CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

LBとOtowa

LBとOtowa

2010年に突如日本語ラップシーンに現れた、正体不明の謎のユニット”LBとOtowa”。
その名の通り、ラッパーの”LB”と、トラックメーカーの”Otowa”の2人のからなるこのユニットは、HIPHOPを軸に、J-pop、Electro、Dubstep、Rock、アニソンに至るまで、様々なジャンルの音楽をファッションのごとく着こなしていくスタンスと、話題の時事ネタからTwitterのタイムラインに流れてくる情報までを敏感にキャッチし、タイムリーに作品に反映させるインターネット世代ならではのスピード感で、たて続けにリリースした無料配信作品は、ネットユーザーを中心にその知名度を上げていき、2011年3月、発表から2ヶ月で1万回以上のダウンロード数という快挙を成し遂げたモンスター無料配信アルバム”FRESHBOX(β)”をリリース。評価はネット界隈から音楽好きのもとへも届き、中毒者が続出。
「正体不明の謎のユニット”LBとOtowa”」の存在を確立する。

その後、二人はソロとしての活動にも力を入れ、LBは無料配信アルバム”AOAOAO”、”KOJUN”のリリース、さらにアニメ声ラッパー”RANL”のプロデューサーとしても評価され、2012年6月KREVAとの共演を果たす。

一方、Amebreakなどのコンテストで様々な賞の受賞経歴があったOtowaはさらに制作を続け、2012年5月、SKY-HIの”ONE BY ONE”のトラック公募で、200曲以上もの中から選出され(最終選考に残った10曲の内3曲がOtowaの曲だったという逸話つき)見事採用されるなど、様々なアーティストからプロップスを集めている。

そんな中、2012年8月に遂にフィジカルファーストアルバム「インターネット ラブ」をPOPGROUPよりリリースし、日本語ラップに強烈なカウンターパンチを浴びせる。その後、お互いに多くの客演をこなすが、グループとしてのLIVEは一切行わず、制作に集中。

2013年8月、前作から1年という早さで待望のセカンドアルバム「THE MAD BOMBER」をリリースする。

関連リンク

LBとOtowa OFFICIAL SITE(POPGROUP )



“>noimage



A-Files click here≫

A-Files click here≫