CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
L…Deep Open Air インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
L…Deep Open Air
西丹沢 大滝キャンプ場を舞台に5年目の開催を迎える神奈川・湘南発、野外パーティー...


【INTERVIEW】
Mr Wim インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Mr Wim
どこかネジがぶっ飛んでいて、それでいてどこか可愛らしさも感じられ。でもやっぱりちょっと変態...


【INTERVIEW】
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc)
南アフリカのカウントダウンフェスティバル「Rezonance Festival」やハンガリーで開催されている世界最高峰トランスフェス「OZORA Festival」に出演...


【INTERVIEW】
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay)
同じ瞬間は二度とないという意味での一過性、不定期でありながら永続的に先を見据える成長曲線。90年代後期、都内をはじめ、各地で数々のパーティーを繰り広げてきた...


【INTERVIEWT】
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT)
災害支援とアクティブマインドという共通項。起こった悲劇を受け止めながらも楽しむ姿勢と、もたらす出会いをパワーに変え先導する牽引者...


【INTERVIEW】
LafLife インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LafLife
DAN、OOgによる2MCラップクルー「LafLife」が、『Sons of the Sun & nomad 7 Inch Remixes』を...


【INTERVIEW】
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB] 『20YEARS, PASSION & RAIN』(LIVE DVD) リリースインタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB]
特別な日、長い年月の中でそう言える日はどれだけあるだろうか? 2017年10月29日、日比谷野音で行われたTHA BLUE HERB 結成20周年ワンマンライブ...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


NATHAN FAKE / ROCARDO TOBAR / Vakula 来日公演2014 【05.16(fri)-東京ORIGAMI、05.17(sat)18(sun)- 京都 THE STAR FESTIVAL】

One short Three Kills

One short Three Kills
2014/05/16(FRI)
OPEN 22:00

Bordecommunityの看板アーティスト、electraglide2012以来の来日となるNathan fakeとリカルドヴィラロボスやルチアーノに続くニュー・タレントとして大きな注目を集めているチリの奇才RICARDO TOBAR!そして快進撃を続けるリアルジーニアス、VAKULAが一挙Origamiに集結!

-出演-
NATHAN FAKE-LIVE-(Border Community)
RICARDO TOBAR-LIVE-(Border Community)
DJ:VAKULA(Leleka)
MONASHEE(AGILE)
Lounge:Chucky
ryoma and more
VJ:AKKKI

-Lounge-
DOOR:4000yen WITH FLYER/facebook:3500yen ADV:3000yen(プレイガイドにて発売)
チケットぴあ P-CODE(229-837)
ローソンチケット L-CODE(76118)
イープラス http://eplus.jp/

会場:ORIGAMi
https://www.facebook.com/origamientertainmentinc?fref=ts


THE STAR FESTIVAL 2014

THE STAR FESTIVAL 2014
5月17日(土)〜5月18日(日)
OPEN/START 12:00 CLOSE 翌昼17:00

この空に、
音を奏でる星は
いくつあるだろう。

この星と、踊ろう。
The Star Festival 2014

前売:5,000円 *3月1日〜5月16日
当日:6,000円
グループ割引 18,000円(4枚組)*3月1日〜5月16日
グループ割引 40,000円(10枚組)*3月1日〜5月16日
駐車場チケット 1,000円

チケットぴあ 0570-02-9999(P-code:222-071)
LAWSON ticket 0570-084-005(L-code:58968/ 駐車場:58971)
CN playguide   0570-08-9999
e+ http://eplus.jp

会場: スチールRの森 京都(府民の森ひよし)
〒629-0334 京都府南丹市日吉町天若上ノ所25番地
TEL:0771-72-1339
http://forest-hiyoshi.jp/

出演アーティスト:A to Z
AOKI takamasa (Raster-Noton / op.disc)
DJ NOBU(Future Terror / Bitta)
DJ ZINC&MC TIPPA(Rinse,UK)
FUMIYA TANAKA(TOREMA RECORDS / o.p disc)
GOTH-TRAD(DEEP MEDI/BACK TO CHILL)
Kenji Takimi(Crue-L / Being Borings)
Kyoka (onpa, Raster-Noton)
METOME(SCHIST)
MINILOGUE vs MATHEW JONSON
NATHAN FAKE-LIVE-(BORDER COMMUNITY)
O.N.O(THA BLUE HERB)
PETER VAN HOESEN(TIME TO EXPRESS / CLONE / PERC)
Ricardo Tobar-Live-(Border Community, Traum Schallplatten)
SANDRIEN
THA BLUE HERB
VAKULA(Leleka)
YA△MA(FLOWER OF LIFE / PRHYTHM)

SOUND:FUNCTION-ONE(TRY AUDIO)
LIGHTING:SOLA(unlight)
Visual:KOZEE

LOUNGE:Yoshihiro Okino
and freedomtime crew

-チケット取扱店-
(OSAKA)
SC WORLD
FLAKE RECORD
NEW TONE RECORDS
CLEOPATRA
FAN

(KYOTO)
JAPONICA MUSIC STORE
Strictly VIBES

THE STAR FESTIVAL 2014
http://www.thestarfestival.com


NATHAN FAKE-LIVE-(Border Community)

NATHAN FAKE-LIVE-(Border Community)

ゆったりとした大地と豊かな自然を持つイングランド南東部、ノーフォークはネクトンにて生まれ育ったNathan Fakeは、テクノブームの先駆けとなった90年代を代表するテクノユニット、オービタルのカセットテープを兄から借り受けたことで、次第にテクノやハウス・ミュージックに興味を持つことになる。

その後、アートデザインを専門とする大学へと進学するが、その音楽への興味が高じ制作した”Outhouse”が主宰James Hodenの耳にとまり、瞬く間に同レーベルよりデビュー。

その次にリリースした、もはやアンセムとなったシングル”The Sky Was Pink”の世界的大ヒットにより、Nathan Fakeは若くしてシーンでの地位を確固なものとした。

そして、2012年、伝説となったファースト・アルバムの牧歌的なエレクトロニカ要素とダンス・フロアを意識したセカンドアルバムの美麗なメロディーラインを基調にしたテクノを融合した

最新のアルバム『Steam Days』をドロップした。更に進化し続けながらも、自身のルーツやオリジナリティーをNathan Fakeらしいエレクトリック・サウンドで表現する至極の1枚となっている。

http://steamdays.tumblr.com/


RICARDO TOBAR-LIVE-(Border Community)

RICARDO TOBAR-LIVE-(Border Community)

2007年に英Border Communityからシングル『El Sunset』でデビュー、リカルド・ヴィラロボス、ルチアーノに続くチリからの刺客としてヨーロッパのミニマル・シーンで大きな注目を集めたリカルド・トバール。デビューから6年、昨年2013年、マイペースな活動を続けてきた「もうひとりのリカルド」が、満を持して初めてのフル・アルバム「Treillis」をドロップ。

現行インディー・ミュージックのダンス・マナーやインダストリアル志向をふまえながら、ジェームス・ホールデンの新作にも通じる得体の知れない異物感、ソフトタッチなトランス感覚、リズムの揺らぎとディストーション、モダン・シューゲイズ、呪術的でプログレッシヴなサウンドスケープをクロスさせた極めて野心的なレフトフィールド・テクノ・サウンドは、クラブ/ロックの垣根を越えて刺激的なサウンドを求める貪欲な音楽ファン全域に大絶賛!。

ヴィラロボスやルチアーノに続くチリの最先端アーティスト 、奇才=リカルド・トバールがいよいよ登場!


VAKULA(Leleka)

VAKULA(Leleka)

現在、ポストビートダウン〜ディープハウス・シーンで最も注目を浴びているウクライナの才人、VAKULA。

2008年に鮮烈なデビューを飾ったUzuriをはじめ、Firecracker、Prime Numbers、Best Works、3rd Strike、Ethereal Sound、Archipel、Quintessentials、Dekmantel、Unthank、Shevchenkoなど、ヨーロッパを中心に人気レーベルを総ナメ、そして昨年には自身主宰のレーベル<Leleka>もローンチ。シカゴ、デトロイト系ディープハウスからダビーなミニマル/テクノ、ドープなビートダウンまで展開するオリジナル作品のほか、世界を驚愕させたスティーヴ・ライヒのリミックスなど、実に幅広くハイクオリティな音楽性で高い評価を得ている、リアル・ジーニアス。

今年3月には<Nuearth Kitchen>から”V”名義で『The 13 District』を、4月には<Dekmantel>から”Vedomir”名義で『Vedomir』を、そして5月末には<Firecracker>から”Vakula”名義で初のアルバムをリリース予定。何と3ヶ月連続で3アルバムを発表することになる。


Posted in ALL ENTRY, EVENT, EVENT INFO, RECOMMEND |