CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
L…Deep Open Air インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
L…Deep Open Air
西丹沢 大滝キャンプ場を舞台に5年目の開催を迎える神奈川・湘南発、野外パーティー...


【INTERVIEW】
Mr Wim インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Mr Wim
どこかネジがぶっ飛んでいて、それでいてどこか可愛らしさも感じられ。でもやっぱりちょっと変態...


【INTERVIEW】
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc)
南アフリカのカウントダウンフェスティバル「Rezonance Festival」やハンガリーで開催されている世界最高峰トランスフェス「OZORA Festival」に出演...


【INTERVIEW】
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay)
同じ瞬間は二度とないという意味での一過性、不定期でありながら永続的に先を見据える成長曲線。90年代後期、都内をはじめ、各地で数々のパーティーを繰り広げてきた...


【INTERVIEWT】
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT)
災害支援とアクティブマインドという共通項。起こった悲劇を受け止めながらも楽しむ姿勢と、もたらす出会いをパワーに変え先導する牽引者...


【INTERVIEW】
LafLife インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LafLife
DAN、OOgによる2MCラップクルー「LafLife」が、『Sons of the Sun & nomad 7 Inch Remixes』を...


【INTERVIEW】
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB] 『20YEARS, PASSION & RAIN』(LIVE DVD) リリースインタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB]
特別な日、長い年月の中でそう言える日はどれだけあるだろうか? 2017年10月29日、日比谷野音で行われたTHA BLUE HERB 結成20周年ワンマンライブ...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


STAB 4 REASON ”Return Of The Kings”Release Party LIVE REPORT

STAB 4 REASON ”Return Of The Kings”Release PartySTAB 4 REASON ”Return Of The Kings”Release Party

Profile of |STAB 4 REASON|

STAB 4 REASON”Return Of The Kings”Release Party
1月22日(日) 岐阜/柳ヶ瀬ANTS

行って参りました!STAB 4 REASONのレコ発ライブat岐阜ANTS。岐阜と言えばSTAB 4 REASON。STAB 4 REASONと言えば岐阜。とにかくローカル岐阜にこだわりを持ち活動し続けるこの”STAB 4 REASON”をこの岐阜ローカルで一度しっかりとこの目に耳に体に焼き付けたいと。。。少し東京から距離がありつつも日帰りで無理矢理敢行。当然それだけの価値、いやそれ以上の価値のあるライブでした。

そもそもSTAB 4 REASONのライブを観たのは過去にたった一度だけ。その当時は、2007年6月2日に横浜文化体育館で行われた”マグマ”っていうイベントのセカンドステージ出演の際でした。このライブはもちろんその後伝説として語り継がれるのですが、とにかくあの圧倒的な存在感と音の厚さ。これには当然僕も含め、その場に居た全ての人に衝撃を与えた事は事実です。特にその際来日していたNYなどのハードコア勢も、俺らもSTAB 4 REASONのステージ(小さい方のセカンドステージ)でやらせろと、客に混ざりMOSHをするという異例の事態へ。一筋縄ではいかないなんとも言えない説得力が彼らにはあります。

そんな彼らの2度目のライブ体験。一発目は先日発売されたNEW ALBUMから”TIRICK ME WELL”。新曲なわけですが、もちろん絶賛する意味で。。。変わっていない!その時の横浜で感じた空気感と音厚感とグイグイ引っ張って行くなんとも言えない独特な感じがそのままこの岐阜ローカルでも放たれている姿を見た瞬間、同じ鳥肌となんとも言えない汗が毛穴から音と同時にグイグイ噴き出てくるこの感じ。あの時隣にいた友達のアメリカ人や知らない赤の他人に、ねーこのバンドやばいよね!?絶対やばいよね?って思わず話しかけてしまった事を思い出し、横にいた人を見て話しかけようとしてしまったその彼の顔も物凄くニヤニヤしていて、やっぱりこのバンドって物凄いパワーを放てるんだなって実感。

良いライブを見るとどうしても笑顔になってしまい、顔がニヤケてしまう。どんなにハードコアだろうと、レゲエだろうと、HIPHOPだろうとある一定のクオリティーとvibesを放つライブはどうしても顔がニヤケしまう。

そしてそのまま2曲目にこれまた新曲”Before Becoming Too Late”。頭に新曲を持ってくる辺り、完全復活の自信がはっきりと伺えると思ったのと同時にきました!シングルで7インチにもなっているタイトル曲”TRUST YOURSELF”!もうこの辺りからもちろん会場内はMOSH MOSH
MOSHでぐっちゃぐちゃ。マイクの取り合いはもちろん、ステージダイブ。ハードコアという音楽を基本に、緩いレゲエな一面も持つこのバンドのライブは、もはやジャンルレスな音の塊で括りようが無い。

新しいアルバムからの曲をほぼ披露し、旧曲もしっかりと演奏。アンコール含め全13曲!正直もっともっと見たい感はありましたが、続きはまた次のライブでという事で。。。

やはり地元をしっかりと持って根付いて活動してるバンドのライブは、その地元で見るべし!独特な空気感と、圧倒感とそしてそこで出会う地元の温かい人達を知る事により、更にそのバンドを好きになる事は間違いありません!また行きます!岐阜!ありがとうございました!

セットリスト
1 Trick Me Well
2 Before Becoming Too Late
3 Trust Yourself
4 Loach’s Life
5 Mislead
6 Risk Of My Life
7 Mysterious Beauty
8 More Painful
9 Who Makes Worst In This World
10 The Narcissistic Clumsiness

~アンコール~
11 Return Of The Kings
12 Bad Name
13 Haste Makes Waste

photo by cazrowAoki
text by kenichi kono

Posted in ALL ENTRY, cazrowAoki, REPORT, STAB 4 REASON, 柳ヶ瀬ANTS |