CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
L…Deep Open Air インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
L…Deep Open Air
西丹沢 大滝キャンプ場を舞台に5年目の開催を迎える神奈川・湘南発、野外パーティー...


【INTERVIEW】
Mr Wim インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Mr Wim
どこかネジがぶっ飛んでいて、それでいてどこか可愛らしさも感じられ。でもやっぱりちょっと変態...


【INTERVIEW】
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc)
南アフリカのカウントダウンフェスティバル「Rezonance Festival」やハンガリーで開催されている世界最高峰トランスフェス「OZORA Festival」に出演...


【INTERVIEW】
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay)
同じ瞬間は二度とないという意味での一過性、不定期でありながら永続的に先を見据える成長曲線。90年代後期、都内をはじめ、各地で数々のパーティーを繰り広げてきた...


【INTERVIEWT】
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT)
災害支援とアクティブマインドという共通項。起こった悲劇を受け止めながらも楽しむ姿勢と、もたらす出会いをパワーに変え先導する牽引者...


【INTERVIEW】
LafLife インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LafLife
DAN、OOgによる2MCラップクルー「LafLife」が、『Sons of the Sun & nomad 7 Inch Remixes』を...


【INTERVIEW】
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB] 『20YEARS, PASSION & RAIN』(LIVE DVD) リリースインタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB]
特別な日、長い年月の中でそう言える日はどれだけあるだろうか? 2017年10月29日、日比谷野音で行われたTHA BLUE HERB 結成20周年ワンマンライブ...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


FUNERAL FOR A FRIEND – New Album 『CHAPTER & VERSE』 Release

FUNERAL FOR A FRIEND - New Album 『CHAPTER & VERSE』 Release

Profile of |FUNERAL FOR A FRIEND|

スクリーモ/ポスト・ハードコアの雛型を作り上げたオリジネイター、FUNERAL FOR A FRIENDの新作が登場!
前作の路線を引き継ぎつつ、原点回帰も垣間見える、激しさと美しさを体現した進化作!!

2002年にイギリスのウェールズで結成。2003年にデビューし、THE USEDやFINCH、STORY OF THE YEARといったアメリカのバンドたちとともに「スクリーム×エモーショナルなメロディ」という、2000年代のラウドロックの一大ムーブメントのひとつとなったスクリーモ/ポスト・ハードコアのサウンドの雛形にして完成形を提示する。UKのバンドらしい憂いのあるメロディとともに独自性を確立し、後進に多大な影響を与えるバンドのひとつに。6枚の作品とともにメンバーチェンジや音楽性の変化を辿りつつも、ここ日本でも高い人気を誇り、イベントや単独ツアー等にて、これまで9回の来日公演を経験。

GrindHouse recordingsへの移籍作となった前作『CONDUIT』(2013年)では、疾走感のあるメタリックなサウンドを強調し、よりヘヴィでハードコアな側面を見せた。リリース直前にはプレミアム公演「good evening with…FUNERAL FOR A FRIEND」を渋谷CLUB QUATTROにて開催。500人以上の観客が詰めかけた。また当日の会場限定にて、『CONDUIT』を先行販売。トータルで300枚近い枚数をその場で売り
上げた。また終演後にはサイン会も実施。渋谷CLUB QUATTROの入ったビルの1Fまで、ファンが行列を成したほど。日本でのファンベースを、より強固かつ暖かなものとした。

その『CONDUIT』からジャスト2年。再びGrindHouse recordingsからリリースされる新作が『CHAPTER & VERSE』だ。基本的には『CONDUIT』の路線を引き継いだ、激しいサウンドのなかでメロディが光る作風だが、前作ほどシリアスすぎず、ときにポップな面を見せることも。また『CONDUIT』ではなかった、ミドルテンポのメロディアスなナンバーも収録。まさにバンドの初期の要素を復活させつつ、新たな領域へとリーチした快作だ!


FUNERAL FOR A FRIEND - New Album 『CHAPTER & VERSE』 Release

FUNERAL FOR A FRIEND
『CHAPTER & VERSE』
2015.1.21 Release

01 Stand By Me For The Millionth Time
02 You’ve Got A Bad Case Of The Religions
03 Pencil Pusher
04 You Should Be Ashamed Of Yourself
05 1%
06 After All These Years… Like A Lightbulb Going Off In My Head
07 Modern Excuse Of A Man
08 Inequality
09 Brother
10 Donny
11 The Jade Tree Years Were My Best
12 Rookie (cover of Boy Sets Fire)※日本盤ボーナストラック
(ボーナストラックは、Refusedと並び、現在のUSポスト・コア・シーンに絶大な影響を与えた元祖スクリーモ・バンド=Boy Sets Fireのカバー。)

GHRCD-1017 / ¥2,300+tax

FUNERAL FOR A FRIEND Official Website
http://funeralforafriend.com/


Posted in ALL ENTRY, FUNERAL FOR A FRIEND, RECOMMEND |