CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
L…Deep Open Air インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
L…Deep Open Air
西丹沢 大滝キャンプ場を舞台に5年目の開催を迎える神奈川・湘南発、野外パーティー...


【INTERVIEW】
Mr Wim インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Mr Wim
どこかネジがぶっ飛んでいて、それでいてどこか可愛らしさも感じられ。でもやっぱりちょっと変態...


【INTERVIEW】
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc)
南アフリカのカウントダウンフェスティバル「Rezonance Festival」やハンガリーで開催されている世界最高峰トランスフェス「OZORA Festival」に出演...


【INTERVIEW】
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay)
同じ瞬間は二度とないという意味での一過性、不定期でありながら永続的に先を見据える成長曲線。90年代後期、都内をはじめ、各地で数々のパーティーを繰り広げてきた...


【INTERVIEWT】
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT)
災害支援とアクティブマインドという共通項。起こった悲劇を受け止めながらも楽しむ姿勢と、もたらす出会いをパワーに変え先導する牽引者...


【INTERVIEW】
LafLife インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LafLife
DAN、OOgによる2MCラップクルー「LafLife」が、『Sons of the Sun & nomad 7 Inch Remixes』を...


【INTERVIEW】
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB] 『20YEARS, PASSION & RAIN』(LIVE DVD) リリースインタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB]
特別な日、長い年月の中でそう言える日はどれだけあるだろうか? 2017年10月29日、日比谷野音で行われたTHA BLUE HERB 結成20周年ワンマンライブ...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


般若『あの頃じゃねえ』MUSIC VIDEO

http://m.youtube.com/watch?&v=GFEqa3DZoxk
※YOUTUBEにリンクしています。パケット利用料などに注意してご覧ください。 ご利用の機種により動画をご欄頂けない場合がございますので予めご了承ください。


Profile of |般若|


最ッ低のMCこと般若のニューアルバム「グランドスラム」からリード曲とも言える”あの頃じゃねえ”のMVを解禁。話題を呼んだ「フリースタイルダンジョン」での焚巻戦の後に一気に書き上げたという本楽曲。
監督はHAVIT ART STUDIO、ビートはBUZZER BEATSのCHIVA。


リリース情報

前作「#バースデー」から約2年ぶり、9枚目のアルバムが完成!

品川ヒロシ監督の「Zアイランド」にて映画初出演、長渕剛10万人オールナイトライブへの参加、今やおなじみとなった「フリースタイルダンジョン」でのラスボスなど、様々な課外活動を通して制作に入った今作。前述の「フリースタイルダンジョン」での焚巻戦の後に一気に書き上げた「あの頃じゃねえ」で自身の半生を語り、真骨頂、お家芸極まれり的な「DA MA RE」「寝言」でニヤリ。そしてR-指定を招いてのまさかのトピックで緻密な掛け合いを繰り広げる「たちがわるい」、「三丁目の夕日」の情景を彷彿とさせる夕暮れチューン「ビビリながら」、ヒップホップとの関係性を、擬人法を用いて憎悪と愛情入り交じり生々しく後味が悪いほどエグく描写した「なにもない」、エモーショナルなクロージングチューン「円」など、曲毎のトピックの着眼点や振れ幅もさることながら、更にマクロに見ていくと、言葉の端々の「切れ味」も見逃せなく、この2つのファクターは紛れもなく「般若が般若たる所以」であり、それを改めて2016年に体現した1枚、といえるだろう。

また、今回のリリース形態は3種類となり、通常の1枚組の他、ミュージックビデオが5本入ったDVD付属の2枚組、インストCD付属の2枚組がラインアップされている。

限定盤①のDVDに収録されるミュージックビデオは、今や飛ぶ鳥を落とす勢いのHAVIT ART STUDIOが手掛ける「あの頃じゃねえ」、過去作「はいしんだ」で、般若とそのギャグセンの同期っぷりを見せた奇才・泰太郎(やすたろう・現在はKODONA VISION名義で活動)による「寝言」を、昭和3MCチューン「GO」でMVデビューを果たし、ZORNの「葛飾ラップソディー」「My life」等を手掛けた新進気鋭の飛沫(しぶき)が「月の真ん中」を制作、様々なクライアントの様々なオーダーに対応し、かつ独自の作風に落とし込む映像マエストロ=佐々木堅人による「ビビリながら」、そしてアンオフィシャルでYouTubeにアップされていた「タケダ、ラップ辞めるってよ。」のMVを観た般若が、そのセンスにシンパシーを感じ「正式に頼みたい」と、あらゆる手段を使用してコンタクトを探り、ようやく取り付けた末のオファーに対して「本当に申し訳ありませんでした、でも今回の話は寝耳に水・・・」と言いつつ快諾したという、米食(べいしょく)によるマンガMV「DA MA RE」の5本となっている。
限定盤②のインストCDもマニアにはたまらない仕様。

般若 - New Album 『グランドスラム』 Release

般若
『グランドスラム』
2016.07.06 Release

CD収録曲
01. 我覇者なり [Track by DJ RYOW]
02. 自己紹介 [Track by grooveman Spot]
03. 寝言 [Track by タイプライター]
04. セルフィー [Track by タイプライター]
05. なにもない [Track by bookey]
06. スゲートコ [Track by 理貴]
07. 覚悟完了 [Track by dubby bunny]
08. 月の真ん中 [Track by LUKA THE KISARAGI]
09. あの頃じゃねえ [Track by CHIVA from BUZZER BEATS]
10. 2200年 [Track by CHIVA from BUZZER BEATS]
11. たちがわるい feat. R-指定 [Track by NAOtheLAIZA]
12. DA MA RE [Track by ALI-KICK]
13. 夢を言おう [Track by PENTAXX.B.F]
14. ビビりながら [Track by AKIOBEATS]
15. 円 [Track by ALI-KICK]

完全生産限定盤①
MUSIC VIDEO DVD収録曲
01. 寝言 - Directed by KODONA VISION
02. 月の真ん中 - Directed by 飛沫
03. あの頃じゃねえ - Directed by HAVIT ART STUDIO
04. DA MA RE - Directed by 米食
05. ビビりながら - Directed by 佐々木堅人

完全生産限定盤②
インストCD収録曲
上記アルバムのインストゥルメンタルを収録。

●通常盤●
CAT NO. : SHWR-0042
FORMAT : CD
税抜価格 : 2,800円

●完全生産限定盤①●
CAT NO. : SHWR-0043
FORMAT : CD+DVD(MV収録)
税抜価格 : 3,800円

●完全生産限定盤②●
CAT NO. : SHWR-0044
FORMAT : 2CD(インストCD付属)
税抜価格 : 3,800円

●デジタル・リリース●
6月XX日 ~ iTunes Music Storeほか/ 「あの頃じゃねえ」先行配信開始
7月06日 iTunes Music Storeほか / アルバム配信開始(CDと同日)

LABEL : 昭和レコード


般若

般若 - New Album 『グランドスラム』 Release

96年頃から単独で活動を開始。
04年2月、1st Album『おはよう日本』。
その後、長渕 剛氏のトリビュート盤「Hey ANIKI!」へ参加、
その仕事が認められ「伝説の桜島7万5千人ライブ」に出演。
05年2月、2nd Album『根こそぎ』。
11月には長渕 剛氏の「YAMATO」ツアー@日本武道館の前座を務める。
12月にSingle「オレ達の大和」発売。映画「男たちの大和」のサポート・ソングとなる。
06年2月、3rd Album『内部告発』。
5月、渋谷Duoにて初の単独ライブ「LIVE告発」。
08年7月、4th Album『ドクタートーキョー』発表ともに、 昭和レコードを旗揚げ。
この頃より公式HPにて本邦初の「音声ブログ」を開始、「ブログは般若ウェブサイ~」の名フレーズを生む。
(毎週1回のペースで更新を続けており、2016年4月現在で400回=400週を越えた)
12月大阪なんばHATCHでの「ULTIMATE MC BATTLE 2008決勝大会」に
東京代表として単身乗り込み、激戦を制して優勝。
09年6月、5th Album『HANNYA』。
8月27日、約3年3か月振りの単独ライブを渋谷O-EASTにて開催、
その模様を収めたLIVE DVD『渋谷8.27~Live at Shibuya O-EAST 2009~』を2010年3月に発売。
2010年8月、リキッドルームでのライブ中、SHINGO★西成が昭和レコードに電撃加入の旨をサプライズ発表。
その模様はTwitterほかSNSでリアルタイムにシーンを駆け巡り、BIG BUZZに。
2011年7月、6th Album『BLACK RAIN』をリリース。
従来の作風にはない、抽象的表現や普遍的なテーマを掲げた作品となる。
2012年1月8日 地元・渋谷公会堂でツアーファイナル開催、LIVE DVD「渋谷公会堂 2012.1.8」を6月に発売。
また、2011年、のちに定期デイイベントとなる『昭和レコードTOUR SPECIAL』を新たに立ち上げ。
2013年、更に新たな試みとして、ライブ巧者の若手のみを厳選し、
前面に押し出したイベント『乱 THIS TOWN』を東京と大阪で3月に開催。
(そのコンセプトを受け継ぎ、ZORNがディレクションを務めた第2回目を2016年8月リキッドルームにて開催予定)
6月26日、客演曲を中心にセレクトした、キャリア初となるMIX CD『般若万歳』をリリース。
ライブDJを務めるDJ FUMIRATCHが選曲・構成・ミックスすべてを手掛ける。
7月17日、7枚目のアルバムとなる『コンサート』をリリース、2014年1月13日 渋谷AXにてワンマンライブを開催。
その場で公表された「昭和レコード第三の男」、ZONE THE DRAKENSS改めZORNの
同年4月16日リリースのアルバム『サードチルドレン』を全体にわたり監修する。
また、その模様を収録したLIVE DVD『コンサート TOUR FINAL』を5月14日にリリース。
7月23日には8枚目のアルバム『#バースデー』発表後、9月15日 日比谷野外音楽堂ワンマンを敢行。
2015年5月、品川ヒロシ監督「Zアイランド」にて銀幕デビュー。レゲエ好きの漁師・作田を演じ、
5月20日発売のシングル「ドッグラン」のカップリングに、その名も「作田」というキャラ設定そのままの曲を収録。
8月22日、長渕剛10万人オールナイト・ライヴ in 富士山麓に出演。
9月より、テレビ朝日系「フリースタイルダンジョン」でラスボス。ACE演じる「山下新治」のキャラは般若の創作。
そして2016年7月、9枚目のアルバム「グランドスラム」をリリース。

般若 Official Website

http://www.hannya.jp/


Posted in ALL ENTRY, MOVIE, RECOMMEND, 般若 |