CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

STAB 4 REASON

STAB 4 REASON

MEMBER
TOMOYA – Drums
MASTER K – Guitar
KOHGA – Bass
MATSU-Q – Vocal

HARDCORE PUNK with REGGAE
1996年結成。オールドスクール・ハードコアを軸にレゲエ・ナンバーもプレイする特異なハードコア・パンクバンド。畳み掛けるようなソリッド・ナンバーを核にしながらも聴く者を魅了する曲展開、そこに絡む歌い狂うヴォーカルは他のバンドと一線を画す。ハードコア・パンクあり、レゲエありの楽曲は、単にスピーディ&ラウドなだけでない、予測不可能な面白さを併せ持つ唯一無二のハードコア・パンクバンド!!

2000年始めに2枚のアルバムを発売。積極的にライブを行うも、度重なるメンバーチェンジにより活動休止を余儀なくされる。その後、オリジナル・ヴォーカリストの復活によりハードコア・シーンに返り咲く。国内のみならず海外のミュージシャンからも支持を得ている彼らのライブは、2007年に横浜文化体育館で開催されたハードコア・フェス「MAGMA」で、来日したNYハードコア・バンドのメンバー達をもモッシュさせる。しかも、NYハードコア・レジェンド達に「バッド・ブレインズを超えた!」とまで言わしめる。 また、メンバーのMASTER K、KOHGA、TOMOYAは、他にもメロディカ・インスト・ルーツレゲエ・バンド 『STAB 4 REASON AND THE STYLES』や、インストDUB バンド『DUB 4 REASON』でも活躍する。さらに、日本が世界に誇る特殊メイクアップ・アーティスト、スクリーミング・マッド・ジョージ氏率いるパンク・バンド『THE MAD』のメンバーとしても活動中。

HISTORY

1996年
8月ex.WRESTLING CRIME MASTERのMASTER K (Gu.) を中心にTarBee (Dr.)、SYM (Ba.)、MATSU-Q (Vo.) の4人でハードコア・パンク・バンド FEARLESS DEAD DESIGNとして結成される。同年12月、初ライブと同時期にバンド名をSTAB 4 REASONに改名し”1st DEMO” (自主) を発売。ハードコア/パンク界では異質なヴォーカルが話題になる。

1997年
7’EP”TRUST YOURSELF” (ANSWER RECORDS) 発売し全国に名を知らしめる事となる。

1998年
活動を全国区に広げると共に、9月にはサタンアルバイトが主催するビッグイベント『SKATERS NITE』 にも出演。

1999年
1月には待望の1stアルバム”DISPUTE IN MY BRAIN” (ANSWER RECORDS) を発売し、他数枚のV.A.にも参加する。この年にSTAB 4 REASON AND THE STYLESも活動を開始。また、SYM (Ba.) が脱退し後任ベーシストとしてKOHGA (Ba.) が加入。

2000年
V.A.を含むリリースラッシュとなる。ライブもビッグイベントの出演が多くなり本数も年間60本を越すようになる。9月には敬愛するBAD BRAINSとも共演を果たす。STAB 4 REASON主催のイベント『CHOICE IS YOURS』がスタート。

2001年
初旬TarBee (Dr.) が脱退し、後任ドラマーSHINNOSUKE (Dr.) で約3年ぶりの2ndアルバム”EXISTENCE” (LOFT RECORDS) をレコーディング。その後TarBee (Dr.) が戻り、自らの発売記念ツアーと親交の深かったKEMURIのツアーを同時に決行する。また、この年は来日した7 SECONDS (from NYC), BREAKDOWN (from NYC), TIGER ARMY (from NYC) 等多くの海外アーティストとも共演を果たし各バンドから絶賛される。

2002年
3月MURPHY’S LAW (from NYC) と共演。夏にはLAUGHIN’ NOSE, SA, ABNORMALSとミニツアーを決行。

2003年
3月のライブを最後にMATSU-Q (Vo.) が脱退。ヘルプヴォーカリストとしてREAL REGGAEのSHINYA 氏を誘い数回ライブを行う。8月には後任ヴォーカリストUSSAが加入。11月にTarBee (Dr.) が再度脱退。

2004年
3月後任ドラマーにTOMOYA (Dr.) 加入。10月USSA(Vo.)脱退。

2005年
ライブ活動再開に向け後任ヴォーカリストを募集。

2006年
USSA(Vo.)が復活し9月16日に地元岐阜で復活ライブを行う。10月にはGARLIC BOYS, DDTと九州ツアーを決行。12月都合により再度USSA(Vo.)が脱退。期間限定で初代ヴォーカリストのMATSU-Q (Vo.)がバンドに復活。

2007年
1月MATSU-Q (Vo.)が正式にバンドに復帰。10月”SKULL SKATES JAPAN 13TH ANNIVERSARY”ライブを企画。11月オムニバスCD “100% GIFU ROCK”に新曲「L.D.P.」で参加。イベント「MAGMA」で来日した海外アーティストに絶賛され、不動の地位を確立する。

2008年
順調にライブ活動を行うも、後半DUB 4 REASONの活動のため活動休止となる。

2009年
DUB 4 REASONの活動が忙しくSTAB 4 REASONは活動休止状態が続く。

2010年
活動休止。

2011年
結成15周年!活動再開に向けMATSU-Q(Vo)、MASTER K(Gu)、KOHGA(Ba)、TOMOYA(Dr)の4人でスタジオリハーサルを開始。
12月14日10年ぶりの3rdアルバム”Return Of The Kings”を発売

関連リンク

TWISTED PRODUCTIONS



“>noimage



A-Files click here≫

A-Files click here≫