CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE
toto なのるなもない 山崎円城 Little Woody – コラボシングル『2048』リリース & MV公開
ソウル・フラワー・ユニオン – アナログ・コンピレーション『DANCE HITS』シリーズ5作の配信がスタート。
イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)- アナログ再発限定盤『ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー』Release
ドキュメンタリー映画「マイルス・デイヴィス クールの誕生」2020年9月4日(金)より角川シネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMA他にて全国順次公開
DIRTY JOINT – New Album『DOPE CHIGASAKI』Release & MV公開

THE CHERRY COKE$ – New Album『SEVEN』Release

[2011/04/22]
THE CHERRY COKES(ザ チェリーコークス) / SEVEN

Profile of |THE CHERRY COKES|


もしかしたら今まで色々なアーティストの中で一番LIVEを見てきたかもしれないBAND “THE CHERRY COKES“のnew albumが4月20日に発売された。

そのお蔭でBANDのイメージはどう考えてもLIVE。今までは音源を手にして聞いてみてもやはりLIVEの印象が強い為、ある意味曲を覚える為のツールだった気がする。

が、今回の新作”SEVEN”は違う。音源を聞いて思った。このタイトルのSEVENは、色々な想いがある事には間違いないが、メンバー7人全員の個性の表れのSEVENなのであろう。

メンバーが多いバンドはだいたいそれぞれの音がぶつかり合い潰し合うか、全く個性が出せずに終わる事が多いが、このalbumの場合、7人そろぞれの個性を安心してバンドサウンドとして聞く事が出来る。特にバンドのエッジを表現するのに重要なギター。最近のLIVEでも見られるが、ギターのMASAYAが遂に攻めてきた!そんな印象。

そしていよいよ。バンド始まって以来の大きなツアーを控えているTHE CHERRY COKES
irish punk bandという枠を超えた作品を持って全国中を巻き込み航海する姿を見るのがとても楽しみ。

http://www.thecherrycokes.com/


text by kenichi kono

Posted in ALL ENTRY, RECOMMEND, THE CHERRY COKES, VESTAL |