CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
THE CHERRY COKE$ (KATSUO、LF) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
THE CHERRY COKE$ (KATSUO、LF)
結成18年という長い年月の中、数々のメンバーチェンジを繰り返しながらも着実に夢を掴みに行く姿勢を見せ続けるTHE CHERRY COKE$が遂にカリブ海への航海へ出た...


【INTERVIEW】
DÉ DÉ MOUSE インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
DÉ DÉ MOUSE
6枚目のフルアルバム『dream you up』をリリースしたDÉ DÉ MOUSE。時代を先取り続けてきたその先にたどり着いた深化...


【INTERVIEW】
LESS THAN JAKE(Roger、Buddy)× KEMURI(伊藤ふみお)インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LESS THAN JAKE(Roger、Buddy)× KEMURI(伊藤ふみお)
これまで幾度となく共演を重ねてきた日米を代表するスカパンクバンド、LESS THAN JAKEとKEMURI...


【INTERVIEW】
Sakiko Osawa「Chronic」リリースインタビュー ~道玄坂の繋がりと流れから~ / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Sakiko Osawa
CD HATAを中心にレーベルオーナーであるヴィーナス・カワムラユキ、そしてvoice参加している芸術家アイドルユニット ナマコプリの二人と共に...


【INTERVIEW】
Ziv Lahat (Painter, Illustrator etc) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Ziv Lahat
イスラエル出身/在住。スケートやサーフシーンからホットロッドなどのバイクシーン、更には独自に日本文化を学び、オリジナルな色彩センスとアートスタイルを絵に落とし込む...


【INTERVIEW】
FLYOVER – AKIRA & O.R. インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
FLYOVER – AKIRA & O.R.
FLYOVER AKIRA、常に描き続け、進み続ける視線が見据えるものは…。そして、一昨年ベルリンに渡ったO.R.が遂に1st EPを完成させた...


【INTERVIEW】
亮弦-Ryogen- インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
亮弦-Ryogen-
ギター1本。彼が鳴らす音はその場の空間を埋め尽くす。例えそこが小さなライブハウスだろうと、野外のパノラマ大自然の中であろうと...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


SATO-BOY (Sunset Bus,Lou Dog,Skunk Records Japan,One Big Family Records) INTERVIEW

SATO-BOY (Sunset Bus,Lou Dog,Skunk Records Japan,One Big Family Records) INTERVIEW

Profile of |Satoboy|SUNSET BUS|


西海岸文化の中でも特にReggae Rockといいジャンルにとことん拘りを持ち追い続けるSUNSET BUSのSATOBOY。時にはSHOPのオーナー、時にはレーベルオーナー、時にはバンドマンのフロントマンしてハッピーバイブスを全国に撒き散らし駆け回るそんな彼にNEW ALBUMや日本のSCENEの事について伺いました。

SATOBOY interview

SATO-BOY (Sunset Bus,Lou Dog,Skunk Records Japan,One Big Family Records) INTERVIEW

—–それではお願いします。まずはバンドの結成なんですが、結成後どれ位経ちますか?

結成してから、6年目!
2007年やったから。

—–もうそんなに経つ?

そうなんよ。もうそんなになるんよ。

—–前身バンドの3.6 MILKは?

11年位やったかな?だからトータルで17年位なんかな。

—–リリースの話の前にちょっと聞きたかったんですけど、3.6MILKでインディーで活動して、メジャーに進出して。一通りやったわけじゃない?それで、3.6MILKが解散して割と直ぐにSUNSET BUSを始めたわけだけども、その頃の事を少し聞かせて貰ってもいいですか?

俺は個人的にレーベルとかもやってたし解散した後はバンドは少し休もうかなって思ってたんやけど、TEPPEI(Guitar,Vocal)が割と『サトシ一緒にやろ』って、直ぐに活動したい感じやったから。でも一から新しいバンドをやるって事に先のイメージがわかんくて、とりあえず曲が出来たら音源出してっていう感じで徐々に活動していった感じかな。

—–3.6MILKの頃はメジャーだったしやっぱりスタンスがもっとガツガツしてたというか、売る事をある程度意識してたとは思うんだけど、SUNSET BUSに関してはもう少し緩い感じだったのかな?

最初はほんま全然イメージ出来なかったし、どんな曲が出来てどんなライブをしてどんな感じになっていくのか分からんかったから。だから活動も割と探りながらで最初は『俺らサンバス始めたから頼むわ~』みたいに広めるノリでも無かったし、一からライブハウスでライブやっていった感じかな。どんなとこでもやっぱライブやってるのが楽しかった。

—–確かに地味だったかも(笑)それが2007年の頃の話かな?

2007年やね。

—–それでデモ作って、自主でアルバム出したのが?

2008年の”COME AGAIN”。結成して1年後には出してたと思う。で、その後にChokesleeperとスプリット出して。で、”BEER GARDEN”出してって感じ。

—–という事は今回のアルバムが4枚目ですな?どんな仕上がりですか?

ミニアルバムで、7曲入り。タイトルが”HAPPY HOUR”。楽曲自体は結構勢いノリ重視で。前作のBEER GARDENも結構反響良かったし、ライブでのお客さんの反応も凄く良かったっていうのもあって、そのまま前の流れを反映していった感じなんかな。全部では無いけど、お客さんが楽しい感じになる様な曲を作る大切さを(ライブでステージから)お客さんを見て、また新たに認識したというか。こういう曲作ったら楽しいちゃうかなとか思ったりしながら作ったかな。

—–割とLIVEでお客さんが楽しく騒いでる姿が想像出来そうな感じの楽曲って事かな?

そやね。こういうのあったらライブで一緒に楽しめんちゃう?って狙った曲もあるし。よりライブを意識した感じ。最後に一曲緩い感じの曲を入れさせて貰ったけどね(笑)。

—–結構パンクやメロディックやスカな要素が強そうな感じがするね?

その通りです!

—–ちなみにもう持ち曲がたくさんあると思うんだけど。限られたLIVEの時間の中で、演奏する曲はどうやって決めてるの?

基本はTEPPEIが決めて持ってきて。その日のライブの主旨だったり雰囲気だったり、主催者との繋がりだったり、そういうのはより俺の方が良く分かってるから。それに対して曲や曲順を変えて相談する感じかなー。

—–なるほどなるほど。それでまたちょっとSatoshi個人の事聞きたいんだけど。”One Big Family”っていうレーベルをやっていますが。それっていつ始めたんですか?

2005年からやから8年目かな。3.6MILKをやってる頃からやから。

—–どんなレーベルなのでしょうか?

国内外のアーティストを集めたオムニバスや単独音源を出してるレーベルで。海外ではSKUNK RECORDSの作品だったり、レゲエロック系のオムニバス中心かな。国内はGolden Whiskey Jam Soundだったり、今度はヨンバルカンを5月にリリースするよ。ただ最近は結構SUNSET BUSの音源作りで忙しかったりであまり出せてなかったんやけどね。オムニバスもまた今年は出そうかなと。

SATO-BOY (Sunset Bus,Lou Dog,Skunk Records Japan,One Big Family Records) INTERVIEWSATO-BOY (Sunset Bus,Lou Dog,Skunk Records Japan,One Big Family Records) INTERVIEW

—–一回Satoshiの流れをおさらいすると(笑)”3.6MILK”ってバンドをやってる中で、”One Big Family”というレーベルをはじめて、解散後”SUNSET BUS”をはじめて、あのSUBLIMEを輩出した”Skunk Records Japan”を立ち上げて、その後大阪にアパレルSHOPの”LOUDOG”っていうのをオープンしてっていう感じかな?

そやね。それで”LOUDOG”が今年3月で2周年。

“Skunk Records Japan”を立ち上げたタイミングで店も出したから。タイミング的には良かったかな。で、店を出してバンドの方もいい感じで動き出せたから。BEER GARDENも出せたし。全てが上手くリンクしていったかな!まだまだこれからやけど。

—–ちなみにお店ではどんなブランドを扱ってるんですか?

Black Flys、DxAxM、Defcult、Deviluse、Seedless、STANCE、SRH、Vestal。
それにSHOPオリジナルのLOUDOGかな。

—–お店の内容的にもバンドの音的にもやっぱり西海岸カルチャーやSUBLIMEの流れを汲んだレゲエロックなどは切っても切り離せないとは思うし、3.6MILKが全盛期の頃はそれこそ周りにはそういうバンドもほとんどいなかったわけですが、この日本のレゲエロックのシーンに対してどう考えてますか?

結構核心的な質問だけど(笑)

正直あまり他のバンドがやってる事とかはあまり意識してないんやけど、自分達がどうあるかっていうのが一番大事やから。

—–でも実際、例えばハードコアシーンだったりスカシーンの様に日本にそういうシーンがあって凄く盛り上がってるわけでもないわけじゃない?

そーなんやけどね。でも全然諦めていないし、見ててや。やっぱりアメリカの映像とか見たりしてもそうだけど、見てみたい風景っていうのは常にイメージして頭にあるから。

そんなに簡単にはいかないし、なかなか厳しいかもしれんけど。いつになるか分からんくても、こんなんなったら面白ろいんちゃうかな?っていう理想に向けて一つ一つやっていくしかないからね。

—–しかも実際カリフォルニア自体もやっとまたこういう音が再度盛り上がってきたりしてるしね?

一時は結構落ちてたけど、今はだいぶ前に比べたらええ感じになってる雰囲気はあるから。

—–確かに確かに。実際結構現地からもアーティストを招いてるけど、SATOSHI自身で誰を呼んだっけ?

最初に”TOO RUDE”呼んで、カナダの”SUBB”を呼んで。Skunk RecordsからTokotasi、Philieano。で、OPIEを呼んだかな。

—–ちなみに元々日本のバンドとかって聞いてた?

いや、最初は全然。洋楽ばかり。自分でバンドをちゃんとやり始めてから周りのバンドを聞き出したりして。今だったら周りの日本のバンドの方が刺激を受けるし、好きなバンドも10-FEETだったりG-FREAK FACTORYだったりSHANKだったりHEY-SMITH、HAKAIHAYABUSAだったり、やっぱり周りのバンドが凄く多いかな。若いバンドにもすごく影響受けるし。今は凄く良い環境。

—–大阪って今はどう?UZUMAKIとかGOOD 4 NOTHINGだったり多ジャンルで同世代のバンドがたくさんいますが。

一時に比べたら少し落ち着いたなんていう人もおるけど、客観的に見たらええ感じな気がするけどね~。一時、10年前とかやったらバンドマンがツアーで大阪を飛ばすなんて事は当たり前やったからね。大都市大阪をやで(笑)

—–確かに、我々のバンドもそれ位の時期は大阪は人が入らないっていうイメージで飛ばしてたかも(笑)

うんうん。大阪飛ばされるってなんなんやろってなって。今考えたらそれって大事件やんって(笑)それで同世代のバンドマンとかライブハウス関係者とかががんばったのはあるかも。

—–人が入らないイメージと定着出来る箱がなかったイメージかな。

それとやっぱり、HEY-SMITH、EGG BRAIN、The Skippersとかの世代がおもろい活動してるからね!シーンを賑わしてるから今は大阪はええ感じなんちゃうかな。

—–実際その下の世代のバンド達もいるの?

おるよおるよ!20歳位の。最近の地元のお客さんもちゃんとそういうバンドも見にいってて。昔はツアーで来た東京の大きなバンドしか見に行かなかった様な時もあったんやけど、今はしっかりと地元のバンドを見に行ったり。そういうシーンを見てるといいね~って思う。

—–なるほどなるほど。ちなみに海外でSUNSET BUSはやらないの?

もちろんやりたいなーとは思うてる。自分のイベントをカリフォルニアでやりたいなーって思ってる。来年位には一回行きたいなーなんて思ってて。今までコンピに入ったバンドとか呼んだりして出来たらなーって。

—–あ、取材いくいく(笑)

来て来て(笑)試しにまずは一回やってみてどんな感じで、もっとこうしたら良くなるかな?とか。もしかしたら日本でイベントするよりすんなりおもろい事が出来るかもしれないし。

—–向こうって人の集まる瞬発力が凄いっていうか。人がバッと集まるじゃない?そこがなんか日本と違うっていうか。人が集まるのに理由はいらないっていうか。だからなんか上手くいきそうな気がする。

せやね。でも、日本にもたくさんバンドは来日させたいなとも思うし。両方出来たらええな。

—–昔ほど海外のバンドの来日の影響力とか新鮮さっていうのは無くなっては来てるものの、好きなバンドが来たらやっぱり凄く緊張感も出るし刺激も受けるしっていうのはあるよね。

うんうん。ワクワクするね。それが無くなってしまったら終わりっていうか、寂しいよね。

—–そうなんだよねー。やっぱり常に海外は意識してたいし、そこの拘りを持って活動してるバンドは結構減ってきてるから。SUNSET BUSは貴重ですよね。ちなみに呼びたいバンドとかは?

う~ん、可能かどうかはわからんけどSlightly Stoopidとか、Rebelutionなんかも呼びたいかな。Rebelutionは10-FEETも向こうでタイバンしたみたいで。結構気にいって刺激を受けて帰って来たみたいよ。呼べたら楽しい事になるかも。

SUNSET BUS"HAPPY HOUR"リリースパー ティー&LOU DOG2周年パーティー

—–確かに確かに。それで話をSUNSET BUSに戻しますが。リリースがあって、今後の予定は?

リリースした後11本位ツアー回るかな。3月30日(土)に大阪アメ村CLUB DROPとFANJ twiceの二会場でイベントをやって。
これがSHOP”LOUDOG”の2周年とアルバム”HAPPY HOUR”のリリースパーティーっていう感じ。

—–ちなみにバンドは?

BOMB FACTORY、NUBO、G-FREAK FACTORY、HAKAIHAYABUSA、SHANK、Dizzy Sunfist、 EACH OF THE DAYS、Relents、VIBEDRED、ヨンバルカン、GIZMO…とか。まーたくさんです。

—–かなり豪華なメンツで。なんかSUNSET BUSはちょうどその緩い感じのバンドとメロディックやハード目のバンドの間位で調度いいかもね?

せやね。オープニング入れて総勢15バンド。2会場で被らずに片方でバンドが終わったら、会場が隣同士やから直ぐに移動すれば見れるっていう仕組み。全部見ようと思えば見れる(笑)

—–うわ!それ面白そう。

体力のある人は最初から全部見て~って。それがスタートで、6月28日が下北沢シェルター。最後6月30日が大阪DROPでファイナルかな。

—–その後の夏以降の予定は?

特にまだ決まってないかな。構想はあるけど、まだ実現するかどうか分からないっていう段階。

—–ちなみに今ってメンバーはもう固まったの?

ドラムのタローちゃんはヘルプで。他にも色々ヘルプで叩いたりしてるけど、SUNSET BUSの日程を優先してくれてるし結構助かってる。それでも被った場合はkenkenあたりに?(笑)

—–俺はいいよ(笑)面白そうだけど。前に一回横浜かなんかで叩いてって頼まれた気がするけど、あっさり断ったね(笑)

kenkenとやったらやってみたいなー(笑)でも実際ガチガチな感じじゃなくて良い意味での遊び心を持った緩い感じで、違うアーティストとやったりっていう柔軟性は全然あるかも。確かに若い頃は、常にストイックな時期もあったんやけど、そういうのを経験した上での緩いのやったらありやな。

—–インディーもメジャーも一度両方経験してるから、色々見える部分もあるだろうし。良い面も悪い面もどっちも兼ね備えたのを知った上での今の環境だから。ちょっと肩の力は抜けるかもね。

それ位少し緩く軽い感じでやってるバンドがいたら、これからバンドやろうっていう子達も入りやすいかもしれんし。こんな感じでええんや(笑)やってもええんや(笑)みたいな。

—–それありなんや!みたいなね(笑)

ドラム毎回違う人やけどありなんや!ってね(笑)

—–基本音楽は自由だからね~。特にSUNSET BUSみたいのはそれ位緩い方がいいよね。

とは言いながらも真面目にがんばってやってますんで(笑)

—–ですよね(笑)さて、そろそろ締めに入りたいのですが。最後に何かありますか?

う~ん、最高傑作なので、最高傑作でもないか(笑)聞いて貰えたら嬉しいですね。

—–きっと最高でしょう(笑)今日はありがとうございました!


Interview by kenichi kono

SUNSET BUS”HAPPY HOUR”リリースパー ティー&LOU DOG2周年パーティー

SUNSET BUS"HAPPY HOUR"リリースパー ティー&LOU DOG2周年パーティー

PROFILE OF | SUNSET BUS |
| LOU DOG |

2013年3月30日(土)
アメ村DROP & FANJ twice(2会場)

*リストバンドへの交換は11時30分より FANJtwice前で行います。

OPEN 12:30/START 13:30
ADV 2,500円(D別) / DOOR 3,000円(D別)

[Band]
SUNSET BUS
BOMB FACTORY
Dizzy Sunfist
EACH OF THE DAYS
G-FREAK FACTORY
HAKAIHAYABUSA
NUBO
Relents
SHANK
VIBEDRED
ヨンバルカン
GIZMO(O.A.)
and more…

[Dj]
NISHINO(O-Level/Free Again)
SHiN(DxAxM/STAY HiGH)
KAZUAKI (EXTRA ISSUE/SRH)
Kenken (a-files/lowcalball)
KOMORI(Free Again)
ACCHAN(Feelin’)
GOOD☆SUN(O.M.F)
shin666
IKEDA (S I S)
なまこ (RUDY STEP)
ゆめたす(Feelin’)

[Acoustic Live]
JAGGER”The Skippers”

[Dance]
どぶいろクローバーZ

[Food]
ジャガードッグ

[ジグソーパズル]
ゆうへい(12HOURS SLEEP)

[Total Info] LOUDOG 06-6121-2007


SUNSET BUS 2nd Mini Album 『HAPPY HOUR』 RELEASE

SUNSET BUS 2nd Mini Album 『HAPPY HOUR』

SUNSET BUS
『HAPPY HOUR』2013.03.20 RELEASE

01. TRY HARD
02. DREAMER
03. ワレワスレテ
04. FIST
05. NOT TOO LATE feat Misaki(Special Thanks)
06. PSYCHO FRIENDS
07. DEAI

CBR-55(通常盤)
CBO-02(TOWER RECORDS限定盤)
1,890円(税込)


【タワーレコード特典】
SPECIAL ACOUSTIC DISC(7曲入り)
http://tower.jp/item/3216110/HAPPY-HOUR
SUNSET BUS 2nd Mini Album 『HAPPY HOUR』 (タワレコ盤黄文字ジャケ)

タワレコでお買い上げのCDは既に2枚組仕様になっております。 店頭でACOUSTIC DISCを受け取ってご自宅でCDを開けて、ACOUSTIC DISCをはめ込んでタワレコの限定盤は完成になります!! 完全枚数限定生産です。 なくなり次第通常盤(1枚もの)になりますのでご注意ください。


【IMC特典】
http://www.indiesmusic.com/

CDのみ、T-shirts付きセットどちらでもオバケポスターが付きます! 今、ちまたで話題のオバケポスターがほしい人はこちらで!!
SUNSET BUS 2nd Mini Album 『HAPPY HOUR』 IMC特典


【フォーユー八食店特典】
SUNSET BUSのCD(新、旧どちらでも)お買い上げで、4/6の八戸ROXXでのツアーチケットもお買い上げの方に、オバケポスターとCAFFEINE BOMBタオルをプレゼント!! 先着になりますのでお早めに!! チケットは3/1発売です。 その時点でアルバムも予約いただければ、特典対象になります!


Tour Schedule 2013

3/30 心斎橋 FANJ TWICE&DROP
4/6 八戸 ROXX
4/7 仙台 MACANA
4/27 横浜 Club Lizard
4/28 名古屋 ZION
5/11 岡山 IMAGE
5/18 神戸太陽と虎
6/15 長崎 STUDIO DO
6/16 福岡 Quebick
6/28 下北沢 SHELTER
6/30 心斎橋 DROP

-SUNSET BUS Official HP-
http://sunsetbus.net/


Posted in ALL ENTRY, EVENT, EVENT INFO, INTERVIEW, SUNSET BUS |