CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
L…Deep Open Air インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
L…Deep Open Air
西丹沢 大滝キャンプ場を舞台に5年目の開催を迎える神奈川・湘南発、野外パーティー...


【INTERVIEW】
Mr Wim インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Mr Wim
どこかネジがぶっ飛んでいて、それでいてどこか可愛らしさも感じられ。でもやっぱりちょっと変態...


【INTERVIEW】
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc)
南アフリカのカウントダウンフェスティバル「Rezonance Festival」やハンガリーで開催されている世界最高峰トランスフェス「OZORA Festival」に出演...


【INTERVIEW】
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay)
同じ瞬間は二度とないという意味での一過性、不定期でありながら永続的に先を見据える成長曲線。90年代後期、都内をはじめ、各地で数々のパーティーを繰り広げてきた...


【INTERVIEWT】
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT)
災害支援とアクティブマインドという共通項。起こった悲劇を受け止めながらも楽しむ姿勢と、もたらす出会いをパワーに変え先導する牽引者...


【INTERVIEW】
LafLife インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LafLife
DAN、OOgによる2MCラップクルー「LafLife」が、『Sons of the Sun & nomad 7 Inch Remixes』を...


【INTERVIEW】
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB] 『20YEARS, PASSION & RAIN』(LIVE DVD) リリースインタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB]
特別な日、長い年月の中でそう言える日はどれだけあるだろうか? 2017年10月29日、日比谷野音で行われたTHA BLUE HERB 結成20周年ワンマンライブ...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


KIZUNARI TOUR 2012 『2012年3月10日(土)福島県郡山市』 at 郡山HipShot Japan Report


KIZUNARI TOUR 2012 『2012年3月10日(土)福島県郡山市』 at 郡山HipShot Japan

Profile of |KIZUNARI|

KIZUNARI TOUR 2012
『2012年3月10日(土)福島県郡山市』

【場所】
郡山HipShot Japan

【アーティスト】
HAKAIHAYABUSA
◆ACROBAT ATHLETE(郡山)
CHANGE UP
KMC
◆太華
◆COUNTER WEIGHT

【DJ】
◆DJ CO-CO
DJ kenken
DJ MORICAWA

【MC and DJ】
LION HEAD

【live paint】
TAKUYA.Y

そして2日目。郡山。移動時間など考え早めに集合するも、雪情報でメンバー一同凍りつく。むしろ一番凍りついたのは僕でした。もしかしたらノーマルタイヤでは山は越せないかもと言われ、タイヤ屋さん巡りをするがどこも売り切れ。取りあえず進んで見るものの、トンネルを通過する度に雪景色へ。一旦作戦会議。しかし会議した所で話は進まず、唯一スタッドレスを履いている山本号を先頭に進む事に。雪は怖いです。本当に。以前ツアー中に回転した経験があるので。。。が、なんとか無事到着!

ここ2日目の郡山はもしかしたら結構知らない人も多いかもしれませんが、市内でもかなりの数の家屋倒壊の被害がありました。そしてもちろんまだ完全に復旧しきれていない事を忘れてはいけません。

この日はリハーサル前にMCのMOJAとHAKAIHAYABUSAのNORIとKMCの3名で地元ラジオに出演。そのラジオを皆で車の中で聞きました。束の間の休息。ラジオから流れてくるこの”KOE”が、電波を通じてより遠くへ届く事を祈りました。やはりこのラジオという文化は曲の哀愁度が何倍にも増しますね。雪の降る東北で感慨深いものがありました。

実はこの日、同じ土地の別の場所で東京からライブをしに来ている仲間がいた事も忘れてはいけません。”STOCKMAN”と”BENCH”。そして会う事は出来ませんでしたが、”PABLO”。こういうサプライズは旅には付き物。そしてこの時期に出会う事に深い意味を感じました。

そして本番。本日の会場となる”郡山HipShot Japan”。ライブハウス自体はかなりの大きさで、広々していてとても居心地が良いです。この日のゲストは、一バンド目に地元の”COUNTER WEIGHT”。かなりクオリティーの高いハードコアサウンドを聞かせてくました。そしてステージ上でもしっかりとその温度をフロワーまで伝える事の出来る”KMC”が絆と繋がりをしっかりとドロップし、ゲストDJとして参加した”LIONHEAD”の選曲で会場に一体感が生まれつつ、MCと煽りで笑いの渦に。その笑を引継ぎ千葉からはご機嫌SKAバンド”CHANGE UP”。この流れは最高にご機嫌だった。もう大御所といって良い位活動暦の長いバンドなだけあって、圧倒的なパフォーマンスと踊れる楽曲に終始フロワーは笑顔に!

その後のDJ MORICAWAの熱い選曲で皆で歌い、いよいよこの郡山出身のバンド”ACROBAT ATHLETE”の登場。地元なだけに、昨夜以上の男気溢れるパフォーマンスにフロアーの熱気はマックスになった所で小倉代表DJ CO-COの登場。”一緒に東北の仲間と酒が飲みたい!”そんなMCを挟みつつ、上半身を脱ぎ。。。そして最後には。。。ご想像にお任せします(笑)。

そしてガラッと会場の空気を変えたのはヒューマンビートボックスの太華氏。このお方がステージに立つだけで、なぜかその場の空気が太華色に染まるという不思議な現象が毎度起こる。フロアーの人達は皆一同固唾を飲み太華氏の動きと発する音に集中する。そして歓声。その間の時間が短かったのか長かったのかすら分からない位の集中力。そして昨夜に引き続き、KMCとスタッツが登場。太華氏が発するビートに載せ二人がフリースタイル。普段ビートを発する側のスタッツもこの時ばかりはMCとしてラップを披露。そしてこれがまたかっこいい!意外な才能に一同驚き盛り上がる。

この日もトリを飾ったのは”HAKAIHAYABUSA”。このツアーに対する意気込みを表すかのような力の篭ったステージ。普段は緩く、リラックスしたステージを演せるこのバンドも、このツアーではステージ上の温度がいつも以上に高く、力強い”情”という要素が加わった様で、最後の”KOE”では何人もの人々が涙したであろうか。もちろんこの僕もステージ脇で思わず涙。実は昨夜の”KOE”でも涙したので今回第三涙ポイント。とても感動的なステージでした。

この日は公演終了後、打ち上げの為一同居酒屋へ。新しく出来た郡山の仲間と遅くまで宴は続くのでした。。。

Report by kenichi kono

KIZUNARI TOUR2012 REPORT
| 3月9日(福島県いわき市) | 3月10日(福島県郡山市) | 3月11日(宮城県石巻市) | 3月25日(東京都渋谷区) |


Posted in ALL ENTRY, CHANGE UP, DJ MORICAWA, EVENT, KENKEN, KIZUNARI, KMC, LION HEAD, REPORT, TAKUYA.Y, ハカイハヤブサ, 太華 |