CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

LIBRO

LIBRO / リブロ

日本のヒップホップ・シーン黎明期から活動をスタート。

97年にラップ、トラックメイキング双方を手がけるスタイルでデビュー。98年にリリースしたミニ・アルバム「胎動」は、様々なアーティストが自らのスタイル確立に切磋琢磨するヒップホップ・シーンの中において、全く新しい風を吹き込むオリジナリティ性を提示、大きな話題を呼ぶこととなった。

03年の「三昧」以降は、トラックメイカーとしてあらゆるジャンルの匂いを取り入れつつも、何にも偏ることのない自らのジャンルに昇華してしまう突出したセンスでラッパーやシンガーにトラックを提供。

06年にはLIBRO、シンガーKEYCO、映像作家の大月壮によるユニット、FUURI名義でフルアルバム&DVDをリリース。全曲のサウンドプロデュースを担当。

09年にはLIBRO名義では初のインストアルバムとなった「night canoe」をリリース。

2014年5月、当代きっての個性的なラッパーを招いた「COMPLETED TUNING」、そして同年末に発表されたインストアルバム、そして2015年1月にはBLACK SWANからEP「GEAR」を、同年4月、全編で自身がマイクを握ったソロアルバム「拓く人」をリリース。10月には嶋野百恵をゲストボーカルに迎えたアルバム「オトアワセ」をリリース。2016年5月、全編ラップソロアルバム「風光る」を発売。


関連リンク

Twitter
soundcloud
Blog



“>noimage



A-Files click here≫

A-Files click here≫