CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

MeloiksigN

MeloiksigN

2008年6月、神で活動していたBass・大毅、Guitar・P-backを中心に結成される。

他を寄せ付けない攻撃的なリフとGroovyなリズムに加えて、effectiveなフレージングによって、進化したオリジナルハードコアサウンドを演出。

6月、Smoky ChupsのVo・KITが加入。類い稀な創造力はMeloiksigNの音楽性の幅を広げ、変幻自在のHip-HopフローがMeloiksigNの新たな武器となった。

2009年5月、MeloiksigN初となるマキシシングルをリリース。 これを機に、活動の幅を多方面に広げ徐々にその名を知らしめることとなる。

更に、2009年末にROOKiEZ~Magenta Beach等で活動したGuitar・kosukeが加入。
ツインギター体制へとチェンジした。タイプの異なる二人のギタリストが奏でる、変幻自在スタイルを確立。 Heavyな音に見え隠れする、テクニカルでキャッチーな色が、未知の可能性を提示している。

尚も、渋谷、新宿を中心に精力的なlive活動により、UNITED、UZUMAKI等の大物アーティストとも共演。


そして2011年初頭、サポートドラムとして共に活動してきたDr・yacleが正式に加入。 精密かつコンテンポラリーなドラミングで、より一層バンドの一体感を深めた。

MeloiksigN 『 ego trip 』

2011年春、現体制にて初となる待望のNewアルバム『egotrip』をリリース。
五人の異なる色で構成されたこのアルバムは、全メンバーが作曲に取り組むことにより、各自の音楽的な影響を反映させた作品となった。

更に同月、コンピレーションアルバム『100% Underground』に参加。MeloiksigNの原点である、アンダーグラウンドカルチャーへの存在をアピールしている。

現在も、関東を中心に全国で精力的に活動中。
MeloiksigNのエクストリームサウンドがリスナーの視覚と聴覚を刺激し続ける。

関連リンク

MeloiksigN Official Website



“>noimage



A-Files click here≫

A-Files click here≫