CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

ネリチャギ

ネリチャギ

1994年にギターIDがヤブキと出会い伝説のミクスチャーバンドが始まる。
当初はヤブキ(vo)ID(G)takeshi(B)Noaki(Dr)で活動。デモ音源カセットを制作しヌンチャクなどと共演してきた。

96年に当時の若手バンドで制作されたコンピレーションアルバムにはスネイルランプなどと一緒に参加。その後ベースがリュウスケに代わり、ギターに佐山忍が加わる。5人編成になってからハードでソウルフルな楽曲やレゲエアレンジなどでインディーズシーンで注目され始め、アーロンプラネットから発売されたコンピ「FARM」でソバット、ブラフマンなどと共に名曲「Affterburner」を収録。ライブではバックドロップボムなど共にシーンを引っ張る。 音楽活動とは別にMTVのVJなどもし多方面で活躍をし始めていたが1997年にネリチャギは活動休止。

その後、ボーカルのヤブキは日本語ロックのチェンバロでメジャーデビュー、一方ギターのIDはレゲエバンドspinna B-ill & the cavemansにてジャパレゲシーンで一世を風靡、その他のメンバーはYKZ、WORD、などそれぞれのシーンで活躍した。08、09年に熱烈オファーにより一時復活。度重なる熱いオファーで2010年より最強メンバーを集結。


2011年現在、オリジナルメンバーのヤブキ(vo).ID(G)に加え、ドラマーにはThe cavemansでおなじみのオールラウンドプレイヤー ”Nao-G”。元speenaのシホa.k.aゴンガーがギターとして参加。ベースにAYUMU a.k.a LONNY TANGENT(100×100 from DESTROY)。 2010年に新曲2曲を発表。そして当時の曲を現メンバーにて再録音したDEMO音源が会場のみで発売されている。

関連リンク

myspace



“>noimage



A-Files click here≫

A-Files click here≫