CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
L…Deep Open Air インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
L…Deep Open Air
西丹沢 大滝キャンプ場を舞台に5年目の開催を迎える神奈川・湘南発、野外パーティー...


【INTERVIEW】
Mr Wim インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Mr Wim
どこかネジがぶっ飛んでいて、それでいてどこか可愛らしさも感じられ。でもやっぱりちょっと変態...


【INTERVIEW】
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc)
南アフリカのカウントダウンフェスティバル「Rezonance Festival」やハンガリーで開催されている世界最高峰トランスフェス「OZORA Festival」に出演...


【INTERVIEW】
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay)
同じ瞬間は二度とないという意味での一過性、不定期でありながら永続的に先を見据える成長曲線。90年代後期、都内をはじめ、各地で数々のパーティーを繰り広げてきた...


【INTERVIEWT】
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT)
災害支援とアクティブマインドという共通項。起こった悲劇を受け止めながらも楽しむ姿勢と、もたらす出会いをパワーに変え先導する牽引者...


【INTERVIEW】
LafLife インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LafLife
DAN、OOgによる2MCラップクルー「LafLife」が、『Sons of the Sun & nomad 7 Inch Remixes』を...


【INTERVIEW】
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB] 『20YEARS, PASSION & RAIN』(LIVE DVD) リリースインタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB]
特別な日、長い年月の中でそう言える日はどれだけあるだろうか? 2017年10月29日、日比谷野音で行われたTHA BLUE HERB 結成20周年ワンマンライブ...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


LBとOtowa – 2nd ALBUM 『THE MAD BOMBER』 RELEASE

LBとOtowa - 2nd ALBUM 『 THE MAD BOMBER 』 RELEASE

Profile of |LBとOtowa|


秋葉原×原宿×渋谷が生んだ新型ヒップホップインベーダー

ボンバーマンよろしく、DTM仕込みのハイブリッドなビート爆弾をあっちでドカン、こっちでドカン。
そうしてパワーアップアイテムならぬ、アナタの耳を奪っていっちゃう今度のLBとOtowa。
その爆弾の数々は毒々しいほどカラフル。ついついおびき寄せられてしまう魅惑的な輝きを放っている。

2010年にMySpaceを通じてグループを結成した彼らはSNS時代の申し子。
翌年にフリーダウンロードでアルバム『FRESH BOX(β)』を発表するとモダン×キッチュなセンスが注目され、一躍、新時代のラップシーンの寵児となった。2012年8月には初のフィジカルアルバム『インターネット ラブ』をリリース。
ヒップホップ文化とネット文化とアニメ文化とヤンキー文化をラクラクと横断してみせたこのアルバムは、旧態依然とした日本語ラップに強烈なカウンターパンチを浴びせた。

そんな彼らの2ndアルバムとなる本作『THE MAD BOMBER』は非常にポップな一枚だ。
どの曲も前作を遙かに上回る驚きのキャッチーさ。脂っこくないし風通しもいいし、高揚感に満ちていて、彼らにあるデジタルな印象を覆すフィジカルな躍動感にあふれている。
目を見張る成長。恐ろしいほどの洗練。ワクワクしちゃう機能拡張っぷり。
それでいて持ち味のギークな感性やマッドなサウンド構築術も隠しコマンドのように組み込まれているからタマラナイ。

「前回はインターネット感みたいなのが強かったけど、今回は最初からもっと一般層に近づけるように意識して作っていった。
そこにクセのあるダンスミュージックのエッセンスを取り入れられたら面白いと思ってた」(Otowa)

「前作に比べて引き算した感じ。テーマもこじらせてないし、フロウも普段ラップを聴かない人でも言葉が聞き取れるように作っている。
いろんなジャンルをかいつまんで最近のナードのセンスの良さで一枚にまとめたかったんです」(LB)

壮大なフックがが印象的な1曲目でアルバムにログインすると、前半は緩急をつけたダンスビートでジェットコースターのように展開。
バウンシーな「T.O.V.I」、ヒップホップとレゲエをMIXした「Alright!! feat. DJ松永」、スウィングジャズを取り入れた「The Mad Bomber」、ドラムンベースの「Adrenaline 100%」、爽快なエレクトロハウスの「SKY DRIVE feat. aja」と、狂熱的なビートが続きめくるめくような恍惚感が押し寄せる。
途中の「Stupid Cupid (Shootin’)」は50年代オールディーズとエレクトロとブレイクビーツと最新型TrapをブレンドしたOtowaの鬼才あふれる先鋭的な一発。
「↑↓↑↓(Shake) feat. RANL」は80sポップ×アニソン×中田ヤスタカみたいなキャンディポップで、キュートなサウンドにくるみながら自分たちの音楽作りに対する姿勢と矜持を歌う。

ミディアムテンポが並ぶ9曲目以降は失恋ソングと人生ソング。
特にラスト3曲は歌詞に描かれる心情がひと繋ぎになるようにも工夫されていて、うつむいたり後ろを向いたり今の社会にうんざりしている同世代の20代をサルベージするメッセージを綴っている。

本作に漂うムードはファッショナブルでアヴァンギャルド、ファニーでファンシー。
キラキラしていてアッパーだけど、決してノー天気なわけじゃないし、ちょっぴり毒気もあって独自性に富んでいる。
ジャケットのアートディレクションはでんぱ組inc.、livetune、MEG、SEKAI NO OWARなどを手掛けてきた異才、ファンタジスタ歌麿呂が担当。彼のヴィジュアルはアルバムの作品性をより豊かに伝えている。
この音とこのヴィジュアルから浮かぶワードは、秋葉原×原宿×渋谷。ネットとファッションとクラブミュージックの融和。
これこそが2013年のヒップホップ発トーキョーポップだ。

猪又 孝(DO THE MONKEY)

LBとOtowa - 2nd ALBUM 『 THE MAD BOMBER 』

LBとOtowa
『THE MAD BOMBER』
2013.08.07 RELEASE

01 Login
02 T.O.V.I
03 Alright!! feat. DJ 松永
04 Stupid Cupid (Shootin’)
05 The Mad Bomber
06 Adrenaline 100%
07 Sky Drive feat. aja
08 ↑↓↑↓ (Shake) feat. RANL
09 Time Leap
10 Negative Monster
11 Back Mirror
12 20s feat. aja
13 Wonderful World

POPGROUP Recordings / ¥2,300 (tax in)


Posted in ALL ENTRY, LBとOtowa, RECOMMEND |