CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

SRH

SRH

SRHは91年にカルフォルニア州のサンディエゴで設立された。
SRHは当初、設立者のライアン・ホワイトとケビン・ジンガーのライフスタイルを描くかのようにXスポーツに参加したり、アンダーグランドのパーティーを南カルフォルニアのビーチなどで行っていた。

SRHは当時から出資者を募ったり、業務提携を行ったりはしなかった。
なぜなら彼らは外部からの影響が彼らの会社とそのスタイルを変えてしまう事を恐れていたからだ。

「未開拓の売れそうなバンドを発掘し、育てたのはSRHだよ。多くのバンドが有名になる前に俺たちのショーでプレイしていたんだ。その後有名になっていった例は数しれないよ。俺たちが誇れるのはペニーワイズ、サブライム、インキュバス、コットンマウスキングスなどとその他数多くのバンドがSRHのショーに参加し南カルフォルニアで多くのファンを作り上げた事さ!」

「SRHは設立されてから今でも、多くのアスリートやミュージシャンと強い絆を 作り上げていて、SRHのライフスタイルを定着させている。俺たちにとって大事な事は俺たちをレペゼンしてくれる人たちは必ずSRHの事を知っていてそれを信用しているという事。俺たちは自分達の事を大きな家族と思っていて、その中にはライダーやバンド、サポーターも含まれている。それが俺たちのデカいファミリーさ!」・・・と彼らは言う。

 

SRHは大小問わず他のウェアーブランドのやり方を見てきて、それらがそれぞれその個性的なアスリートや音楽を作り上げて来たのを知っている。だが、SRHは忠誠と忠実な関係を静かに現代の若者と築いてきた。

今日SRHのシンボルであるスペードロゴは新しい場を常に追求する多くのアスリートやミュージシャンのシンボルとなって、過激な習慣をサポートしている。

また国内では、lowcalballなどのrock partyへのsupportそして2011年には大阪にてSRH presents”badass groove”をknotlamp,uzumaki,sim,coldrainなどをゲストに2日間に渡り開催。ローカルシーンとも深く繋がりを持ちながらストリートカルチャーをサポートしている。

関連リンク

SRH JAPAN



“>noimage



1 2 3