CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

G-FREAK FACTORY

G-FREAK FACTORY

小学生時代以来の腐れ縁となった茂木と原田が中心となり、1997年群馬県にて結成。
直後から自主企画”MAD SOUL CONNECTION”を開始。2000年3月 KOTTONMOUTH KINGSの来日公演OPENING ACTをまだ無名のG-FREAK FACTORYが務めその存在をシーンに決定づけた。8月 1st mini ALBUM「mi-roots」(廃盤)をマイクロ・フォースより発売 (当時はいわゆるミクスチャー系のバンドだった)。11月”MAD SOUL CONNECTION”において、前橋FLEEZ記録となる550人を動員。VA ALBUM「Tribute to BAD BRAINS」参加、BAD BRAINSの日本公演のOPENINGACTを務める。

2001年4月 「Northern Light Tribe」(廃盤)で東芝EMIより待望のメジャーデビュー。
しかし結成からメジャーデビューまで一気に駆け上がり、このままシーンの頂点を極めるかと思われた矢先、メンバーの不祥事とベースの脱退、所属事務所の倒産と、音楽以外のトラブルが相次ぎ、EMIとの契約が解消、バンドは活動停止となる。バンド自体の存続も不透明な中、またゼロからのスタートを決意、翌2002年にはライヴ活動を再開。
再スタートしたバンドはそのサウンドも大きく方向転換。それまでの過激なサウンドから以前より敬愛していたレゲエを大々的に取り入れた新しいサウンド「DREAD-ROCK」を展開。しかしながら、以前の契約問題などのしがらみからCDのリリースも出来ず、バンドはリリースに備え曲作りとライヴ活動に専念する。

2002年10月 VA ALBUM「Bring The Noise」(SME)、2003年3月 VA ALBUM「KICK THE NORM」(POLYSTAR)、2003年5月 VA ALBUM「極」(LDC)と、コンピレーションアルバムに立て続けに参加しながらリリースの道を探っていった。

2003年完全限定盤シングル「Sunny Island Story」をリリース。12月には待望の初フルアルバム「島生民」 (とうしょうみん)をリリース (現在も群馬に在住し、故郷にこだわりCD制作からPV撮影まで、すべて群馬で制作)。

2004年1月からは全国ツアー「島生民TOUR~2004」 (全国40箇所)を敢行。ツアー2本目の群馬におけるライブを収録、5月にライブアルバムとしてリリース。そして4月には渡米し、衣装でサポートしてもらっているブランド『seedleSs』のパーティーに参加、サンディエゴでのライブを行う (対バンはアメリカの「インソレンス」、日本から盟友「宇頭巻」)。5月からは勢力的にライヴ活動を続けながら、新しいアルバムの制作に入る。10月 2nd ALBUM 「36.29N,139.00E」をリリースし、全国ツアー「心のROOTSを探す旅~2004~」 (全国25箇所)に出る。2004年12月にツアーファイナルとして新宿LOFTでワンマンを行い大成功をおさめ、2005年 ベースのメンバーチェンジを経て、ライブ活動と、楽曲作りに専念する。

2005年8月にはSkyJamboree 2005の出演も果たし、順調かと思われた活動の中で再度のメンバ-チェンジを強いられる。

2006年は目だったリリ-スも無く、Hawaiian6や10FEETをはじめマキシマム ザ ホルモンやlocofrankなどといった友人バンドのツア-サポ-トに没頭。メンバ-の定まらない2007年はライブが結成以来最少と思われる5本に留まったが、現時点で発起人である茂木/Vo・原田/Gtの2人になったG-FREAK FACTORYはヘルプのメンバ-と共にゆっくりと再度のスタ-トを切ることになる。

2008年、復活の狼煙が消える間もなくこれまでの渇きを潤すかの如く県内外にてライブを行い、6月には10-FEETの“VANDALIZE”TOUR 2008 @高崎club FLEEZにて茂木の立案によるミックスカルチャーフェス“COLOSSEUM ”構想を発表。また、サポートメンバーとして帯同していた家坂清太郎/Drと吉橋伸之/Bassが正式メンバ-として加入する。7月には盟友10-FEET企画の“京都大作戦2008”出演。9月20日、1年近くに及ぶ計画の末、COLOSSEUMVol.001を開催。10-FEET、Hawaiian6、DOLCE、群馬の音楽仲間が集い360°フロアやスタジオライブ4ルームをセッティング、音楽・スノーボード・アート・フードなど群馬のカルチャーを融合させ、まさにコロシアムを実現し、550人超を動員させ、感動のうちに成功を収める。

2009年、 COLOSSEUM vol.001の余韻も冷めやらぬうちに精力的にライブ活動を展開。その範囲は群馬を中心として福岡から新潟までに渡り、勢力を増したまま新音源のレコーディングにも取り組む(現段階での販売は未定)。並行してCOLOSSEUM vol.002を2DAYSに規模を拡大しての開催に向けて早い段階から準備を進め、9月26・27日の2日間に及び、Hawaiian6やDOLCE、locofrank、dustboxら熱い盟友総勢58組と仲間・観客が集い大大成功。

今年、2012年秋にはGUNMA ROCK FESTIVAL 2012 Powered by COLOSEUMとして更なる発展を遂げたイベントを前橋グリーンドームで開催。

関連リンク

G-FREAK FACTORY Official Website
Blog
Twitter



“>noimage



1 2 3