CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
L…Deep Open Air インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
L…Deep Open Air
西丹沢 大滝キャンプ場を舞台に5年目の開催を迎える神奈川・湘南発、野外パーティー...


【INTERVIEW】
Mr Wim インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Mr Wim
どこかネジがぶっ飛んでいて、それでいてどこか可愛らしさも感じられ。でもやっぱりちょっと変態...


【INTERVIEW】
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc)
南アフリカのカウントダウンフェスティバル「Rezonance Festival」やハンガリーで開催されている世界最高峰トランスフェス「OZORA Festival」に出演...


【INTERVIEW】
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay)
同じ瞬間は二度とないという意味での一過性、不定期でありながら永続的に先を見据える成長曲線。90年代後期、都内をはじめ、各地で数々のパーティーを繰り広げてきた...


【INTERVIEWT】
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT)
災害支援とアクティブマインドという共通項。起こった悲劇を受け止めながらも楽しむ姿勢と、もたらす出会いをパワーに変え先導する牽引者...


【INTERVIEW】
LafLife インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LafLife
DAN、OOgによる2MCラップクルー「LafLife」が、『Sons of the Sun & nomad 7 Inch Remixes』を...


【INTERVIEW】
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB] 『20YEARS, PASSION & RAIN』(LIVE DVD) リリースインタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB]
特別な日、長い年月の中でそう言える日はどれだけあるだろうか? 2017年10月29日、日比谷野音で行われたTHA BLUE HERB 結成20周年ワンマンライブ...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


IGARI (guitar,vocal) from HEY-SMITH MINORITY ISSUE

 IGARI(guitar,vocal) from HEY-SMITH
先日、アルバム発売ツアーを60本以上成し遂げ、ファイナルのクアトロ公演を大成功に収めた”HEY-SMITH”からギターボーカルの”IGARI”氏がminority issueに登場。ど真ん中を進むかのようなストロングスタイルで、ギターを片手に弦をかき鳴らし仁王立ち。そして目の前のマイクを通して物凄いエネルギーを客席に大爆発させるステージ上とはまた違った彼の表情をお楽しみください!


IGARI(Guitar,vocal) from HEY-SMITH MINORITY ISSUE

PROFILE OF |HEY SMITH|

what’s |MINORITY ISSUE|

IGARI(guitar,vocal) from HEY-SMITH interview

—–まずはバンド結成の事を聞かせて貰えますか?

5年位前ですかね?確か(笑)

—–(笑)それはIGARIちゃんきっかけだったんですか?

そうですね。ベースとサックスは前のバンドも一緒にやってて、そのバンドは解散してしまって、次はスリーピースのバンドをやりたいなーなんて思ってたんですけど。色々な人と会ったりしても今一しっくりこなくて。もう一回やろうぜって言って、ドラムはライブハウスで普通に叩いてたやつで。トランペットも前のバンドでタイバンしてたやつで。結局皆集まってって感じですね。

—–そもそもスカパンクをやろうみたいな感じで集まったんですか?

そうですね。でもスカはあまり皆そこまで詳しくはないんですけどね

—–どちらかと言えばスカって言うよりは管楽器が入ったパンクロックバンド的な感じですよね?

そうですね。ツートーンとかっていうよりは、パンクロックですよね。

—–もちろん踊れるしみたいな。元々やっぱりTHE SUICIDE MACHINESとかLESS THAN JAKEとかそっちノリのスカパンクに影響受けてる感じかな?

そうですね。ツートーンやオーセンティックなスカは好きだけどあまり詳しくはないんですけど、NOFXやSUBLIMEやRANCIDがやるようなスカは好きって感じですね。

—–基本的な音楽をやり始めるきっかけって言うのはなんだったんですか?

きっかけは、元々ドラマーで。小学校の頃から高校の頃までドラムをやっていて。お母さんがなぜか俺が小学校の頃にドラムを習い始めたんですよ(笑)

—–お母さんが?(笑)

はい(笑)急に。その頃X(現X JAPAN)とか観て、何これ?みたいになって。俺も習いに行きたい!ってなったのがきっかけですね。なので、一番最初のきっかけはXじゃないですかね?

—–おー僕と同じですね

多分ですけど。あまり覚えていないんですけどね(笑)あの見た目と速い感じにやられてしまって

—–そこから結構掘り下げていって、最終的にパンク、メタルが好きになってスカパンクバンドを結成っていう流れかな?

そうですね。スカは大好きなんですけど、バンド自体もスカパンクっていう意識はあまりないし、こだわりもないですね。分かりやすいからスカパンクってカテゴリーに入っていますけど、実際対バンもそんなにスカと呼ばれるバンドとやる機会もあまりないですし、むしろメロディックやパンクやニューメタルやハードコアな感じが多いですね。

IGARI(guitar,vocal) from HEY-SMITH MINORITY ISSUE

—–昔は自分がキッズでフロアーで騒いでたわけだけど、今はステージから発信する側じゃない?ああいう風に皆で踊ったりしてるの見てどういう感覚?

実際はあまりフロアーで皆がどんな事してるかって見えてないです(笑)
むしろ可愛い子を探してる感じですね!
狙いを定めて、その子にアピールみたいな(笑)

—–お盛んですね(笑)
話は変わりますが、この間、アルバム”FREE YOUR MIND”をリリースしてツアーに行っていたわけですが、どれ位行ってたんですか?

フェスとか合わせたら60本位ですね。スタートが5月の末で、だいたい4カ月位回ってました。

—–4か月で60本って、かなりの数ですよね。 社会復帰出来なくなるような(笑)

(笑)でも凄く楽しかったですね。ツアーは前にも50本以上のツアーとかもあったので対して差はないんですけど、今回のツアーは演奏の持ち時間が前より全然長くて。前は30分位だったんですけど、今回は50分位の演奏時間だったので普通に疲れますね。結構疲れました。(笑)

—–その20分差はやっぱり大きいですよね。やっぱりお客さんの状況も変わった?

お客さんの動員も完全に増えてるんですけど、事前に曲をしっかり予習してライブを楽しんでいる子達が多かった印象ですね。前はとりあえずライブに来てみて、曲を知らない子達を盛り上げる事に必死だったんですけど、今は皆曲を覚えて来てくれてる感じはあります。

—–そうなったらライブも楽しくなりますよね?

曲を知ってて貰えたら、自由に楽しくプレイ出来るので。今はむっちゃ素で出来ますね。以前はとにかくがむしゃらになってた部分はあるんですけど、今はなんか熱い物はもちろん持った上で、素でニュートラルな状態で出来るので楽しいですね。力まないですし

—–ツアーで何か面白い事ありましたか?メンバーの仲は?(笑)

メンバーは基本的に我関せずで、仲が悪いわけでもないですし、特に一緒に遊んだりもしないしって感じで。週5~6回も会ってますから(笑)お互い干渉しない感じですね。打ち上げで話してそのノリでクラブ行くか~みたいなのはありますね。

—–基本的にツアー中は他のバンドの人達とか同世代のバンドの人達と遊んでるでしょ?

基本的にはそうですね。

—–それで、同世代って話になったんですけど、今って色んなジャンルのバンドが凄く交流してる感じがするんですけど、同世代でいうとSiMの様なメタリックなバンドだったりSHANKの様なメロディックだったりNUBOの様なファンキーな感じだったり。しかも世代を超えて上の世代の人達も凄く混ざりはじめてる事に関してはどう思いますか?

そうなんですよね。かなり意識してそうしたいと思ってやってますね。ハードコアの連中とかと話したりしてたら、思った以上に皆一緒にやりたがってたりするバンドが結構多くて、今はいい感じにジャンルと世代が混ざって盛り上がってるんだと思いますね。

—–お客さんもしっかりついてきてるし

もはやカッコいいバンドだったらジャンルはなんでもいい!みたいな感じで

—–凄くあのハイスタンダードやバックドロップボムとかヌンチャクとかがシーンを作った頃の臭いがプンプンしてますよね

それは嬉しいですね。やっぱり影響は受けてるので

—–しかも上下の繋がりと横の繋がりが凄く密接で、その中でHEY-SMITHも中心にいて良い環境ですね

楽しいですね。俺らって基本お酒を飲んで仲良くなってライブがカッコいい人達とやってるだけなので。やっぱり人ありきというか、気持ち良く一緒にライブはしたいですね。

—–メンバーってスケートとか他のカルチャーともリンクしたりしてるんですか?

サックスとベースは結構ちゃんとスケートはやってますね。俺も昔やってたんですけど、今は完全にフェードアウトしてます(笑)

—–やらなくなるよね?(笑)怪我したらアウトだし。。

乗るのも怖い位やってないですね(笑)昔、怪我しましたし、そこから良い感じにフェードアウトしましたね(笑)人が滑ってるの見たりするのは好きで楽しいんですけど。。

—–アメリカのWARPED TOURみたいなのも凄く合ってる感じするしね?

いいですね~。ああいうの大好きです。俺は滑れないですけど(笑)でも、ほんまにやりたいですね。

—–皆、パンクとかああいうカルチャーに影響受けた人達はどこかでまだやりたい!っていうのはありますよね

ですね。俺はやる気ですよ!

—–WARPED TOURとかって服とかとも密接じゃない?今ってアパレルの絡みはあるんですか?

今は、VESTAL WATCHにサポートして貰ったり、Seedlessとコラボしたりって感じですね。アパレルは好きだし興味ありますけど、あまり幅広くっていうよりは、好きなブランドと密接に関わっていきたいですね。

IGARI(guitar,vocal) from HEY-SMITH MINORITY ISSUE

—–さて。アルバムを出したわけですが、HEY-SMITHの事を聞くと思わせつつ、IGARIちゃん自身どんな将来を考えてますか?もちろんHEY-SMITHを含め?

なるほど、そうきましたか(笑)かなり先の話をすれば、スローライフを送りたいんですけど、ここ数年先の話をすれば、俺、結婚したいんですよね(笑)

—–早っ!今幾つ?

26歳です(笑)早いですかね?俺、20歳位の頃からずっと結婚したいんです(笑)結婚してバンドも出来たら最高ですね。それと、音楽は絶対にずっとやっていくとは思うんですけど、HEY-SMITHがどうとかでは無くて、色々なバンドもしてみたいですね。色々な表現をしたいというか。例えばの例えばなんですけど、全く歌わずにギターをムーディーに弾くバンドとか。全く正反対な音楽とかもやってみたいですね!

—–それは楽しみ! 曲はIGARIちゃんが基本書いてるの?

9割はそうですね。これはなんかHEY-SMITHじゃないなみたいな曲も20~30曲位あって。それをいっつも誰かに歌ってくれへんかな~いいねんけどな~これ(笑)っていうのも結構あるんですけど、それを歌ってみたいなとか

—–結構今震災後に電気を使わないっていう事でアコースティックでやってるアーティストも多いので、そういうのもいいんじゃないかな?

なるほど、弾き語りか~(笑)でも悪くないですね。やってみたい気はあります。物凄く興味あります。ちょっと練習しないとですね(笑)

—–NO USE FOR A NAMEのトニーとかもやってるし

あーそうですね。トニーのアコースティックはメチャいいですよね~!痺れちゃいます。

—–では、今度はHEY-SMITHの今後の予定は?

年内は友達のバンドのツアーサポートやって、大阪で12月にHEY-SMITH企画の”HAJIKETEMAZARE FESTIVAL”っていうのをやってって感じです。

—–あれも凄い盛り上がってるんですよね?

前回も1000人位集まってSOLD OUTでした。今回は全部で5か所で開催します。

—–海外とかは?

10月にアメリカ(※)に少しライブしに行きます。LESS THAN JAKEなんかが出るイベントですね。HEY-SMITHはもちろんアメリカとかが合うと思うんですけど、個人的にアメリカに拘らず色んな国でやりたいんですよ。台湾とか中国とか韓国もいいですよね。

(※)このインタビューはアメリカ公演の前に行われました。

—–じゃー来年もまた新しい音源も睨みつつ?

音を作るのは凄く楽しいんですけど、サイクルが早すぎるのも(笑)今まではミニアルバム一枚と、アルバム二枚出してるんですけど、次出した時はワンマンとかもやってみたいです。

—–期待してます!何か最後にありますか?

女の子を。。。

—–え?(笑)

可愛い女の子いれば。。。

—–求婚?(笑)

女の子と酒しか興味がないので(笑)

—–ある意味ロックですね(笑)

女の子を抱かしてくれと(笑)

—–それ書いちゃって平気なの?(笑)

どうぞどうぞ(笑)

—–(笑)今日はありがとうございました!


使用機材
ヘッドアンプ:DIESEL Herbert
キャビネット:VHT
ギター:ESP MX

HEY SMITH Official Website
http://www.hey-smith.com/

photo by Takumi Nakajima
(Takumi Nakajima Official Website)http://www.taku-ni.com/
Interview by kenichi kono

HEY-SMITH presents “HAJIKETEMAZARE” festival 2011

HEY-SMITH presents “HAJIKETEMAZARE” festival 2011

Profile of |HEY SMITH|

HEY-SMITH presents
“HAJIKETEMAZARE” festival 2011
大阪 12/11(日)  OPEN 12:00 / START 13:00
5会場共通前売:¥3,800(D別)

会場:BIG CAT/FAN-J TWICE/DROP/KING COBRA/PANGEA
リストバンド交換場所:BIG CAT リストバンド交換開始:11:00~
(問)SMASH WEST 06-6535-5569

ぴあ(P:151-287)、ローソン (L:59858)、 e+(pre:9/27-10/2)

HEY-SMTH
at Anytime
Babysmoker
coldrain
COUNTRY YARD
CROSSFAITH
EGG BRAIN
HAKAIHAYABUSA
HOTSQUALL
NUBO
SHANK
STOMPIN BIRD
SUNSET BUS
THE TRUST BLAST
waterweed
ALMOND
BASSUI
B-DASH
Boobie Trap
THE BRYAN
ROTTENGRAFFTY
SECRET 7 LINE
S.M.N
TNX
DRADNATS
kamomekamome
MEANING
SpecialThanks
SPREAD
stack44
THE CHERRY COKE$
EDDY
FAT PROP
LOW IQ & ANOTHER BEAT BREAKER
PAN
POP DISASTER
SiM

http://haziketemazare.com/


Posted in ALL ENTRY, HEY SMITH, INTERVIEW, minority issue, VESTAL, 中島たくみ |