CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

Rainbow CHILD 2020 – 2015.08.08 (Sat) at 岐阜県八百津町蘇水公園&美濃加茂市日本昭和村 ~出演アーティスト第4弾~

Rainbow CHILD 2020 – 2015.08.08(Sat) at 岐阜県八百津町蘇水公園&美濃加茂市日本昭和村 ~出演アーティスト第4弾~

Rainbow CHILD 2020
~出演アーティスト第4弾~(蘇水公園会場)

浅草ジンタ
RINO LATINA II
PIT-GOb
TOMI-E
atk
ocarinamakoto
横川圭希
レ・ロマネスク
DJ TAKKY
DJ NAN
夢宙屋
Candelalia

~出演アーティスト第3弾~(日本昭和村会場)
(http://a-files.jp/rainbowchild2020-2015-3.html)

あきいちこ
浦林くるみ
内川祐
kame
HANOI BON’Dz
仙人掌人形
きよふみ
mitoaoto_
小向サダム

映画『カンタ!ティモール』上映&広田奈津子監督トーク


~出演アーティスト第2弾~(蘇水公園会場)
(http://a-files.jp/rainbowchild2020-2015-2.html)

Spinna B-ILL
bird
大<オロチ>蛇
DAZU-O
SARATOGA
ラビラビ
工藤真工
DJ FUNAC
DJ sshinkuu


~出演アーティスト第1弾~(蘇水公園会場)
(http://a-files.jp/rainbowchild2020-2015-1.html)

Keyco × Mountain Mocha Kilimanjaro
DELI
JHETT a.k.a YAKKO
ending note
morning set
かむあそうトライブス
K sunshine funk BAND


Rainbow CHILD 2020
2015年8月8日(土)

【会場】
岐阜県八百津町蘇水公園&美濃加茂市日本昭和村

八百津町 蘇水公園 10:00~21:00
岐阜県加茂郡八百津町伊岐津志

美濃加茂市 日本昭和村 10:00~18:00
岐阜県美濃加茂市山之上町2292−1

※両会場と美濃太田駅を結ぶ無料専用シャトルバスを運行予定!
※駐車場は日本昭和村駐車場をご利用ください 蘇水公園会場に駐車場はありません。

【チケット】
■ 公式HP限定早割チケット ¥2000 【両会場共通】
http://www.rainbowchild2020.com/ticket

■ 通常前売チケット ¥2800 【両会場共通】
ローソンチケット
http://l-tike.com/d1/AA02G07F1.do?DBNID=1&ALCD=1&LCD=48080

チケットぴあ
http://ticket.pia.jp/pia/event.do?eventCd=1514425

eプラス
http://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002153074P0030001

■ 当日券
【蘇水公園会場】¥3,500(小学生以下無料)
【日本昭和村会場】¥830(小人 ¥400)

※すべての前売りチケットには日本昭和村入場料が含まれています。
(RAINBOW CHILD2020当日、日本昭和村会場に入場されなかった場合も、8月31日まで1回のみ入場券としてご利用いただけます。)


蘇水公園ワークショップ

◆蘇水公園会場&日本昭和村会場にて、40組以上のアーティストが出演!

◆蘇水公園ワークショップ
・キッズボート、カヌー、バナナボート無料体験(水上デモンストレーション有り!)
・スケートボードランページ無料体験(プロスケーターのデモンストレーション有り!)

◆日本昭和村
・映画「カンタ・ティモール」上映&監督トーク

出店者募集

蘇水公園会場では家族で楽しめるワークショップ、飲食・雑貨などさまざまなブース出店を予定しています。
RAINBOW CHILD 2020を一緒にもりあげてくださる方の出店申し込みをお待ちしています。
(http://www.rainbowchild2020.com/shutten-boshu)

■主催 RAINBOW CHILD 2020 実行委員会
■共催 八百津町
■後援 八百津町観光協会 八百津町教育委員会 八百津町B&G海洋センター 美濃加茂市 日本昭和村
■協力 公益財団法人マリンスポーツ財団

Rainbow CHILD 2020 Official Website
http://www.rainbowchild2020.com/


浅草ジンタ

浅草ジンタ

唸る世界最速スラップベース、突き抜けるホーン隊。勇ましくネイティブなメロディーとリリックス。祭りを感じる熱狂的なグルーブ。ネ オジンタという特異なバンド形態。日本的な情緒のマーチ、ポルカ、ワルツをロックへと昇華させている。
2004年極東・浅草で孤高の土着型ロックバンドとして結成、三遊亭小遊三師匠より、浅草ジンタ(あさくさじんた、 Asakusa Jinta)と命名される。客員として落語芸術協会所属。小遊三、歌丸師匠をはじめ、ビートたけし、楳図かずお等、蒼々たるメンバーとのコラボレーション や、地元浅草に根ざした活動を常にしつつも(東京都台東区主催のしたまちコメディ映画祭では、メインテーマ「君がこの街にやってきて」を提供)、国内の重要なフェスには連続参加し、インターナショナルなステージでの評価も高い。
これまでに、アメリカ、スウェーデン、フィンランドツアー、オランダのLOWLANDS 、UKツアーなどを経て、2013年には世界最高峰のフェス、グラストンベリーへの出演を果たした。同年、日本テレビドラマ『ダンダリン』の劇伴を描きおろし、サウンド・トラックとしてアルバムをリリース。さらにはロックバンドとして史上初めて「笑点」で演奏するなど、バンドの活動の原動力であり、ポリシーでもある「ロー カル&グローバルな活動」を実践しつづけた。2014年には活動10周年を迎え、その活動のマイルストーンとなるべき、アルバム『吟盤』をリリース。円熟期を迎えたライブバンドとしてより積極的に国内外で活躍中。

MEMBERS are
和尚     (ヴォーカル/ウッドベース)
シーサー   (トランペット)
シンヤ    (ギター)
B-Ken (チューバ/ユーフォニウム)
ヨッツ    (ドラム)


RINO LATINA II

RINO LATINA II

FUJI ROCK(’99)初の日本人ラッパーとしての出演や、伝説のユニットLAMP EYE、カミナリのメンバーとして活躍している『RINO LATINA II』(リノ・ラティーナ・ザ・セカンド)。
1993年にRINO、DJ YAS、GAMAと結成され今となっては伝説とも言えるユニットLAMP EYEを経てソロ・ワークを開始。
彼は、深淵なるアンビエントからハードエッジなビートまで、さまざまなサウンドをバックに、豊富なヴォキャブラリーで独創的な世界(リリック)を作り上げる。
近年では、10年の時を経て導かれるが如くRINOとDJ YASが再び新作を着手し『LAMP EYE FLAVA』(09年6月3日発売)をドロップした。
国内だけの活動に留まらず、2008年8月にはキューバ政府より公式の招待を受け、同国で15年の歴史を誇る「ヒップホップ・フェスティバル・シンポジウム」に日本人アーティスト代表として初参加するなど、国際的にも高い評価を得ている。
2010年には、テキーラが一晩で20本は空くと言われる恐るべき伝説のイベント「盃-SAKAZUKI-」を再始動。都内にとどまらず、北から南のあらゆる場所で豪華アーティストを迎え出張盃する傍らで、USの大物HIPHOPプロデューサーSKI BEATZがプロデュースした日米合作プロジェクト「24 HOUR KARATE SCHOOL JAPAN」の“24 BARS TO KILL”にANARCHY, RINO LATINA II, 漢, MACCHOで参加。
現在の日本語ラップを代表する4MCによる、この斬新で最強なマイクリレーは、日本語ラップ界に新たなる旋風を巻き起こした。
この“24 BARS TO KILL”のPVはすぐさま話題になり、Amebreak AWARDS 2010のBEST VIDEOSとして選ばれた。
また、同年11月、雷再結成と同時にシングル“2U”をBOOT STREET限定で500枚のみ販売。 2011年はDJ KRUSH等のベテランDJやMCとの客演他、REGGAE EVENTにも参加。
2012年、そのDJ KRUSH 20th anniversaryにDJ YASと共にタイ(バンコク)駆けつけ見事なパフォーマンスと圧倒的なヴァイブスであらゆる国のバックパッカー達にその存在感を示したのは記憶に新しい。
そして2015年、遂に待望の3rdアルバムが深淵から姿を現す。。。
誰もが納得するようなスキルの高さと型に嵌らない新たなスタイル、溢れ出る魅力で観衆を虜にするRINO LATINA II、その途轍もないRevolution Actionを見逃すな。


PIT-GOb

PIT-GOb

(2004年)
渋谷区宇田川町 CD SHOP「BOOT STREET」をD.OとG.O.Kと共に路上店から開業。 その頃から雷家族のメンバーのサイドマイクとして全国を旅するキャリアをスタートする。 そして、様々なアーティスト達の作品に参加し、現在では100曲以上を越える客演をこなしている。
(2007年)
TBS「リンカーン」に練マザファッカーとして出演。同年にMIX CD 「D.OFFICE COLLECTION PIT-GOb EDITION」を発表。
(2008年)
練マザファッカーALBUM「練マザファッカー」を発表。練マザファッカーとして参加。
(2009年)
MIX CD 「I’M FREE」「State Of Freedom」を発表。JASHWON率いるBCDMGにAll Produceを依頼し世に衝撃を与えた。
1st ALBUM 「53」を発表。 ソロとしても歩き出す。
(2010年)
2nd ALBUM「REBORN」を発表。 20代半ばまで渋谷で一緒に育った DJ MUNARI (GEKOKUJO N.Y.C) にAll Produce を依頼。制作を全て NEW YORKで行い、帰国後「REBORN」全国ツアーを行い大きな話題を呼んだ!
(2011年)
「THUNDER SNIC」「雷警報」をGOROGORO RECORDSから発表。KAMINARI-KAZOKUとして参加。
(2014年)
1月公開、D.O原案、柴田愛之助監督の映画「HO欲望の爪痕」に出演。8月公開、園子温監督の映画「TOKYO TRIBE」に練マザファッカーとして出演。 10月 PIT-GObソロ楽曲「The Pledge」All Prod By JASHWON (BCDMG) を発表。
(2015年)
5月6日日本最高峰プロデューサークルーBCDMGの(CEO)JASHWONをAll Producedに迎え更なる進化を遂げた PIT-GOb。EP「I Wanna Be…」をBCDMGから発表。メインビジュアルのArt Workを手がけたのは、なんとあの世界のTOMI-E。贅沢な作品に仕上がっている。


TOMI-E

TOMI-E

中学卒業後、ファッションに興味を持ち、古着屋にてアルバイトを始め、そこから多くのストリート文化を学び、HIPHOPカルチャーに影
響を受け91年単身渡米。Graffiti Artに出逢い、独学で活動を開始する。
94年帰国後は、EVENT STAGE ARTやCDジャケット、アーティストロゴ、タイトルロゴ、企業広告、アニメ、観衆の前で即興で描き上
げるLivepaintからファッション、映画、TV-CMに至るまで数多くに渡り活動。Graffiti CrewでありブランドでもあるACC(Asian
Can Controlerz)を率いてGraffiti =落書きのイメージを取り除く幅広い活動をする一方で、壁に描いていた作品をカンバスに移行し
現在は日本人絵師として今日的浮世絵手法を用い、日本式Graffitiの職人道へ精進し作品制作に取り組んでいる。


atk

atk

atk(エーティーケー)
新潟出身、バルセロナ経由、熊本在住の音楽家
地元新潟で音楽家として活動後スペイン・バルセロナに拠点を移す。2013年に拠点を熊本へ移し新たな活動をスタート。
作曲家としてCM,ミュージカル,アイドル等ジャンルレスに楽曲提供を手掛ける。デビュー曲を手掛けたアイドルグループNegiccoは2014年12月15日付オリコンウィークリーランキング5位に入る。一方、電子楽器TENORI-ON(テノリオン)を使いその場に最適な音楽を即興で創り出す世界で唯一の表現「サウンドファシリテート」や誰でも気軽に音を楽しめるワークショップ「OTO-ASOBI」を主宰し全国各地で展開中。熊本で主宰するLIVEでは即興で表現者(音楽家、画家、役者、ダンサー)とコラボレーションを行うなど、常に新しい音楽表現を模索する21世紀型即興音楽家。

http://www.diffusy.com/atkproject


ocarinamakoto

ocarinamakoto

「オカリナマコト」
1989年生まれ。岐阜出身。
歌、ギター、ベース、ドラム、打ち込み、油絵を一人で駆使して1stアルバム「Tool Assisted Super Life」を2015年2月に発売。
曲の中に懐かしい風景を見るような作品になっている。
現在も新たに2nd,3rdアルバムを構想し、作曲を続ける。
「ocarinamakoto super fire」
オカリナマコトの曲を「王道のロック」でライブすることをコンセプトに結成したバンド。
ギターのディレイサウンドと非4つ打ちのダンスリズムで構築されている。
名古屋を足掛かりにライブ演奏を展開中。
RAINBOW CHILD 2020 へは「ocarinamakoto super fire」にて出演!


横川圭希

横川圭希

横川圭希(よこかわ・けいき)
1966年生まれ。映像作家。ギタリスト。
震災直後から東北の被災地や福島に入り取材と記録を継続してきた。
原発事故で環境中に大量に振り撒かれた放射性物質から子ども達を守るプロジェクト「オペレーション・コドモタチ」発起人。
三宅洋平のAntamediaで映像配信、映像制作などを行っている。
twitter:@keiki22


レ・ロマネスク

レ・ロマネスク

愛と平和トレビアーン!パリで結成された男女ポップデュオ。
2008 年春夏パリコレでのライブをきっかけに、
ファッション業界のクチコミで世界中で評判となり、10カ国32都市でライブを行う。
現在は 111カ国で楽曲を販 売中。
2009年末にフランスの人気TV番組「信じられない才能」に出演した動画がYouTubeフランス国内1位、世界4位を記録。
とくにフランスでは 「最も知られた日本人」のひとりとなった。
フジロック出演を機に日本へも逆輸入。2013年春よりNHK Eテレ「お伝と伝じろう」のメインキャストを務め、主題歌『伝わレレレ』とともに話題になっている。六本木ヒルズでの草間彌生とのコラボなど、各方面で話 題の二人組である。

2015年6月扶桑社より公式ガイドブック付きCD発売!

http://www.rmnsq.com


DJ TAKKY

DJ TAKKY

DJ TAKKY  滝田大介
10代中盤にHipHopに興味を持ちターンテーブルを購入、レコードを集めはじめDJの練習を始める。
その頃地元の仲間だった”妄走族”にDJとして参加、LIVEやイベント等でプレイする機会が増え、それをきっかけにDJとして生きて行く事を決意する。
そして22歳で当時のTOKYO NO,1 HIPHOP PARTY”NO DOUBT@CLUB HARLEM”のレギュラーDJに抜擢され飛躍を果たしベテランのDJ達の中で切磋琢磨ながらクラブDJのノウハウを学び、東京中のクラブを基盤にしながら精力的に活動、その頃からCLUB CITTAのリニューアルオープンパーティーや、リキッドルームでの雷家族の”祭”などのビッグイベント、海外アーティストとの共演や、海外アパレルのファッションショー、レセプションパーティーなどでもプレイするようになり盟友K5Rと共にラジオ番組へもレギュラー出演、
更にHIPHOPの枠に留まらずSPICY CHOCOLATE主催のREGGAEの現場にも積極的に出演、夏の風物詩であった野外イベントにレギュラー出演するなど、益々活動の場を広げていく。
2005年からはCLUB UNITYの立ち上げに尽力し、週末の看板イベントの”StillFly”のレジデントDJを務めながらトータルプロデューサーとして経営にも携わり多忙な日々をおくる。
その後、長い沈黙を経て2014年秋よりDJとしての活動を再開。
DELI主催のPLANET ROCKでのDJ Playを皮切りに、妄走族のDEN主催のA+ TOKYO SHITにレギュラー出演をスタートする。
そして’14年末には自身のルーツでもある妄走族のDJに約15年ぶりに復帰。クラブチッタでの核MIX Specialや実質上、妄走族の最後のLiveとなったワンマンライブでDJを務める。
2015年からはSIMON JAPのLive DJも務め、その多彩な活動は目が離せない。


DJ NAN

DJ NAN

SK8と音楽好きな高校時代からターンテーブルを触り始め1996年にDJをスタート。
ヒップホップ、パンク、ポップ、レゲエ、サイケ、ダブ、トライバル、アンビエントなど出逢ってきた良き音を、季節や場所に合わせてセレクトしプレイしている。
現在、イベント他、八百津町の山なんやにてスキマDJとして活動中。


夢宙屋

夢宙屋

夢宙屋 (むちゅうや)
月夜に浮かぶ 金の星
ゆらゆら漂う 魔法の光
あなたを夢次元へと導きます
「作家・三林真士」と「作家・和泉」
和紙を用いて創り出す作品「☆魔法のランプ」は
神秘的かつ有機的な作風で注目をあびる。
光が灯る前は不思議なオブジェ。
光が灯ると、夢幻色に輝く無数の星が現れる。

☆夢宙屋・ブログ
http://blog.livedoor.jp/muchuya/
☆夢宙屋・FB
http://www.facebook.com/muchuya.m


Candelalia

Candelalia

Candelalia(カンデラリア)
キャンドルクリエイターMasaqi(マサキ)によるキャンドルブランド。
2008年に創作を開始後、世界の旅や3.11をきっかけに2012年より様々な場所でキャンドルを灯し始める。
“Day of the Candles”を掲げ、
ステージデコレーションをはじめ様々なイベントで空間を演出。
フェスなどにも出店し、精力的に活動中。

Blog : http://candelalia.exblog.jp
Twitter : https://twitter.com/M_masaqi
Instagram : https://instagram.com/candelalia_m/


Posted in ALL ENTRY, EVENT, EVENT INFO, Rainbow CHILD 2020, RECOMMEND |