CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
L…Deep Open Air インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
L…Deep Open Air
西丹沢 大滝キャンプ場を舞台に5年目の開催を迎える神奈川・湘南発、野外パーティー...


【INTERVIEW】
Mr Wim インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Mr Wim
どこかネジがぶっ飛んでいて、それでいてどこか可愛らしさも感じられ。でもやっぱりちょっと変態...


【INTERVIEW】
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc)
南アフリカのカウントダウンフェスティバル「Rezonance Festival」やハンガリーで開催されている世界最高峰トランスフェス「OZORA Festival」に出演...


【INTERVIEW】
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay)
同じ瞬間は二度とないという意味での一過性、不定期でありながら永続的に先を見据える成長曲線。90年代後期、都内をはじめ、各地で数々のパーティーを繰り広げてきた...


【INTERVIEWT】
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT)
災害支援とアクティブマインドという共通項。起こった悲劇を受け止めながらも楽しむ姿勢と、もたらす出会いをパワーに変え先導する牽引者...


【INTERVIEW】
LafLife インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LafLife
DAN、OOgによる2MCラップクルー「LafLife」が、『Sons of the Sun & nomad 7 Inch Remixes』を...


【INTERVIEW】
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB] 『20YEARS, PASSION & RAIN』(LIVE DVD) リリースインタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB]
特別な日、長い年月の中でそう言える日はどれだけあるだろうか? 2017年10月29日、日比谷野音で行われたTHA BLUE HERB 結成20周年ワンマンライブ...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


絆~kizuna~Vibes Project~ message for IWAKI city ~LIVE REPORT

絆~kizuna~Vibes Project~ message for IWAKI city ~LIVE REPORT

2011/06/18(SAT)
@Shibuya THE GAME

BAND☆※A~Z
CHANGE UP
HAKAIHAYABUSA
SEVEN BEACH DUBTASTE(from いわき)
SIPMOC
STOCKMAN

DJ☆※A~Z
BU$HI(PLEASURExSPACE)
KINGCOBRA(Radio Garage)
LONGBEACH(YxLxBxP)
Low-Cal-Ball CREW(MORICAWA.KenKen.祭林竹彦.uchy77)

MC☆※A~Z
MOJA(LION HEAD)
Nick(Low-Cal-Ball)

PAINT
YAZANE(kuroikiri)


3月11日。我々の目の前に信じられない光景が映し出された。それをテレビで見た者。実際見た者。それぞれだが、誰もが目を疑ったし、誰もが危機感を持った事だと思う。

その時誰もが思った事。

我々に一体何が出来るのだろうか?

素朴な疑問だが、なかなか答えを探す事出来ない上に、行動に起こす事も難しい。そしてたくさんの答えがある中、その一つとなったのがこのイベント。

絆~kizuna~Vibes Project~ message for IWAKI city

いわきという街をキーワードに、いわきにある音楽やストリートカルチャーのシーンを元気付けようという仲間による仲間の為のイベント。

本来あるチャリティーというのが、正直どういう物なのか分からない。正解は無いと思うし、間違いも無いはず。この日だって蓋を開いてみないと誰もが分からなかったはず。

が、しかし。実際チャリティーっていうムードは一切無く、乾杯しお酒を飲み、バンドと一緒に騒いで歌って。本来あるべくライブハウスの姿が戻り、とにかく皆の笑顔が絶えなかったって事。もちろん今日の趣旨は皆分かってる。敢えてそれを声に出さなくてもみんなが今自分達に出来る事を分かっているのだ。

hakaihayabusaのvoのKGが言っていた

今日はPray(祈る) for Japanじゃなくて
Play(遊ぶ) for iwaki。いわきの為に遊んで帰って!

というのが今我々ストリートの人間が出来る最大限の事。音楽を通して遊び、その遊んで飲んだお金がそのまま被災地に送られる。気持ちもポジティブになって元気になって、少しでも支援復興になれば、最高じゃないですか。

実際この日はチャリティーテキーラ(飲めば飲むほど募金として課金される)や、リストバンドの販売。出演者には一切ギャランティーは払われず、当日ゲストもほとんど無し。

みんなが遊びながら募金をし結果的に219,649円という金額が集まった。

このイベントはもっともっとみんなが主催者になって、主催者が100人いてもいいと思う。それだけ活気が出て、それだけ支援復興に少しでも力になるのであれば、やって無意味な事なんて何一つ無いと感じた。

我々に一体何が出来るのだろうか?

答えはたくさんある。
疑問に思う前に行動する。

我々は結束すれば出来ない事はない。行動あるのみ。

Report by kenichi kono


Posted in ALL ENTRY, CHANGE UP, DJ MORICAWA, EVENT, KENKEN, LION HEAD, Low-Cal-Ball, PLEASURExSPACE, RADIO GARAGE, REPORT, seven beach DUBTASTE, STOCKMAN, THE GAME, ハカイハヤブサ, 黒い霧 |