CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
L…Deep Open Air インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
L…Deep Open Air
西丹沢 大滝キャンプ場を舞台に5年目の開催を迎える神奈川・湘南発、野外パーティー...


【INTERVIEW】
Mr Wim インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Mr Wim
どこかネジがぶっ飛んでいて、それでいてどこか可愛らしさも感じられ。でもやっぱりちょっと変態...


【INTERVIEW】
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc)
南アフリカのカウントダウンフェスティバル「Rezonance Festival」やハンガリーで開催されている世界最高峰トランスフェス「OZORA Festival」に出演...


【INTERVIEW】
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay)
同じ瞬間は二度とないという意味での一過性、不定期でありながら永続的に先を見据える成長曲線。90年代後期、都内をはじめ、各地で数々のパーティーを繰り広げてきた...


【INTERVIEWT】
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT)
災害支援とアクティブマインドという共通項。起こった悲劇を受け止めながらも楽しむ姿勢と、もたらす出会いをパワーに変え先導する牽引者...


【INTERVIEW】
LafLife インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LafLife
DAN、OOgによる2MCラップクルー「LafLife」が、『Sons of the Sun & nomad 7 Inch Remixes』を...


【INTERVIEW】
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB] 『20YEARS, PASSION & RAIN』(LIVE DVD) リリースインタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB]
特別な日、長い年月の中でそう言える日はどれだけあるだろうか? 2017年10月29日、日比谷野音で行われたTHA BLUE HERB 結成20周年ワンマンライブ...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


FUJI ROCK FESTIVAL ’11 -初日-(7/29) REPORT

FUJI ROCK FESTIVAL ’11 REPORT
初日(7/29)≫ 2日目(7/30)3日目(7/31)


FUJI ROCK FESTIVAL ’11

Profile of |FUJI ROCK FESTIVAL|

フジロック・フェスティバル11、個別のライブレポートは別でさせて頂くとして、ここでは日記的なレポートをざっとお届けします!

7/29、天気『雨』、予報どおり雨、完全に雨、見事なまでの雨でした。

越後湯沢より先の在来線はストップし、同じ新潟県では避難勧告までも出された地域があるほどに荒れた天候。
しかし苗場の雨は時折強く降る時はあるものの例年どおりフジロックの雨といった感じ。

歴史とともにフェスに慣れ親しんできたフジロッカーズさんたちにはお手の物といった雰囲気で多くの者がさっそうと雨具を着込み、長靴を履いてワイヤワイヤと苗場に集結したのでした。

僕自身も一応事前に雨具と長靴と大きいゴミ袋数枚を用意して臨んだので会場についてからの雨でのストレスはそれほど感じずにフジロックを満喫させて頂きました。 といっても野外で雨の中でのライブ撮影はいささか気を使う感じではあったのですが・・・。

午前中はぷらっと歩きまわり、GREEN STAGEのDAD MOM GODやWHITE STAGEでソウル・フラワー・ユニオンなんかを観ながらフジロックの始まりをかみ締めていました。 いきなりRED MARQUEEのテントの中に行っちゃうと本来、雨が大嫌いな僕は微動だにしなくなりそうだったので、この日はとにかく歩くことに務めました。実際この日の夜、宿泊する宿に帰ってから体重を計ったら2キロも痩せていた!
メタボにお困りの諸君、フェス・ダイエットお勧めです! といってもフジロックは酒とご飯が美味しいから食べ過ぎちゃって太っちゃう人もきっと大勢いるんだけどネ!?

FUJI ROCK FESTIVAL ’11
FUJI ROCK FESTIVAL ’11
FUJI ROCK FESTIVAL ’11

さて、14:00からはGREEN STAGEでKAISER CHIEFSのライブ!
このKAISER CHIEFSをはじめ今回いくつかのアーティストのライブを柵前で写真の撮影をさせて頂きました。

14:40にKAISER CHIEFSのライブが終わり次は15:30からFIELD OF HEAVENでのSHERBETSへ。
ボードウォークを使わずにAVALONを抜けて行く道を選択。
ちょっとした渋滞の中、ココで一番やってはならないアクシデントが発生!

AVALONを横目に曲がったちょうどその時、て、て、て、転倒ぉぉぉぉぉ。
かるく、軽くだけどね(笑)
でも目の前を歩いていた女の子にピチャって水溜りの水が跳ねちゃった・・・。
もはや『すいません』としか言えなかった僕。『大丈夫です!』って言ってくれた彼女に救われ、もっと慎重に歩く事を決意したのであった。

FUJI ROCK FESTIVAL ’11 / KAISER CHIEFS
FUJI ROCK FESTIVAL ’11
FUJI ROCK FESTIVAL ’11

その他にもJIMMY EAT WORLD、LEE SCRATCH PERRY with MAD PROFESSOR、CSSなんかのライブを見たのだが、先にも述べたようにこの日はとにかく歩いた。歩きまわりました! ちょっと薄暗くなってからのオレンジコートの方なんかも良い雰囲気でしたね。

FUJI ROCK FESTIVAL ’11 / SHERBETS
FUJI ROCK FESTIVAL ’11 / JIMMY EAT WORLD
FUJI ROCK FESTIVAL ’11 / CSS

なんか長靴で沼地を歩いたりするのってちょっと楽しいしアスファルトを歩くより疲れない気がするんだよね。
ちょっと足裏疲れたらその辺の石を青竹ふみ感覚で踏んどけばすぐに復活ですよ! まあそんな話はどうでもイイか・・・。 
ボードウォークも良さげな雰囲気で時折、誰ぞやが描いたメッセージや茂みの奥に見えるスクリーンにドキッとしたりなんかもして。

周りを見渡すと結構みんな雨の中でも座って仮眠とったりしていて逞しいですね。 山の中でこの天気でしょ。「寝るな、寝ると死ぬゾ」って気もするけど、みんながいる安心感と音楽が持つ心地良さでついウトウトしちゃいますよね。

FUJI ROCK FESTIVAL ’11
FUJI ROCK FESTIVAL ’11
FUJI ROCK FESTIVAL ’11
FUJI ROCK FESTIVAL ’11
FUJI ROCK FESTIVAL ’11
FUJI ROCK FESTIVAL ’11
FUJI ROCK FESTIVAL ’11

結局この日は終日雨でした。雨具、長靴で装備万全ではあったもののLEE SCRATCH PERRY with MAD PROFESSORのライブ終わりくらいからの雨は特にヤバかった。まさに豪雨。。。
その中でARCTIC MONKEYSのライブへ向かう人の流れは果てしなく長く、その後の雨の中でのCSSのライブも幻想的だった。

後は各所でRCサクセションの曲を中心にミスターフジロック、忌野清志郎の歌声や今年はエイミー・ワインハウスの曲がよく流れていたように記憶している。

さてこの日のヘッドライナーは、
GREEN STAGEはグラミー賞アーティストの『COLDPLAY』、WHITE STAGEではTHE CLASHのギタリスト、ミック・ジョーンズ率いる伝説的レジェンド『BIG AUDIO DYNAMITE』

FUJI ROCK FESTIVAL ’11 / ARCTIC MONKEYS
FUJI ROCK FESTIVAL ’11 / COLDPLAY
FUJI ROCK FESTIVAL ’11 / BIG AUDIO DYNAMITE

しかし僕が足を運んだ先はそこからわずか数百メートル先の100%ピュアエネルギーの小さなGypsy AVALONステージ。
光風&GREEN MASSIVEとEL SKUNK DI YAWDIEのカップリングライブ。本当は途中からBIG AUDIO DYNAMITEへ行く予定だったけど、結局最後までGypsy AVALONにいてしまった。
それ程良いライブだったという事さ!

Gypsy AVALONという小さなステージで感じた人間味が僕自身のエネルギーとなり帰りのシャトルバスに乗るための行列にも平然と立ち向かっていけたのであった。

FUJI ROCK FESTIVAL ’11
FUJI ROCK FESTIVAL ’11
FUJI ROCK FESTIVAL ’11
FUJI ROCK FESTIVAL ’11 / EL SKUNK DI YAWDIE
FUJI ROCK FESTIVAL ’11 / 光風&GREEN MASSIVE
FUJI ROCK FESTIVAL ’11

つづく

Report by KISHIMOTO

FUJI ROCK FESTIVAL ’11 REPORT
初日(7/29)≫ 2日目(7/30)3日目(7/31)


Posted in ALL ENTRY, EVENT, FUJI ROCK FESTIVAL, REPORT |