっていうか、このミックス感と作り込み過ぎない空間が物凄くアメリカのガレージでやってるイベントみたいで自然な感じがした。こういう光景はあまり日本では見た事がないかも。どんなにがんばってお金をかけても作る事の出来ない空気感っていうのが物凄く伝わってきた。

しかしやはり問題は起こるもので。。。一番バンド目のseven beachDUBTASTEの時に、会場の電気が一気に落ち。。。またしてもQuOの時にも電気が落ち。。さすがにこの時は本当にイベントが終わってしまうんじゃないかって位焦ったし、修復する為にこれだけ動き回った事も今までないかもって位必死になった。しかし石巻ローカルと東京から来てくれたPAチームとQuOのメンバーの連携でなんとか電圧の振り分けと回避に成功。それ以降電気が落ちる事がなかったわけだけれども、この連携には心底感動したし、さっき話したパズルの話しじゃないけど、この人達がいないと成立しないんだって事をしっかりと僕に再認識させる為の神様のいたずらなんじゃないかとさえ思った。そんな危機も乗り越えられる力と仲間がもうそこにはあったわけなんだよね。

KIZUNARI~2013~ ARTICLE - 2013/11/3(sun) at 石巻ONEPARK
KIZUNARI~2013~ ARTICLE - 2013/11/3(sun) at 石巻ONEPARK

この石巻のONEPARKで過去にたくさんの大小のイベントが行われてきたと思うし、これからもたくさん開催されると思う。物凄い数の人が訪れたわけではないし、終始常に会場の熱気がマックスだったわけでもない。何を大成功とし何が失敗なんて価値を付ける事は出来ないから、その場にいた人達がどう感じるかが全てだと思うけど、こういう無理の無い自然な空気感と、繋がりと縁を大切にした演者とスタッフとっていう中から背伸びをしないで最大限出来る事を出し切るっていうのがこのKIZUNARIだと思っている。

もちろん足りない事は山程あるし、お金だってスタッフだって全然足りなかったし、ゴミの問題や駐車場の問題など抜けてた反省点などもたくさんある。正直お金なんてあればあるだけそれを使って豪華に出来るわけだからね。でも限られた条件の中で、それ以上の事をあの石巻でやり尽くして出し切ったと、CREW一同そう実感しています。それが出来た理由はたった一つ。みんなの多大な協力があったからという事は一番声を大にして言いたい。

と同時に他の土地でイベントをやる難しさと、そもそもの必要性だったり主催者のエゴにならないようなイベント作りっていうのも痛感し考えさせられた一日でもありました。こういう貴重な経験はやはり今後も絶対に活かしたいと思うし、自分達のやり方を貫き通すのであれば、またこのKIZUNARI開催に向けてもう少し力を付けないといけないのだと思う。どんな形であれ必ずまた開催したいと思います。これだけの新たな繋がりがまたたくさん増えて深まったわけですから。


Text by Kenichi Kono
Photo by Daichi Pepi Sasaki

東日本大震災復興イベント 『KIZUNARI~good vibes~2013』

Profile of |KIZUNARI|


2013/11/3(日)
『東日本大震災復興イベント “KIZUNARI~good vibes~2013” 』

@ ONEPARK (宮城県石巻市魚町一丁目2-10)
OPEN/START 11:00
エントランス 無料 (無料駐車場あり)
INFO:http://onepark.net/

【LIVE】
◆B-DASH
◆ちだ原人NUTS
◆DAG FORCE
HAKAIHAYABUSA
◆Likkle Mai Band
◆OD
QuO
◆Sseven beach DUB TASTE
◆SOBUT
◆太華

【SKATE DEMO SESSION】
◆丸山晋太郎(Black Flys)
◆菊地祥太(Vestal)
◆日野誠(Bridge)
and Bridge Crew

【EXHIBITION GAME】
[SOMECITY SENDAI(ストリートバスケットボールリーグ)] ◆GENKI
◆S.H.U SENDAI
◆YAMAGATA BARON
◆TEAM K.I.M
◆UNFINISHED BALLERS

[SPECIAL GUEST] ◆大阪籠球会(SOMECITY OSAKA)

【DJ】
DJ MORICAWA(LowCalBall)
◆DJ CO-CO(Shanty Town)

【MC】
LION HEAD

【LIVE PAINT】
KUROIKIRI
TAKUYA.Y
OT
◆KOSHIRO MAKINO

【FOOD】
◆COPORI/Garbanzo


タイムテーブル

KIZUNARI~good vibes~2013

東日本大震災復興イベント "KIZUNARI"~good vibes 2013~ 2013.11.3(SUN) at 石巻ONE PARK東日本大震災復興イベント "KIZUNARI"~good vibes 2013~ 2013.11.3(SUN) at 石巻ONE PARK

Profile of |KIZUNARI|

東日本大震災復興イベント
“KIZUNARI”~good vibes 2013~

2013.11.3(SUN) OPEN/START 11:00
石巻ONE PARKにて開催決定!!

昨年東北三箇所で開催されたチャリティーイベント”KIZUNARI”が今年は石巻のスケートパーク”ONE PARK”で開催する事になりました!復興支援という事をきっかけに始まったこのイベントに、また全国各地からたくさんの仲間が東北に集まり新たな絆と繋がり”KIZUNARI”が生まれる事を願います!

【LIVE】
B-DASH
ちだ原人
DAG FORCE
HAKAIHAYABUSA
Likkle Mai Band
OD
QuO
seven beach DUB TASTE
SOBUT
太華

【SKATE DEMO SESSION】
丸山晋太郎(Black Flys)
菊地祥太(Vestal)
日野誠(Bridge) and Bridge Crew

【EXHIBITION GAME】
SOMECITY(ストリートバスケットボールリーグ)

【DJ】
DJ MORICAWA(LowCalBall)
DJ CO-CO(Shanty Town)

【MC】
LION HEAD

【LIVE PAINT】
KUROIKIRI
TAKUYA.Y
OT
KOSHIRO MAKINO

【FOOD】
COPORI/Garbanzo

INFO:http://onepark.net/

MC ELEVEN - 1st Album 『コエノレター』 レコ発PARTY

Profile of |ELEVEN|

“MC ELEVEN”1st Album 『コエノレター』
レコ発PARTY
2013年1月14日(祝月)

at 渋谷RUBY ROOM
OPEN/START 18:00
1000YEN(2DRINK込み)

-LIVE-
MC eleven
The Black wood

-DJ-
黒はんぺん (SAIRU/hamula)
祭林竹彦(LowCalBall)
OT
O-Konogi(WSDJ,QuO,Squad)
kenken(LowCalBall,A-FILES)

-LIVE PAINT-
noa- (www.followyourline.com/noa-)

-INFO-
RUBYROOM
03-3780-3022


photo by kenji nishida
NOWHERE WORLD

2012.10.21(sun) 代官山UNIT・UNICE・SALOON 三会場同時開催!
当日のタイムテーブルが発表になりました。

各会場見逃せないラインナップが顔を揃え、OPIE ORTIZ(Long Beach Dub All Stars)の2012ツアーファイナルとなる公演としても注目を集めている。

またアートスペースでは“STUDIO ARGUMENT”と題し一日限りの移動式のスタジオが登場する。アーティストたちが実際にその場でドローイングをしていたり、ペイントをしていたり、シルクスクリーンのプリント作業を行っていたり、タトゥーを彫っていたりと、様々なシチュエイションと作家たちの日常の一コマがそこにはあり、その場でアーティストから作品やマーチャンダイズなどを購入することや、パートによっては共同制作など行うことも可能。
そしてこの“STUDIO ARGUMENT”にバンドで参加するOPIE ORTIZ氏が参加する事が決まりました。あの伝説のバンドSUBLIMEのジャケットワークを手がけた彼のアートワークは必見です。まだ内容は未定ですが、間近で彼のワークが見れるのはなかなか貴重ですよ。出番前の17時頃から、UNICEに行けば遭遇するかもです。お楽しみに。

http://nowhereworld.jp/


NOWHERE WORLD タイムテーブル発表!

UNICE

【13:30 UNICE OPEN】

アートスペース
“STUDIO ARGUMENT”
13:30-21:00 (SHOHEI TAKASAKIYoshi47Kentaro Okawara、KOSHIRO MAKINO、OT)

13:30-14:30 3-code
14:30-15:30 asaka-jamming
15:30-17:00 wac
17:00-18:30 メメ
18:30-19:30 KAKUEI
19:30-21:00 TERUBI

UNIT

【14:00 UNIT OPEN】
 
(M)メインステージ
(S)サブステージ

14:30-14:55 センカヲス (M)
14:55-15:20 QuO (S)
15:20-15:55 MINOR LEAGUE (M)
15:55-16:30 RED BACTERIA VACUUM (S)
16:30-17:05 HAKAIHAYABUSA (M)
17:05-17:40 wash? (S)
17:40-18:25 MASA&ブラボー小松 (M)
18:25-19:00 FIGHT IT OUT (S)
19:00-19:45 THE HEAVYMANNERS (M)
19:45-20:20 スラングブギー (S)
20:20-21:05 OPIE ORTIZ (M)
21:05-21:30 A.O.W (S)

SALOON

【15:00 SALOON OPEN】

15:00-15:50 4号棟
15:50-16:30 十三画
16:30-17:15 ワニータ
17:15-18:15 DUBINCH
18:15-19:15 3-code&asaka-jamming
19:15-19:55 LAGO
19:55-21:15 KO UMEHARA

ONEBIGFAMILY RECORDS pre. OPIE ORTIZ & JACK MANESS(10/5~10/9)
2012/10/5(FRI) OSAKA @amemura AVENUE A
“ONE BIG FAMILY”

adv ¥2500 door ¥3000 (ドリンク別)
open18:00 start18:30

[Band] OPIE & JACK(L.B.D.A) with ヨンバルカン+OGI
SUNSET BUS
ヨンバルカン
SUBLIMITY
GIZMO
SUBPRIME(sublimeカバーバンド)

[Dj] NISHINO(O-Level)
KOMORI(Free Again)
ACCHAN(Feelin’)

イープラス http://eplus.jp/
LOUDOG店頭販売

問)LOUDOG tel:06-6121-2007
AVENUE A tel:06-4963-3748
——————————————————————————————————————-

10/6(SAT) KOBE @wynterland
“UNIONWAY FEST 2012”
——————————————————————————————————————-

10/7(SUN) NAGOYA @apollo theater
“UNIONWAY FEST 2012”
——————————————————————————————————————-

10/8(MON) TOKYO @the game
“UNIONWAY FEST 2012”

——————————————————————————————————————-

10/9(TUE) YOKOHAMA @club lizard
“YOKOHAMA SHOWCASE”supported by A-FILES

OPEN/START 17:30
at 横浜CLUB LIZARD
ADV/DOOR 3000yen/3500yen

-BAND-
OPIE ORTIZ with one big family band
DUB 4 REASON(from 岐阜)
FEELFLIP
QUICKDEAD
JIDORI
ヨンバルカン

-DJ- (A to Z)
Comer(blackflys)
kenken(a-files,lowcalball)
MARTY SNAKE(Yokohama Long beach project)
MORICAWA(lowcalball)
NAOKI(BRIXTON MARKET)
TA-BO(KUSTOMSTYLE)

total info:
club lizard 045-663-4755
KUSTOMSTYLE 045-650-6367

——————————————————————————————————————-

10/10(WED) & 11(THU) TATTOO @SLAP STICK TATTOO
——————————————————————————————————————-

10/12(FRI) KOKURA @cheerz
“気ままにLONGBEACH”

SHANTY TOWN PRESENTS
OPEN 18:30 START 19:00
TICKET 2.000yen(1DRINK ORDER)
※100 LIMITED!!!
(9/27から発売)

【SPECIAL GUEST BAND】
OPIE ORTIZ with ONE BIG FAMILY band

【BAND】
ヨンバルカン(OSAKA)
KLAXION

【GUEST DJ】
SATO BOY(ONE BIG FAMILY,SUNSET BUS)
Y.S.N(SANTERIA)
TEMMYE(SOUL FOOD)

【REGULER DJ】
CO-CO,YUKI,CHICANO,HIGU
(気ままにLONGBEACH)

——————————————————————————————————————-

10/13(SAT) FUKUOKA @KITH FLACK
“SCRUBBRUSH”
——————————————————————————————————————-

10/14(SUN) & 15(MON) TATTOO @DEFCULT
——————————————————————————————————————-

10/17(WED) TATTOO @DESPERADO
——————————————————————————————————————-

10/18(THU) TATTOO @CRUCIAL
——————————————————————————————————————-

10/19(FRI) NAGOYA @apollo theater
“BUGGIN’ OUT vol.1”

OPEN/START 22:00
adv:2500yen(+500yen/1D)
day:3000yen(+500yen/1D)

-LiVE-
OPIE ORTIZ(ex.LONG BEACH DUB ALLSTARS)
HAKAIHAYABUSA
DUB 4 REASON
EACH OF THE DAYS
VAGARIOUS VAGABONDAGE
ヨンバルカン

-DJ-
SHiN(DxAxM/sevenneves/MFSC)
KAZUAKI(KALI KHRONIC)
MAD NORI(EOTD)
SATO-BOY(SUNSET BUS/LOU DOG/sevenneves)

チケットぴあ:181-271(9/15発売開始)
ローソンチケット:43635(9/15発売開始)

——————————————————————————————————————-

10/21(SUN) DAIKANYAMA @UNIT
“NOWHERE WORLD”

@ 代官山 UNIT・UNICE・SALOON
三会場同時開催!!
OPEN/START 13:30
adv/door 3200yen/3700yen(D別)
一般発売:9/1(土)
Pコード:180-372
Lコード:71279

~UNIT~
【LIVE】
OPIE ORTIZ (Long Beach Dub All Stars)
A.O.W
FIGHT IT OUT
THE HEAVYMANNERS
HAKAIHAYABUSA
MASA&ブラボー小松
MINOR LEAGUE
QuO
RED BACTERIA VACUUM
センカヲス
スラングブギー
wash?
【VJ】
La cosmos

~UNICE~
【PAINTER】
SHOHEI TAKASAKI
Yoshi47
Tadaomi Shibuya
NANOOK
Kentaro Okawara
【TATTOO】
OT
【DJ】
メメ
kakuei
wac
TERUBI

~SALOON~
【LIVE】
LAGO
十三画
【DJ】
KO UMEHARA
DUBINCH
ワニータ
4号棟
asaka-jamming meet 3-code
【LIGHTING】
dbqp
【DECORATION】
〼(rusow×▲▲13▲)
and more…

INFO:代官山UNIT
03-5459-8630

NOWHERE WORLD


NOWHERE WORLDNOWHERE WORLD

NOWHERE WORLD
2012年10月21日(日)
@ 代官山 UNIT・UNICE・SALOON
三会場同時開催!!

OPEN/START 13:30
adv/door 3200yen/3700yen(D別)
一般発売:9/1(土)
Pコード:180-372
Lコード:71279

~UNIT~
【LIVE】
OPIE ORTIZ (Long Beach Dub All Stars)
A.O.W
FIGHT IT OUT
THE HEAVYMANNERS
HAKAIHAYABUSA
MASA&ブラボー小松
MINOR LEAGUE
QuO
RED BACTERIA VACUUM
センカヲス
スラングブギー
wash?
【VJ】
La cosmos

~UNICE~
【PAINTER】
SHOHEI TAKASAKI
Yoshi47
Tadaomi Shibuya
NANOOK
Kentaro Okawara
【TATTOO】
OT
【DJ】
メメ
kakuei
wac
TERUBI

~SALOON~
【LIVE】
LAGO
十三画
【DJ】
KO UMEHARA
DUBINCH
ワニータ
4号棟
asaka-jamming meet 3-code
【LIGHTING】
dbqp
【DECORATION】
〼(rusow×▲▲13▲)
and more…

INFO:代官山UNIT
03-5459-8630


NOWHERE WORLD Official Website
http://nowhereworld.jp/

Facebook
http://www.facebook.com/NowhereWorld

Twitter
https://twitter.com/nowhereworld1

Spinna B-ILL & HOME GROWN – コラボレーション・アルバム『ミテルヨ』Release
熊井吾郎 – インストアルバム『Runnin’』配信リリース
THE ALEXX『BEATWAVE (Takkyu Ishino Remix)』配信リリース & MV公開
fox capture plan – New Album『Curtain Call feat.Yosh (Survive Said The Prophet)』Release
般若 – New Single『INTRO』Release & MV公開

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン
A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン