CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
L…Deep Open Air インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
L…Deep Open Air
西丹沢 大滝キャンプ場を舞台に5年目の開催を迎える神奈川・湘南発、野外パーティー...


【INTERVIEW】
Mr Wim インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Mr Wim
どこかネジがぶっ飛んでいて、それでいてどこか可愛らしさも感じられ。でもやっぱりちょっと変態...


【INTERVIEW】
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc)
南アフリカのカウントダウンフェスティバル「Rezonance Festival」やハンガリーで開催されている世界最高峰トランスフェス「OZORA Festival」に出演...


【INTERVIEW】
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay)
同じ瞬間は二度とないという意味での一過性、不定期でありながら永続的に先を見据える成長曲線。90年代後期、都内をはじめ、各地で数々のパーティーを繰り広げてきた...


【INTERVIEWT】
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT)
災害支援とアクティブマインドという共通項。起こった悲劇を受け止めながらも楽しむ姿勢と、もたらす出会いをパワーに変え先導する牽引者...


【INTERVIEW】
LafLife インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LafLife
DAN、OOgによる2MCラップクルー「LafLife」が、『Sons of the Sun & nomad 7 Inch Remixes』を...


【INTERVIEW】
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB] 『20YEARS, PASSION & RAIN』(LIVE DVD) リリースインタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB]
特別な日、長い年月の中でそう言える日はどれだけあるだろうか? 2017年10月29日、日比谷野音で行われたTHA BLUE HERB 結成20周年ワンマンライブ...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


Rainbow CHILD 2020 – 2015.08.08(Sat) at 岐阜県八百津町蘇水公園&美濃加茂市日本昭和村 ~出演アーティスト第3弾~(日本昭和村会場)

Rainbow CHILD 2020 – 2015.08.08(Sat) at 岐阜県八百津町蘇水公園&美濃加茂市日本昭和村 ~出演アーティスト第3弾~

Rainbow CHILD 2020
~出演アーティスト第3弾~(日本昭和村会場)

あきいちこ
浦林くるみ
内川祐
kame
HANOI BON’Dz
仙人掌人形
きよふみ
mitoaoto_
小向サダム

映画『カンタ!ティモール』上映&広田奈津子監督トーク


~出演アーティスト第2弾~(蘇水公園会場)
(http://a-files.jp/rainbowchild2020-2015-2.html)

Spinna B-ILL
bird
大<オロチ>蛇
DAZU-O
SARATOGA
ラビラビ
工藤真工
DJ FUNAC
DJ sshinkuu


~出演アーティスト第1弾~(蘇水公園会場)
(http://a-files.jp/rainbowchild2020-2015-1.html)

Keyco × Mountain Mocha Kilimanjaro
DELI
JHETT a.k.a YAKKO
ending note
morning set
かむあそうトライブス
K sunshine funk BAND

and more…


Rainbow CHILD 2020
2015年8月8日(土)

【会場】
岐阜県八百津町蘇水公園&美濃加茂市日本昭和村

八百津町 蘇水公園 10:00~21:00
岐阜県加茂郡八百津町伊岐津志

美濃加茂市 日本昭和村 10:00~18:00
岐阜県美濃加茂市山之上町2292−1

※両会場と美濃太田駅を結ぶ無料専用シャトルバスを運行予定!
※駐車場は日本昭和村駐車場をご利用ください 蘇水公園会場に駐車場はありません。

【チケット】
■ 公式HP限定早割チケット ¥2000 【両会場共通】
http://www.rainbowchild2020.com/ticket

■ 通常前売チケット ¥2800 【両会場共通】
ローソンチケット
http://l-tike.com/d1/AA02G07F1.do?DBNID=1&ALCD=1&LCD=48080

チケットぴあ
http://ticket.pia.jp/pia/event.do?eventCd=1514425

eプラス
http://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002153074P0030001

■ 当日券
【蘇水公園会場】¥3,500(小学生以下無料)
【日本昭和村会場】¥830(小人 ¥400)

※すべての前売りチケットには日本昭和村入場料が含まれています。
(RAINBOW CHILD2020当日、日本昭和村会場に入場されなかった場合も、8月31日まで1回のみ入場券としてご利用いただけます。)


蘇水公園ワークショップ

◆蘇水公園会場&日本昭和村会場にて、40組以上のアーティストが出演!

◆蘇水公園ワークショップ
・キッズボート、カヌー、バナナボート無料体験(水上デモンストレーション有り!)
・スケートボードランページ無料体験(プロスケーターのデモンストレーション有り!)

◆日本昭和村
・映画「カンタ・ティモール」上映&監督トーク

出店者募集

蘇水公園会場では家族で楽しめるワークショップ、飲食・雑貨などさまざまなブース出店を予定しています。
RAINBOW CHILD 2020を一緒にもりあげてくださる方の出店申し込みをお待ちしています。
(http://www.rainbowchild2020.com/shutten-boshu)

■主催 RAINBOW CHILD 2020 実行委員会
■共催 八百津町
■後援 八百津町観光協会 八百津町教育委員会 八百津町B&G海洋センター 美濃加茂市 日本昭和村
■協力 公益財団法人マリンスポーツ財団

Rainbow CHILD 2020 Official Website
http://www.rainbowchild2020.com/


あきいちこ

あきいちこ

名古屋発。実力派シンガーソングライター。2003年より活動開始。
強さと繊細さを兼ね備えたボーカルを武器に、ポップでリリカルな世界観を紡ぎだす。
2009年より3年間に渡り、東海テレビ「いいこと!」テーマソングとして「Beautiful Days」が起用。
2014年3月、テレビ愛知「天気予報」に「STEP STEP」が起用。
2014年1月より東海ラジオ「金シャチ劇場」の案内人を務める。
2015年4月より@FM(アットエフエム)80.7Mhz(※旧FMAICHI)にて、新番組「NAGOYAKA」のパーソナリティに抜擢(毎週日曜日24:30~25:00)される等、その活動の幅を広げる。
2011年6月、2012年3月、9月に行われたワンマンライブでは、それぞれソールドアウト。
2013年6月、2014年2月、6月にはElectricLadyLandのワンマンライブが盛況に終わる。
2015年7月11日、Electric LadyLandにて7回目のワンマンライブが決定!!
弾き語りから、サポートを加えてのアコースティック、バンドスタイルと様々なスタイルで、ライブハウス、カフェ、ショッピングモールなど場所にとらわれることなく、精力的に活動中。

★HP★
http://akiichiko.jimdo.com


浦林くるみ

浦林くるみ

1986年10月28日愛知県名古屋市生まれ。
2015年5月栃木県宇都宮市へ移住。
2003年から2013年までtheSing2YOUのボーカルとして活動。
theSing2YOU活動休止後2013年10月から浦林くるみソロ活動開始。
唄とアコースティックギター。
張りつめた糸が切れるように。
絡まった糸がほどけるように。
あなたもあたしも少しでも楽になったらいいなと唄っています。
あなたに会いたくて唄っています。
探しものはみつかりましたか?
あたしはまだ探しています。
どこへゆくのか。
交わるところであいましょう。

Twitter @kurumibon


内川祐

内川祐

19歳シンガーソングライター
とにかく全力、何事にも全力、走り回ります!笑
昨年12月にワンマンライブを行ったり、2015年には2月に1度「ゆうくん家」という自主企画を行ったりと勢力的に活動してます!

熱く、激情的、笑いあり涙ありのライブを是非体感して下さい!
毎週金曜日 20時?21時 愛知県金山駅にて定期路上!!


kame

kame

たこ @utako1gou
西やん @Guitar5rilla
それぞれ別々に活動後、
2013年10月結成
名古屋を中心に活動中。
力強く伸びやかな「たこ」の歌声、パワフルかつ真っ直ぐな「西やん」の歌声から生まれるハーモニー。
攻撃的かつ繊細なアコースティックギターが奏でるメロディーが重なり日常の温かさや切なさをきりとりながら、ツインボーカルユニットとして独自の世界観を
作り上げていく。


HANOI BON’Dz

HANOI BON’Dz

『先生、オレ、、、悪ふざけがしたいです。』
『諦めたらそれでライブ終了ですよ。』
そんなやり取りの末、創造された
わっき?☆なりなり(Vo.Gt)
タクミモンスター(key.DJ)
2匹の変なイキものからなる狂気のユニット☆
踊れる、笑える、泣ける、…なんかムラムラする!?
エレクトロでキッチュな狂気の脳内革命☆
この世の生命体が皆持つ悪戯心、悪ふざけの思考回路にまさに今、
サブカルチャーニューウェーブ? が巻き起こる!!!


仙人掌人形

仙人掌人形

60’s、70’sのオールディーズやフォークソング、歌謡曲などに特に強い影響を受けたマスダの作る楽曲と唄、
一度聴いたら忘れられない優しく切ない声のカナコの男女二人から成るツインボーカルデュオ。


きよふみ

きよふみ
1964年   岡山県玉野市で生まれる
1972年   8歳でギターの弾き語りを始める
      小学校の教室にみんなを集め歌う(まるでジャイアン)
1977年   中学に入り 文化祭などで活躍
1979年   CBSソニー主催 第一回フォークバンドフェスティバル中国大会にて
      最優秀賞に輝く
1980年   玉野高等学校に入り フォークソング部に入部
      社会人サークルL.M.C(ライトミュージックカントリー)にも入り
      バンド・ユニット・ソロなど活動の幅を広げる
      第二回フォークバンドフェスティバルにゲスト出演
      その他 コンテストにも多数出演 数々の優秀な成績を収める
1982年   上京し活動の中心を東京に移し
      ライブハウスでの活動を始める
1987年   東京のライブに加えて地方でのライブ活動も積極的に行う
1998年   1stアルバム「Rose Garden」をリリース
      以後2007年までに
      2ndアルバム「夏休み」3rdアルバム「あの海にかえれない」
      4thアルバム「彩色」5thアルバム「雫」
      5枚のアルバムを発表
       ライブツアーを本格的にスタートさせる
      以降 現在に至るまで ツアーを中心とした音楽活動を発展させてゆく

2008年   近年は年間3本のツアー(南向き2本 北向き1本)と
      東京でのライブを合わせて
      1年間で約100本のステージを行うようになる
2009年   2010年に弾き語り35周年を迎えるにあたり
      「きよふみプロジェクト」と云う企画を立ち上げる
      2010年度 全国365日連チャンツアーを企てる

      家族会議により資金繰りに問題が発覚
      「きよふみプロジェクト」2011年度に変更決定
2010年   6枚目のアルバム「earth」を発表。
      ベターアルバム「RAON」を制作。
2011年   「きよふみ 365日連チャンライブツアー」
       4月1日から2012年3月31日まで
2012年    うるう年の為結果366日連チャンライブツアーを成功させた
       初のDVD「366」発売
2013年    次へすすむ為アルバム「NeXT」を発表
      なんとなく岡山に拠点を移す(流星5号から6号に代わる)
2014年    玉野市のふるさと大使になる
2015年    4月1日から2度目の366日連チャンライブツアーをスタートする


mitoaoto_

mitoaoto_

【アート×音楽】をコンセプトとするドリームポップのバンドとして名古屋で2013年3月より活動開始。
芸術活動の一貫で音楽を中心とし、ドリームポップやシューゲイザー等の影響を受け、さらにアート性のある音楽をポップへと昇華させるべく活動している。エフェクトで空間をデザインしたバンドサウンド、ボーカルの美しいハイトーン、音楽とリンクしたVJによる映像演出を是非体感して頂きたい。

また、積極的に活躍中のアーティストとセッションをすることにより、バンドスタイル、アコースティック、ピアノソロ、電子楽器による演奏など場所・形式にとらわれずに”mitoaoto_”を感じてもらうパフォーマンスを強みとしている。


小向サダム

小向サダム
シンガーソングライター。

映画カンタ!ティモール撮影/制作/音楽監修。
きれいな川と風が好き。


映画『カンタ!ティモール』上映&広田奈津子監督トーク

映画『カンタ!ティモール』

ティモール島を舞台にした音楽あふれるドキュメンタリー、日本昭和村会場 昭和座で上映!

2015年8月8日(土)<上映時間はRainbow CHILD 2020ホームページで告知します>
RAINBOW CHILD 2020 日本昭和村会場

舞台は南海に浮かぶ神々の島、ティモール。
ひとつの歌から始まった運命の旅が、音楽あふれるドキュメンタリー映画となった。
この島を襲った悲劇と、それを生き抜いた奇跡の人びと。その姿が、世界に希望の光を投げかける。

当時23歳だった日本人女性監督は、人びととの暮らしの中で現地語を学び、彼らの歌に隠された
本当の意味に触れてゆく。そして出会う、光をたたえるまなざし。詩のようにつむがれる言葉の数々。
それは観る者の胸をそっと貫き、決して消えない余韻となる。
日本が深く関わりながら、ほとんど報道されなかった東ティモールの闘いをとりあげた、国内初の長編。自主映画ながらも感動は国境を越え、5カ国100カ所以上の試写会で会場が心を震わせた、愛すべきエチュード。

ストーリー

東ティモールで耳にした、ある青年の歌。日本帰国後もメロディが耳に残って離れない。
監督たちは青年を探すため島へ戻る。そして一つの旅が始まった───

「ねぇ仲間たち。ねぇ大人たち。僕らのあやまちを、大地は知っているよ」

歌はこう始まっていた。
直接的な言葉を歌えば命に危険が及ぶ、インドネシア軍事統制下にひっそりと歌われた歌だった。
青年に連れられて、監督たちは島の奥へと入っていく。
そこに広がるのは、精霊たちと共にある暮らし。青い海、たわわに実るマンゴー、はじけるような笑顔の人々。
常夏のおおきな太陽に照らされ、深い影を落とすのは、人々の命を奪った軍事侵略。
報道にのらない地下資源ビジネス、日本の驚くべき行動。
3人に1人が命を落としながら、彼らが守り抜いたもの───

「悲しい。いつまでも悲しみは消えない。でもそれは怒りじゃない。怒りじゃないんだ。」

「人は空の星々と同じ 消えては 空を巡り また必ず 君に会える」

弾丸が飛び交う中、人々は命をわけるように助け合い、そして笑い、歌った。
大地に生かされ、輪になって踊る、遠く懐かしい風景。
いつのまにか、ティモールの旅はそっと監督たちに問いかける。
愛すべきふるさと、日本の島々の姿を───

監督トークあり!

広田奈津子監督

広田奈津子監督
1979年愛知生まれ。南山大学スペイン語科卒。環太平洋の先住民に関心を寄せるうちに、東ティモールに出会う。2002年に同国を訪れ、アレックスの歌を耳にする。2003年、再びアレックスに会い、彼の歌を追いかけた旅が本作品となった。初作品。


映画「カンタ!ティモール」
ジャンル:ドキュメンタリー
上映時間:110分間

[プロデューサー] 小向定 (こむかいさだむ)
[監督] 広田奈津子(ひろたなつこ)
[シナリオ/編集/ナレーター] 広田奈津子
[助監督/音楽監修] 小向定
[監修]中川敬(Soul Flower Union)
[監修]南島風渉(報道写真記者・著作「いつかロロサエの森で 東ティモール・ゼロからの出発」)
[企画・制作]広田奈津子 /小向定
[公式サイト]
http://www.canta-timor.com/


Posted in ALL ENTRY, EVENT, EVENT INFO, Rainbow CHILD 2020, RECOMMEND |