CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

NASH

NASH

BURNOUT MAGAZINE
AND
HARD CORE ROD & KUSTOM PUBLISHER,
KUSTOM KULTURE AMBASSADOR

1967年3月16日
東京は目白にて出生。

関連リンク

Web site
Blog


1982年
中学3年生の時に、父が若かりし頃に乗っていた50’sアメリカン・カーの写真をアルバムに見つけ、そのぶっ飛んだデザインに一目惚れし「将来免許が取れたら絶対に50’sアメリカンカーを買う」と決意する。ちなみにその時のアルバムで見たクルマは、’57年クライスラー・ニューヨーカーと、’59年ビュイック・エレクトラだった。

1987年
20歳の時に念願かなって50’sアメリカンカーである、’59年ナッシュ・メトロポリタン・コンバーチブルを買う。

1991年
7月29日、当時乗っていた愛車メトロポリタンが生まれた国、アメリカという国を見てみたくなり、丸々1ヶ月間単身初渡米をする。この時、すさまじいカルチャー・ショックを受け、その後現在のようなアメリカと日本を行ったり来たりの生活を志す。
8月、毎週末のようにカーショーを見て回る。また、この時にヴォンネビル・スピード・ウィークも初観戦。まさにライブで見る事、感じる事の重要性を大きく実感し、その後は「必ず現場には自分でおもむく」という行動の原点となる。

1992年7月20日
現在も続くDETROIT JUNKを、杉並区の環八沿いにオープン。

1993年
1月、JUXTAPOZの創刊号を手に入れ、カスタム・カルチャーやロウブロウアートというものに深い関心を持つ。
3月、それまで乗っていたメトロポリタンが売れたため、さらに程度の良いメトロポリタンをアメリカに買いに行くが、残念ながら見つけられず、そのかわりに現在の愛車であるTHE PUSSY WAGONこと、’55年ナッシュ・ランブラーをポモナ・スワップミートにて発見し購入する。

1997年
5月、キャル・マガジンにてライターとしてプロデビュー。初プロデビューにも関わらず、キャル・マガジン史上初となる巻頭21ページという大型企画の「DINER特集」の執筆を手がける。9月、日本のカスタム・カルチャーの夜明けともなる企画「ARTIST & HOTROD」の連載がキャル・マガジンにてスタート。各方面から大きな反響を呼ぶ。この連載は、最終的に7年間も続く事となる。

1998年
8月、7年ぶりに50周年を迎えたヴォンネビル・スピード・ウィークを訪れ取材し、キャル・マガジンにてフィーチャーする。12月、この頃から日本人アーティストたちを、カスタム・カルチャーの本場アメリカに連れて行き、現地でパフォーマンスをさせるというサポートを開始する。

1999年
5月、スーパー・オートバックス東雲なて行なわれた、キャル・マガジン主催のイベント、「SPRING BURST ’99」にてカスタム・カルチャー・ブースのプロデュースを担当。アメリカからゲストとして、ジミー・Cを招待し、日本人アーティストたちとのコラボレーションを実現させる。
9月20日、日本初となる本格カスタム・カルチャー専門誌、BURNOUT MAGAZINEを創刊。

2000年
5月3日、日本初となるカスタム・カルチャーオンリーのイベント「TOKYO GROOVY 2000」を恵比寿オーツー・ギャラリーにて開催する。ジミー・C、ヴォン・ホットロッド・レインボーンといったアメリカ人アーティストを招待し、さらにワイルドマン、スギサック、マコト、エナメルといった日本人アーティストたちとの共演を実現。10月、ジミー・Cとディナ夫妻の主催する「AUTO ART SHOW」に参加したマコトのサポートを行なう。

2001年
3月、中野サンプラザにて日本人アーティストたちとの意見交換会「KUSTOM KULTURESUMMIT」を開催。アーティストたちからの意見を聞き、のちのショー運営などの参考にする。4月、ビバ・ラスベガスに参加したMr.Gのサポートを行なう。5月3日、2度目となるカスタム・カルチャーオンリーのイベント「TOKYO GROOVY 2001」を恵比寿オーツー・ギャラリーにて開催する。10月、日本人カスタム・カルチャー・アーティストとしては、史上初となるマコトのソロショー「MADE IN JAPAN」をアメリカはカリフォルニア州にて主催する。

2002年
1月、当時やっていたショップDETROIT JUNK内にギャラリーをオープン。こけら落としとして、ワイドレンジのソロショーを主催する。3月、ビバ・ラスベガスに参加したMr.Gのサポートを行なう。5月、最終回となる「FINAL TOKOYO GROOVY」を主催する。9月、カリフォルニア州ノースリッジ大学にて行なわれた、アートショー「VON DUTCH AN AMERICAN ORIGINAL」に、日本人として唯一参加したマコトと彼のファミリーのサポートを行なう。10月、カリフォルニア州リバーサイドにあった、3 DEUCES GALLERYにて行なわれた、総勢21名もの日本人アーティストだけのグループショー「FAR EAST NETWORK」を主催する。11月、グッゲンハイム・マフィアにて開催されたグループショー「MAN’S RUIN」のサポートを行なう。

2003年
4月、カスタム・カルチャーを強く意識したアパレルブランド、STEELの立ち上げに参加する。5月、代官山にオープンした「STARLINGEAR TOKYO」の内装ピンストライプを担当した、Mr.Gとリック・マーベリックとのコーディネートを行う。7月、JUXTAPOZ#45からJAPAN DESKとしてJUXTAPOZにコントリビューター(寄稿者)として参加する。8月、シド・スタンコビッツ主催のタトゥー・コンベンション「ROCK OF AGES」に参加した、日本人カスタム・カルチャー・アーティストのマコト、Mr.Gらのサポートを現地にて行う。11月、JUXTAPOZ#47にて6ページに渡る、マコトをフィーチャーした記事の写真、原稿を手がける。

2004年
3月16日、キャル・マガジンで7年間連載をしていたARTIST & HOTRODの、いくつかの記事を一冊にまとめたムック本「KUSTOM ART STYLE」を、ネコ・パブリッシングより発売する。この本によって、カスタム・カルチャーの世界を知ったという人も多い。現在は残念ながら絶版のため、入手不可能。5月、日本初のROD & KUSTOM専門誌HARDCORE ROD & KUSTOMを創刊させる。7月、DETROIT JUNK GALLERYにてマコトのソロショー「TRADITIONALS」を主催。9月、STEEL PARTYを恵比寿オーツー・ギャラリーにて主催する。10月、Mr.Gの初となるソロショー「EXOTIKI」をカリフォルニアにて主催する。この時Mr.Gは、出展した作品を完売するという偉業を成し遂げる。11月、DETROIT JUNK GALLERYにて、グリムの初となるソロショー「FROM HELL」を主催する。

2005年
2月、シアトルにあるROQ LA RUE GALLERYにて行われた、日本人カスタム・カルチャー・アーティストがフィーチャーされたグループショー「BURNOUT NETWORK」をROQLARUE GALLERYと共催する。4月、パサディナのジョンソン・モーターズにて行われた「TRI POWER」を、ジョンソン・モーターズと共催する。10月、ニューヨークのKUSTOM KULTURE GALLERYにて「BRUSHES NEEDLES andBURNOUTS…The worst show ever」をKUSTOM KULTURE GALLERYと共催する。10月、カリフォルニア州ロンクビーチにある、スターライト・ルームにて行われた、日本人アーティストたちによるグループショー「SPOOK SHOW」を、スターライト・ルームと共催する。11月、日本初となる、カスタム・カルチャーとタトゥーの融合イベントとなった、高円寺のPLANET 3RD CAFEにて開催された「PREVIEW OF ROCK OF AGES」を、INK RAT TATTOOのレイ氏と共催する。12月、カリフォルニアにて、2度目となるMr.Gのソロショー「COLLECTIKIBLE」の主催をする。またショー同日に発売された、Mr.Gのアートブックの出版を手がける。

2006年
1月、JUXTAPOZ#60のスペシャル・ジャパニーズ、アート・イーッシュにて、8ページ分の記事の写真、原稿を手がける。その内訳は、32ページの「GRAFF PAPER」(写真のみ)、48ページの「TOKYO HOT ROD STYLE」、52ページの「THREE TIDES TATTOO」である。3月、エル・セガンドにあるガソリン・ギャラリーにて行われた「CALIFORNIA SCREAMIN’」に参加したMr.Gのサポートを行う。3月、ラット・フィンクのスタチューを様々なアーティストたちがカスタムするグループショー「RAT FINK’S REVENGE」に、Mr.G、グリム、WISH、筆前、ゴースト、我といった日本人アーティストをフィーチャーし、ショーに参加できるよう主催者側に推薦をしコーディネートする。4月、パサディナのジョンソン・モーターズにて行われた「ROD AND BOBBER SHOW」を、ジョンソン・モーターズと共催する。5月、カリフォルニア州サンティーにあるKUSTOM KULTUREにておこなわれた、アニバーサリー・パーティーのアートショー部門をコーディネートし、マコト、Mr.GWISH、 SOLER、筆前、ジェット・レンチといったアーティストたちをフィーチャーする。5月、カリフォルニア州サンタモニカのCOPRO/NASON GALLERYにて行われた、「VON DUTCH RIBUTE 2」に、マコト、Mr.GWISH、グリムといったアーティストたちをフィーチャーする。6月、ドイツのSMOKIN’ SHUTDOWN誌主催のカーショー、BOTTROP 2006に参加したMr.Gとグリムのサポートを行う。6月、高円寺のPLANET 3RD CAFEにて開催された「ROCK OF AGES」を、INK RAT TATTOOのレイ氏と共催する。9月、「きちんとしたビルダーに創られたオールドアメリカンは、そう簡単には壊れない」という事を証明するため、愛車THE PUSSY WAGONにて日本一周の取材旅行を敢行する。結果、総走行距離5,600kmをなんのトラブルもなく、見事走破する。10月、ニューヨークのKUSTOM KULTURE GALLERYにて「BRUSHES NEEDLES and BURNOUTS…The worst showever」をKUSTOM KULTURE GALLERYと共催する。10月、エル・セガンドにあるガソリン・ギャラリーにて行われたグリムとWISHの2メンショー「FREAK SHOW」をガソリン・ギャラリーと共催する。12月、グッゲンハイム・マフィアにて行われた「KUSTOM KULTURE NOW-Chapter1」の主催をする。

2007年
3月、グッゲンハイム・マフィアにて行われた「KUSTOM KULTURE NOW-Chapter2」の主催をする。4月1日、世界初となるカスタム・カルチャー・ポータルサイトを開設する。5月、エル・セガンドにあるガソリン・ギャラリーにて行われた「CALIFORNIA SCREAMIN’ 2」に参加したMr.GWISH、グリムのサポートを行う。6月、ドイツのINTAKE誌主催のカーショー、BOTTROP 2007に参加したMr.G、マコト、グリムのサポートを行う。8月、グッゲンハイム・マフィアにて行われた「KUSTOM KULTURE NOW-Chapter 3」の主催をする。9月、高円寺のPLANET 3RD CAFEにて開催された「ROCK OF AGES 2」を、INK RAT TATTOOのレイ氏らと共催する。10月、ニューヨークのKUSTOM KULTURE GALLERYにて、3回 目となる「BRUSHES NEEDLESand BURNOUTS…The worst showever」をKUSTOM KULTURE GALLERYと共催する。12月、グッゲンハイム・マフィアにて行われた「KUSTOM KULTURE NOW-Chapter 4」の主催をする。

2008年
3月、ネコ・パブリッシングより発刊されているサーフカルチャ ー雑誌「BLUE」にて、19ページにもおよぶカスタム・カルチャー特集の原稿を取材、執筆。これは、日本のサーフィン雑誌「初」の快挙となる。まさにMAKE HISTORY!4月、グッゲンハイム・マフィアにて行われた「KUSTOM KULT URE NOW-Chapter 5」の主催をする。4月、Mr.Gと共に「KUSTOM KULTURE SKOOOOL」を開催し、 アーティストたちの教育事業にも参入。5月、小田原にあるパンプキン・サリーと、業界初となるロッド&カスタムに乗れる試乗会を含む、パンプキン・サリー・オープンハウスを共催する。5月、エル・セガンドにあるガソリン・ギャラリーにて行われた「CALIFORNIA SCREAMIN’ 3」に参加したMr.G、マコト、YOKKIのサポートを行う。5月、カリフォルニア州サンタモニカにあるTRACK 16ギャラリー にておこなわれた、「KUSTOMJAPAN」にて日本人アーティストたちとギャラリーサイドのコーディネイトをおこなう。6月、ドイツのINTAKE誌主催のカーショー、BOTTROP 2008と スイスでおこなわれたCUSTOM PARTS&WEARのオープンハウスに参加したMr.G、マコト、ゴーストのサポートを行う。7月、世界初となる「カスタム・カルチャーの日」を7月17日に制定する。それと同時に、長年業界に貢献して来たワイルドマンに対し、その業績を称えるため表彰をする。7月、世界初ともいえるカスタム・カルチャー・コンサルティングビジネスを本格始動。今まで培って来たノウハウを、アーティストたちの発展に生かし、最終的には業界の発展に貢献していくというビジョンで展開中。8月、カリフォルニア州グレンデールにある、フォレスト・ロウン・ミュージアム(マイケル・ジャクソンの眠る墓地内にある美術館)にておこなわれた、ティキをテーマにしたグループショー「IN SERCHOF TIKI」に参加したMr.Gとマコトのサポートをする。8月、グッゲンハイム・マフィアにて行われた「KUSTOM KULTURE NOW SPECIAL」の主催をするとともに、レジェンドプロスケーター、スティーブ・キャバレロをスペシャルゲストアーティストとして招待する。10月、エル・セガンドにあるガソリン・ギャラリーにて、7年ぶりとなるマコトのソロショー「MADE IN JAPAN」をガソリン・ギャラリーと共催する。11月、小田原にあるショッピングモール、ダイナシティにておこなわれた「KUSTOM KULTURE CITY」を、パンプキン・サリーやSTEELと共催をする。12月、カリフォルニア州アーウィン・デール・レースウェイで開催された「MOONEYES CHRISTMASPARTY」に参加したMr.Gとゴーストをサポート。12月、グッゲンハイム・マフィアにて行われた「KUSTOM KULT URE NOW-Chapter 6」の主催をする。

2009年
1月、カリフォルニア州ポモナで行なわれた「GRAND NATIONAL ROADSTER SHOW」に参加したゴーストをサポート。5月、小田原にあるパンプキン・サリーと、2回目となるロッド&カスタムに乗れる試乗会を含む、パンプキン・サリー・オープンハウスを共催する。5月、エル・セガンドにあるガソリン・ギャラリーにて行なわれた「CALIFORNIA SCREAMIN’ 4」に参加したMr.G、マコト、ゴースト、クレイジー・ドッティをサポート。5月、カリフォルニア州サンタマリアにて行なわれた「SANTA MARIA CRUISIN’ NATIONALS」に参加したMr.Gをサポート。6月、ドイツのINTAKE誌主催のカーショー、BOTTROP 2009と スイスでおこなわれたCUSTOMPARTS&WEARのオープンハウスに参加したMr.G、マコト、ゴースト、ジェットレンチのサポートを行う。9月20日、1999年に創刊したBURNOUT MAGAZINEが、10周年を迎える。9月、日本人初となるイタリアに参加するため、ミラノで行なわれた「KUSTOM KULTURE ART SHOWIN MILAN」の主催者ロマーノと日本人アーティストとのコーディネイトを担当。10月、BURNOUT MAGAZINE10周年記念として、エル・セガンドにあるガソリン・ギャラリーにてMr.Gとマコトの2メンショー「KUSTOM KULTURE NATION」と、ゴーストとジェットレンチの2メンショー「THE FIRST PROJECT」を主催し、合計で53点ものアートピースを完売させるという記録を樹立。その後この記録は2011年4月現在破られていない。12月、カリフォルニア州アーウィン・デール・レースウェイで開催された「MOONEYES CHRISTMASPARTY」に参加したMr.G、ゴースト、ダーティーKをサポート。12月、小田原にあるパンプキン・サリーにて、「KUSTOM KULTURE LAB」を主催。

2010年
1月、カスタム・カルチャー・アーティストたちの、地位の向上やビジネスの発展を目指すため、アーティストたちが在籍をしサポートを受けられるための「KUSTOM KULTURE PRODUKTION」をスタートさせる。1月、原宿のデザイン・フェスタ・ギャラリーにて、毎奇数月にピンストライプのハウトゥとカスタム・カルチャーの歴史やバックグラウンドを教えるための「KUSTOM KULTURE SKOOOOL」を主催する。4月、カリフォルニア州ヴェンチュラにて行なわれた「BEATNIK BLOWOUT」に参加したMr.Gをサポート。5月、小田原にあるパンプキン・サリーと、3回目となるロッド&カスタムに乗れる試乗会を含む、パンプキン・サリー・オープンハウスを共催する。5月、エル・セガンドにあるガソリン・ギャラリーにて行なわれた「CALIFORNIA SCREAMIN’ 5」に参加したゴースト、パルプ、クレイジー・ドッティをサポート。5月、カリフォルニア州サンタマリアにて行なわれた「SANTA MARIA CRUISIN’ NATIONALS」に参加したジェットレンチをサポート。6月、ヨーロッパ各国で行なわれたカーショーやアートショーに参加するため、3週間に渡るツアーを敢行する。ドイツにてINTAKE誌主催のカーショー「BOTTROP 2010」、その後スイスでおこなわれた「CUSTOM PARTS&WEAR OPEN HOUSE」、最後にイタリアはエンポリで行なわれた「SPEEDMANIAX AND FREAKS」に参加したMr.G、マコト、ゴースト、ワイルドマンのサポートを行う。7月、女性カスタム・カルチャー・フォトグラファーのミッチーによるグループショーに参加した、Mr.Gとゴーストをサポート。7月、カリフォルニア州アーウィン・デール・レースウェイで開催された「MOONEYES SUMMER PARTY」に参加したMr.G、ゴーストをサポート。8月、MOOEYES主催のホットロッド・カスタム・ショーのスペシャルゲストとして来日する、ロバート・ウィリアムスのプロモーションのため、「PREVIEW OF TRIBUTE TO ROBERT WILLIAMS」をヘルプ&サポートする。10月、エル・セガンドにあるガソリン・ギャラリーにてゴーストソロショー「THE BRIGHT」と、パルプのソロショー「COUNTER ATTACK OF YETI」を主催する。再び35点もの作品を完売させる結果を残す。11月、原宿のデザイン・フェスタ・ギャラリーにて、ジェットレンチのソロショー「JET PIGGY SHOW」を主催。12月、MOOEYES主催のホットロッド・カスタム・ショーのスペシャルゲストとして来日した、ロバート・ウィリアムスとスザンヌ・ウィリアムスをサポート。ショー後のプライベート観光もケアし、公私ともに親しくなり交流を持つ。12月、小田原にあるパンプキン・サリーにて、「KUSTOM KULTURE PRODUKTION」を主催。

2011年
2月20日、全米一の量のカスタム・カルチャー作品を取り扱う、ガソリン・ギャラリーを日本にオープンさせる。

現在、日々カスタム・カルチャーを広めるべく、日夜精力的に活動中!



“>noimage



A-Files click here≫

A-Files click here≫