CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

SKULL SKATES

SKULL SKATES(スカルスケーツ)

ブランドの設立は1978年。カナダ サスカチュワン
P.D.(ピーター・デュッカマン)がまだ10代前半の時に設立した。

設立時のロゴは今のロゴと違いイン・アンド・ヤンのマークをモチーフにした‘G.N.C.‘グレートノースカントリーというブランド名でした。

現在のロゴの基本はその頃10分ほどでカットしたデッキテープのグラフィックが原型となり以後おなじみのこのスカルスケーツのロゴに!
ちなみに袖にロゴが連打で入っているデザインのオリジナルはSKULL SKATESが最初に施したデザインである。

80年代に入り、実兄で有名なコメディアンでもあるリックと共にカナダからL.A.にも販売網を拡大。
ファクトリーなどもL.A.に移し、ショップもオープンした。

当時のスラッシュ系のスケートブームも手伝い、瞬く間に世界中で有名なハードコア スケートブランドの1つに。
当時のライダーは今では他スケートブランドのオーナー、レジェンドスケーターなどの有名な人物がずらりと名を連ねている。(HOSOI、STEVE OLSON、DAVID HACKETT、DUANE PETERS、SWANK など,,,)


またバンドとのコラボデッキも多数リリース。
(Gang Green, Wasted Youth, the Vandals, Social Distortion、Red Hot Chili Peppers など)

当時のスケートロックなるジャンルにもしっかりマッチし映画等にも多数出演、提供。
(THRASHIN、MAX HEAD ROOM など)
ハードコアスケートブランド地位を確立する。

90年代に入り、ニュースクールブームと共に ランプ、ボール、プールなどからストリートスタイルに流行は移り、その時期と同じくして大きくなり過ぎた会社を初期の様に戻す為、ロスを撤退し 再度カナダに戻り少量体制にして以後現在の様な形に至る。

80年代~90年代には恵まれたローカルの山でのテストを繰り返し行い、他の何処よりもこだわったボードをリリース。(2000年を最後にリリースはしておりません)

近年はスキムボードやクルーザーバイクなど新しいジャンルにも積極的に参入。

すでにSKULL SKATES に影響を受けてブランドを設立した会社も数しれず。

立ち上がっては消えていくブランドの中でもSKULL SKATESは これからも 時代、流行に左右されずに延々と残っていきます、、

関連リンク

SKULL SKATES JAPAN web site
SHOPPING SITE



“>noimage



A-Files click here≫

A-Files click here≫