CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
L…Deep Open Air インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
L…Deep Open Air
西丹沢 大滝キャンプ場を舞台に5年目の開催を迎える神奈川・湘南発、野外パーティー...


【INTERVIEW】
Mr Wim インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Mr Wim
どこかネジがぶっ飛んでいて、それでいてどこか可愛らしさも感じられ。でもやっぱりちょっと変態...


【INTERVIEW】
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc)
南アフリカのカウントダウンフェスティバル「Rezonance Festival」やハンガリーで開催されている世界最高峰トランスフェス「OZORA Festival」に出演...


【INTERVIEW】
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay)
同じ瞬間は二度とないという意味での一過性、不定期でありながら永続的に先を見据える成長曲線。90年代後期、都内をはじめ、各地で数々のパーティーを繰り広げてきた...


【INTERVIEWT】
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT)
災害支援とアクティブマインドという共通項。起こった悲劇を受け止めながらも楽しむ姿勢と、もたらす出会いをパワーに変え先導する牽引者...


【INTERVIEW】
LafLife インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LafLife
DAN、OOgによる2MCラップクルー「LafLife」が、『Sons of the Sun & nomad 7 Inch Remixes』を...


【INTERVIEW】
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB] 『20YEARS, PASSION & RAIN』(LIVE DVD) リリースインタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB]
特別な日、長い年月の中でそう言える日はどれだけあるだろうか? 2017年10月29日、日比谷野音で行われたTHA BLUE HERB 結成20周年ワンマンライブ...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


VESTAL at MAD OLLIE report

VESTAL at MAD OLLIE report

Profile of |VESTAL|

5月1日(日) at 新木場STUDIO COAST

-LIVE-
10-FEET
coldrain
FACT
locofrank
MEANING

-SKATERS-
阿部直央
津村周作
池田幸太
砂川元気
中川大成

-DJS-
moricawa
kenken
祭林竹彦
and more

-MC-
LION HEAD


ストリート誌OLLIEによる様々なカルチャーがクロスオーバーした毎年お馴染みなイベント MAD OLLIE。音楽、スケート、服など一日で色々体験出来てしまう、紙面をそのまま3D化させたようなイベント。その中でもこういう音楽のイベントに積極的に参加しているアメリカ発時計ブランド”VESTAL”。

海外では、surfやsnowやskateそしてpeahcesやblack lips、mstrkrft、valient thorr、shiny toy gunsなどのバンドをサポート。

国内でも今回mad ollieに出演の10-FEETやcoldrain、DJ moricawakenken(chokesleeper)などの他、RADIOTS、THE CHERRY COKESHEY SMITH、難波章浩などをサポートする事からも分かるように、確実に音楽と密接し発信しているブランドである。

今回会場内にブースを出し、アパレルというカルチャーの一つして参戦。時計の販売や展示を行った。

VESTAL at MAD OLLIE reportVESTAL at MAD OLLIE report
VESTAL at MAD OLLIE reportVESTAL at MAD OLLIE report

party大好きVESTAL JAPAN CREWの人柄もあって、ブースにはサポートアーティストのcoldrainのメンバーや10-FEETのTAKUMA、お笑いトリオLION HEADNO☆GAINのメンバー、さらにSKATERの砂川元気や中川大成なども遊びに来て、そこに会場のお客さんも混じり常に人が集まって賑わっている状態。

VESTAL at MAD OLLIE reportVESTAL at MAD OLLIE reportVESTAL at MAD OLLIE reportVESTAL at MAD OLLIE reportVESTAL at MAD OLLIE reportVESTAL at MAD OLLIE reportVESTAL at MAD OLLIE reportVESTAL at MAD OLLIE reportVESTAL at MAD OLLIE reportVESTAL at MAD OLLIE reportVESTAL at MAD OLLIE reportVESTAL at MAD OLLIE reportVESTAL at MAD OLLIE reportVESTAL at MAD OLLIE report

VESTAL at MAD OLLIE report

今回のイベントに限らず他のイベントでも、アーティストやストリートの仲間たちの間でVESTALブースは常にオアシス的な溜まり場として重要な役割を果たしている。

迷惑も考えずに人が集まる始末(笑)
これって前にも書いたように、普段ライブハウスやクラブといったストリートで大事な現場に常に遊びに来て、アーティストやミュージシャンと乾杯し、信頼と交友関係をしっかりと築き上げてきている彼らのような人柄だからこそ、ブースは常に賑やかで人が自然と集まっている。

そこから新しい繋がりや出会いが見えない所で起きているわけですね。
現に、僕自身もこの日このブースで新しい出会いがあり発見があり、たくさんの刺激を頂きました。  そんなVESTAL CREWなので、ビールが足りなくなったら彼らに会いに行きましょ(笑)。


最後の10-FEETのアンコールでは、演奏中にskateランプでskaterによるデモセッション。VESTALの時計をしたメンバーが演奏をし、その間にskaterがパフォーマンス。見ている人の中には色々な人もいるだろうし。これぞカルチャーのクロスオーバー。最高の締めくくりでした。

VESTAL at MAD OLLIE report

最後はみんなでお片付け。

VESTAL at MAD OLLIE report

イベントには色々な側面があります。ステージで演奏するアーティストしかり、その後ろで絵を描くPAINTER、VESTALのようにアパレルを表現する人達、映像を提供するVJ。そういう様々なパズルのピースが組み立てられてイベントが成立する。次回行く際は、そんな見方もしてみたらまた新たな発見があるかも。

お疲れ様でした。
またどこかの会場で!

text by kenichi kono

Posted in ALL ENTRY, EVENT, REPORT, VESTAL |