CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

BUCK-TICK

BUCK-TICK

BUCK-TICK は、日本のロックシーンが急激に加速し始めた80年代中頃から活動を続けるワンアンドオンリーなロックバンド。 現在活躍するアーティスト達にも今もなお、多大な影響を与え続けている。

1987年にメジャーデビューを果たし、まさに“バクチク現象”と言える多大な影響をシーンに与え、1989年にリリースされたサードアルバム『TABOO』でチャート第1位を獲得し、名実共にトップアーティストの仲間入りを果たす。

その後も独特なポップセンスとダークな世界観を深く掘り下げていく一方で、ブレイクビーツ、ドラムンベース、エレクトロニカ etc…常にその時代の先鋭的な要素を積極的に取り入れ、まさにBUCK-TICK でしか成し得ない独自の音楽性を提示しながらも、今なお進化し続けている。


ライブシーンでも様々なコラボレーションツアーや韓国のイベント出演、国内大型フェスSUMMER SONIC、RISING SUN、COUNT DOWN JAPAN などへの出演やマリリンマンソンとの競演など、常にスリリングでインパクトのある活動を展開。

2005年末には初のトリビュート・アルバム『PARADE~RESPECTIVE TRACKS OF BUCK-TICK~』(V.A)もリリース。 
そして2007年9月8日、このアルバムに参加した全てのアーティストと共に、初となるBUCK-TICK 主催の大型ロックイベント “BUCK-TICK FEST 2007「ON PARADE」”を横浜みなとみらい・新港埠頭特設野外ステージで開催。 前日に台風9 号の直撃を受けながらも当日は晴天に恵まれ、大成功におさめた。

2010年9月1日にはフジテレビアニメ“ノイタミナ”「屍鬼」オープニング・テーマ『くちづけ』をシングルとしてリリース。2011年12月29日には12 年連続となる日本武道館公演を行い、ニコニコ生中継の来場者数が、ロックバンド史上最高の10万人越えを記録。

2012年、不動のメンバーで迎えるデビュー25周年の記念年にあたり、新レーベル「Lingua Sounda(リンガ・サウンダ)」を設立。
第一弾シングル「エリーゼのために」、LIVEDVD&Blu-ray「THE DAY IN QUESTION 2011」を5月23日にリリースし、7月4日には第二弾シングル「MISS TAKE~僕はミス・テイク~」、トリビュートアルバム「PARADEⅡ~RESPECTIVE TRACKS OF BUCK-TICK~」を発売。
9月19日には待望のアルバム「夢見る宇宙」を発売、そしてデビュー25 周年を記念してトリビュート・アルバムに参加したアーティストと共に「BUCK-TICK FEST 2012 ON PARADE」を千葉ポートパーク内特設ステージにて9月22、23日開催した。

2013年には、デビュー25周年を記念したドキュメント映画『劇場版BUCK-TICK〜バクチク現象〜』を全国上映し、話題に。そして今年、劇場公開した映画を1月22日にパッケージ発売。音楽ウィークリーチャートで初登場2位を記録。またその主題歌「LOVE PARADE/ STEPPERS –PARADE-」もウィークリーチャートで9位を記録。昨年12月に14年連続して行われた武道館公演も瞬時にソールドアウトと、今なおその勢いは止まらない。

関連リンク

BUCK-TICK Official Website
徳間ジャパンコミュニケーションズ



“>noimage



1 2