CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
THE CHERRY COKE$ (KATSUO、LF) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
THE CHERRY COKE$ (KATSUO、LF)
結成18年という長い年月の中、数々のメンバーチェンジを繰り返しながらも着実に夢を掴みに行く姿勢を見せ続けるTHE CHERRY COKE$が遂にカリブ海への航海へ出た...


【INTERVIEW】
DÉ DÉ MOUSE インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
DÉ DÉ MOUSE
6枚目のフルアルバム『dream you up』をリリースしたDÉ DÉ MOUSE。時代を先取り続けてきたその先にたどり着いた深化...


【INTERVIEW】
LESS THAN JAKE(Roger、Buddy)× KEMURI(伊藤ふみお)インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LESS THAN JAKE(Roger、Buddy)× KEMURI(伊藤ふみお)
これまで幾度となく共演を重ねてきた日米を代表するスカパンクバンド、LESS THAN JAKEとKEMURI...


【INTERVIEW】
Sakiko Osawa「Chronic」リリースインタビュー ~道玄坂の繋がりと流れから~ / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Sakiko Osawa
CD HATAを中心にレーベルオーナーであるヴィーナス・カワムラユキ、そしてvoice参加している芸術家アイドルユニット ナマコプリの二人と共に...


【INTERVIEW】
Ziv Lahat (Painter, Illustrator etc) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Ziv Lahat
イスラエル出身/在住。スケートやサーフシーンからホットロッドなどのバイクシーン、更には独自に日本文化を学び、オリジナルな色彩センスとアートスタイルを絵に落とし込む...


【INTERVIEW】
FLYOVER – AKIRA & O.R. インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
FLYOVER – AKIRA & O.R.
FLYOVER AKIRA、常に描き続け、進み続ける視線が見据えるものは…。そして、一昨年ベルリンに渡ったO.R.が遂に1st EPを完成させた...


【INTERVIEW】
亮弦-Ryogen- インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
亮弦-Ryogen-
ギター1本。彼が鳴らす音はその場の空間を埋め尽くす。例えそこが小さなライブハウスだろうと、野外のパノラマ大自然の中であろうと...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


FUNERAL FOR A FRIEND (2013.01.15) at Shibuya CLUB QUATTRO LIVE REPORT

FUNERAL FOR A FRIEND (2013.01.15) at Shibuya CLUB QUATTRO LIVE REPORT

Profile of |FUNERAL FOR A FRIEND|


FUNERAL FOR A FRIEND (2013.01.15) at Shibuya CLUB QUATTRO LIVE REPORT

FUNERAL FOR A FRIENDがメンバーチェンジ、レーベル移籍といった紆余曲折を乗り越え、NEWアルバム『CONDUIT』をリリース。
“good evening with… FUNERAL FOR A FRIEND”と題した1日限りのプレミアムな来日公演が実現した。

思い起こせば2002年ウェールズで結成以来、あっという間に頭角を現し常にスクリーモシーンの中枢を担ってきた。THE USEDやMy Chemical Romanceといったバンドほどのメガヒットは無いまでも、デビューから常に世界水準で活動を繰り広げ、コンスタントにリリースやツアーを重ね、ここ日本でもリリースのたびに必ず来日し、Extreme The DojoやTaste Of Chaosといったイベントにも登場するなど着実にその存在感、知名度を高めてきたように思う。

この日はメンバーチェンジや新曲が増えた事もあり試し試し感は若干あったけど相変わらずラウドでハードな音と共にシャープな激しさと肩に力の入り過ぎないナチュラルな緩急は際立っていた。初期の楽曲と新曲を織り交ぜてのセットリストながらオーディエンスは確実に盛り上がるポイントを掴み、シンガロングやサークルピットなどが沸き起こっていた姿にこのシーンやバンドの根底からのファンが日本にも多くいる事を改めて実感した。

常にライブを意識して楽曲製作しているスタンスが伺えるような安定感の中、ダイナミックかつスムーズに展開していく。総称でいうとこのスクリーモという言葉で表現されてしまう事が多いのだが疾走感あるファストチューンから叙情的で美しいメロディ、切れ味鋭いリフといったメタリックな要素など振り幅の広さも魅力的であった。

バンドとしてはこれまで培ってきたものと新たな流れを模索するかのようにライブを重ねている時期なのかも知れないが、これからNEWアルバム『CONDUIT』を引き下げてこのメンバーでツアーを重ねてきたらもの凄い変貌を遂げるのではないかと妄想が膨らむ。
すでに充分な知名度と経験値を持っているだけにここからさらに進化していくであろう予感めいたものが楽しみでしょうがない。ヨーロッパを中心とした本格的ツアーを経て、恐らく今年は各地のフェスティバルにも多く名を連ねると思う。
是非、ツアーを周り熟成した段階での再来日が実現する事を切に願う。

-セットリスト-
01. RED IS THE NEW BLACK
02. RECOVERY
03. THE DISTANCE
04. SHE DROVE ME TO DAYTIME TELEVISION
05. ROSES FOR THE RED
06. TRAVELLED
07. CONDUIT
08. YOU WANT ROMANCE?
09. THE END OF NOTHING
10. GREY
11. DAMNED IF YOU DO, DEAD IF YOU DON’T
12. HIGH CASTLES
13. BROKEN FOUNDATION
14. ALVAREZ
-ENCORE-
01. JUNEAU
02. HISTORY



text by KISHIMOTO
photo by Masanori Naruse

Posted in ALL ENTRY, FUNERAL FOR A FRIEND, REPORT |