CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
THE CHERRY COKE$ (KATSUO、LF) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
THE CHERRY COKE$ (KATSUO、LF)
結成18年という長い年月の中、数々のメンバーチェンジを繰り返しながらも着実に夢を掴みに行く姿勢を見せ続けるTHE CHERRY COKE$が遂にカリブ海への航海へ出た...


【INTERVIEW】
DÉ DÉ MOUSE インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
DÉ DÉ MOUSE
6枚目のフルアルバム『dream you up』をリリースしたDÉ DÉ MOUSE。時代を先取り続けてきたその先にたどり着いた深化...


【INTERVIEW】
LESS THAN JAKE(Roger、Buddy)× KEMURI(伊藤ふみお)インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LESS THAN JAKE(Roger、Buddy)× KEMURI(伊藤ふみお)
これまで幾度となく共演を重ねてきた日米を代表するスカパンクバンド、LESS THAN JAKEとKEMURI...


【INTERVIEW】
Sakiko Osawa「Chronic」リリースインタビュー ~道玄坂の繋がりと流れから~ / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Sakiko Osawa
CD HATAを中心にレーベルオーナーであるヴィーナス・カワムラユキ、そしてvoice参加している芸術家アイドルユニット ナマコプリの二人と共に...


【INTERVIEW】
Ziv Lahat (Painter, Illustrator etc) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Ziv Lahat
イスラエル出身/在住。スケートやサーフシーンからホットロッドなどのバイクシーン、更には独自に日本文化を学び、オリジナルな色彩センスとアートスタイルを絵に落とし込む...


【INTERVIEW】
FLYOVER – AKIRA & O.R. インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
FLYOVER – AKIRA & O.R.
FLYOVER AKIRA、常に描き続け、進み続ける視線が見据えるものは…。そして、一昨年ベルリンに渡ったO.R.が遂に1st EPを完成させた...


【INTERVIEW】
亮弦-Ryogen- インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
亮弦-Ryogen-
ギター1本。彼が鳴らす音はその場の空間を埋め尽くす。例えそこが小さなライブハウスだろうと、野外のパノラマ大自然の中であろうと...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


FUJI ROCK FESTIVAL ’13 ~出演アーティスト第4弾~

KARL HYDE浅井健一 & Bad Teacher Kill Club

Profile of |FUJI ROCK FESTIVAL|

昨年はロンドン・オリンピックが開催され、それを祝福するかのごとくフジロックのラインナップにもたくさんのイギリスのアーティストが名を連ねましたが、そのロンドン・オリンピックの開会式で音楽監督を務め話題になったカール・ハイド。つい先週末には「SonarSound Tokyo」のヘッドライナーとして、ソロ名義初のパフォーマンスを行い、昨日ソロデビューアルバム『エッジランド』がリリースされたばかりですが、早くも苗場帰還決定!アンダーワールドはフジロックでも数々の伝説のステージがありますが、今年新たな1ページを刻んでくれることでしょう。

そして、ボーイズ・ノイズが遂にライブでフジロックに挑みます! 2メートル以上のスカルにLED を背負ってのライブはまさに圧巻のひとこと。見逃せません。また、UKポスト・ダブステップ・ムーブメントの新星、ダークスターをはじめ、ジョン・コルトレーンの遺伝子を受け継ぐデヴィッド・マレイがメイシー・グレイをフューチャーして登場、USネオ・シューゲイズ・シーンから飛び出したダイヴ、世界中から賞賛される非凡なターンテーブル・スキル&ハイエナジー・パフォーマンスで LAビート・シーンの狂人とうたわれるザ・ガスランプ・キラー、本国アメリカのみならずヨーロッパでも大注目のガールズ・トリオ、ハイム、シカゴを拠点にトータスと共に、いわゆるポストロック/音響系というシーンを開拓してきたザ・シー・アンド・ケイクが意外にも苗場初参戦、ジョー・ストラマーが惚れ込んだCUMBIAバンド、ベリー・ビー・ケアフル、という今回も幅のある海外勢は9組が決定。

国内からも続々決まっています。来年結成30周年、初の日本武道館公演を控え乗りにノっている怒髪天、もはや常連のひとり、浅井健一がスカパラのメンバーらと組んだ新バンド、バッド・ティーチャー・キル・クラブと共に登場、独自のジャパニーズSKAを追求するドーベルマン、日本が誇るブルースマン近藤房之介、斎藤和義×中村達也の超強力タッグ、マニッシュ・ボーイズ、昨年の電気グルーブ @ Red Marquee は最高動員記録を樹立、こちらも常連、日本のテクノ・イノヴェーターDJ石野卓球、そして愛知は豊田が誇る爆音オーケストラ集団タートル・アイランドと、心地よく騒がせてくれそうな7組が決定しました。

FUJI ROCK FESTIVAL ’13
2013年 7月26日(金)27日(土)28日(日)

新潟県 湯沢町 苗場スキー場
9:00開場 11:00開演 23:00終演予定

3日通し券
¥34,800 (期間限定早い割引チケット)
¥39,800 (先行特別価格)
¥42,800 (通常価格)

1日券
¥16,800 (先行特別価格)
¥17,800 (通常価格)
※JR越後湯沢駅から会場までの無料往復シャトルバスがご利用になれます。
※小学生以下は保護者の同伴に限り入場無料となります。

駐車券
¥3,000(1日1台/2名様より受付)
※駐車券のみの受付はできません 入場券と併せて購入してください。

キャンプサイト券
¥3,000(1名様 / 開催期間中有効)
※キャンプサイト券のみの受付はできません 入場券と併せて購入してください。

ムーンキャラバン・チケット
オートキャンプ施設「MOON CARAVAN」をご利用頂ける専用のチケット
専用駐車券¥12,000(1台)+専用キャンプサイト券¥3,000(1名様)+ 3日通し券¥39,800(1名様・先行期間特別価格)
※2名様より受付になります。
※専用の駐車券と専用のキャンプサイト券に入場券を併せたセット販売で単体での取り扱いはございません。

出演アーティスト第4弾発表!

KARL HYDE

浅井健一 & Bad Teacher Kill Club
BOYS NOIZE(LIVE)
DARKSTAR
DAVID MURRAY BIG BAND Featuring MACY GRAY
DIIV
DOBERMAN
怒髪天
THE GASLAMP KILLER
HAIM
近藤房之介 & THE 1968 BAND
MANNISH BOYS
THE SEA AND CAKE
TAKKYU ISHINO
TURTLE ISLAND
VERY BE CAREFUL

【第三弾発表】
http://a-files.jp/fujirockfestival13-3.html
【第二弾発表】
http://a-files.jp/fujirockfestival13-2.html
【第一弾発表】
http://a-files.jp/fujirockfestival13.html

…and more artists to be announced
・アルファベット順
・全69アーティスト(2013/4/11現在)


Posted in ALL ENTRY, EVENT, EVENT INFO, FUJI ROCK FESTIVAL, RECOMMEND |