CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

Kan Sano

Kan Sano

キーボーディスト、トラックメイカー、プロデューサー。バークリー音楽大学ピアノ専攻ジャズ作曲科卒業。

リリースした3枚のソロアルバムや、メンバーとして参加している”松浦俊夫 presents HEX”は国内のみならずアジア、ヨーロッパでもリリースされ話題となり、FUJI ROCK FESTIVAL、朝霧JAM、RISING SON ROCK FESTIVAL、Monterey Jazz Festival、フランス World Wide Festivalなど国内外の大型Fesに出演。

キーボーディスト、プロデューサーとしてもChara、UA、大橋トリオ、RHYMESTER、青葉市子、Seiho、藤原さくら、須永辰緒、佐藤竹善、Madlib、Shing02、いであやか、Ovall、mabanua、Eric Lau、七尾旅人、Monday Michiruなどのライブやレコーディングに参加。また国内外のコンピレーションに多数参加するほか、LION、カルピス、CASIO、NTTのCMやJ-WAVEのジングルなど各所に楽曲を提供。新世代のトラックメイカーとしてビートミュージックシーンを牽引する一方、ピアノ一本での即興演奏ライブも展開。ジャズとクラシックを融合したような独自のスタイルが話題となる。またリミックスやオリジナル楽曲をコンスタントに発表しているSoundCloudにも多くのフォロワーが付き、累計40万再生を記録するなど多方面で活躍中。

関連リンク

Kan Sano Official Website
Twitter



“>noimage



A-Files click here≫

A-Files click here≫