CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

FLY

FLY

HYBRID ROCK BAND
「FLY」

MC/Vo:U.
Gt/Vo:TETSUYA
Gt:RYU
Ba:ARON
Dr:HIRO

-CONCEPT-
一人では弱い人間だとしても同じ志しを持ったもの同志が絆を元に一つになれば不可能をも可能にする力を得る=「FLY」
夢に人生を賭ける者達が発信するリアルな思いや情熱、人間の弱さ、心の叫びさえもストレートに表現し、伝え続ける。
新たなるROCKの新境地を切り開く新世代ROCK BAND!!

-BIOGRAPHY-
2010年12月
MC/Vo:U.とGt/Vo:TETSUYAを中心に仙台MACANAで出会ったGt:KAZKiCK、Ba:SHO-TA、Dr:Youziの5人でFLY結成


2011年3月
1st albumの全国releaseを目前としていた矢先、東日本大震災によりGt/Vo:TETSUYAの地元石巻市が津波により壊滅的な被害を受けた事を知り、宮城県出身アーティストとしてまず自分達にできる事をと1st albumの全国releaseを延期し、復興支援ソング制作に取りかか
る。 震災から日を追うごとに続々と入るTETSUYAの地元石巻市の友人達の訃報の連絡が後を絶たない中、復興支援ソング制作に賛同していただいたバイオリニストのジェニ(ex.ピストルバルブ)、元19で現在3B LAB☆S、ソロ活動もしている岡平健治氏の力添えにより、震災から約2週間という短期間で復興支援ソング「未来へ」を完成させる。 楽曲を手に単身、被災地入りしたTETSUYAは被災地の方々に支援ソングを届ける為、県内の各メディアや避難所へのキャンペーンに回り、ラジオ出演等を行いFMいずみ、RADIO3、ラジオ石巻にて楽曲のパワープレイを獲得。 キャンペーン中にTETSUYAが石巻市内で撮影した写真で制作したMusicVideoをYouTubeに投稿し、約1カ月で1万再生を突破。 その他、共同通信社のお声掛けによりFLYの「未来へ」の歌詞を海外向けに英訳していただき、共同通信社FACEBOOKより海外に向けて楽曲、FLYから海外の方々へのメッセージを発信するなど、多方面の方々から支援ソングの反響を得る。

2011年7月
仙台~東名阪ツアーを決行

2011年10月~
川崎クラブチッタetc…など都内外の多数のイベント出演

2011年12月
Gt:KAZKiCK.Ba:SHO-TA.Dr:Youziの脱退により活動休止

2012年3月
新メンバーを迎え活動再開。
Gtに最年少で現役音大生の「Ryuichi」、Baにアメリカオレンジカウンティー出身でベーシストとして過去に坂本龍一氏、藤井フミヤ氏、DJ EMMAらと共にIndy media RIZINE release partyに出演、シンガーの山本領平氏のレコーディング参加する他、DJとしても幅広く音楽活動をしていた「Aron」、DrにTETSUYAの前身バンド時代のドラマーだったHIROを地元宮城県から呼び寄せ、FLY再始動。



“>noimage



A-Files click here≫

A-Files click here≫